08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

都七名水と京都の井 - 芹根水つづき -





芹根水


 『京都民俗志』

 前回、西本願寺の南にある芹根水(せりねすい)を訪ねました。
 もっとも、訪ねたといっても、すでに堀川は暗渠になり、跡しかないのですが。

 そのとき、芹根水が京の七名水に数えられるということは聞いたのですが、こういうとき見ておくべき井上頼寿『京都民俗志』を見忘れていました。

 『京都民俗志』は、京都の史跡を調査してまとめた書物ですが、項目立ては、

   鳥居
   井
   石
   習俗
   植物
   動物
   洛中洛外 


 と、ちょっと変わっているのですね。

 とりわけ、「井」と「石」は充実しています。

 井は、○○井や○○水といった、いわゆる名水をまとめたもので、200近くも採録しています。


 都七名水

 そのなかに「都七名水」という項目があります。

 すなわち、

   中川井
   芹根水
   滋野井
   左女牛井
   古醒井
   六孫王社誕生水
   音羽滝 


 これらのなかには、すでに失われたものもあります。

 例えば、中川井は、寺町二条下ルの妙満寺にありました。現在の京都市役所の北側です。
 「都名所図会」を見ると、確かに中川井が描かれています。しかし、現在では、井戸どころか妙満寺自体も移転してしまい、失われてしまいました(ちなみに、同地では昨年発掘調査が行われました)。

 前回訪ねた芹根水は、次のように書かれています。

 芹根水 下京区堀川木津屋橋下る志水町に在る。

[堀川の]西岸に僅に井桁(いげた)の様なものゝ端が見え、芹根水の標石が立つてゐる。併(しか)しその碑も、狭い下り口を降りて見ねば解らなく、あたら名水の趾も今は濁水渦巻いて見るに堪へぬ有様である。

 大正三年の堀川改修の際は井筒も埋まり、月見の名所であつた同地もすつかり家が建て込んで全くつまらぬ地となつて仕舞つた。


 『京都民俗志』は、昭和8年(1933)の刊行です。
 大正3年(1914)の堀川の改修によって、井筒も埋もれてしまったといいます。碑は残っていたものの、名水の風情は失われていたようです。

 芹根水碑
  芹根水の碑

 大正3年といえば約百年前で、その頃の状況をうかがう資料としても貴重ですね。


 祇園祭に関する井

 この本には、200近い名水が取り上げられているのですが、ではどのようなものがあるのか? ちょっと紹介してみましょう。

 例えば、先月あった祇園祭に関するもの。

 現在もある烏丸通錦小路上ルの井戸を「祇園祭の神水」としてあげています。
 この井戸は、手洗水井(みたらしい)です。

 手洗水井
 手洗水井

 以前紹介しましたので、そちらもご覧ください。

 記事は、こちら! ⇒ <猛暑に涼しい井戸の話、手洗水井>

 さらに、各鉾町にある井戸も紹介。
 「占出山の井」「役行者山の井」「菊水」です。

 会所のなかなどに、あるのですね。

 役行者山の井
  役行者山の井

 これ以外にも、市内各所の名水、井戸が紹介されていて、読んでいてあきません。
 京都には名水が多いことも、また驚きです。

 なお、前回掲載した地図のなかに「佛教大学」という校名がありました。
 これは、現在の佛教大学(北区、浄土宗系)ではなく、龍谷大学(浄土真宗系)の旧名称です。当時は、そう呼んでいたのですね。現・大宮キャンパスの位置に、そう書かれています。




 芹根水跡

 所在  京都市下京区木津屋橋通堀川西入下ル御方紺屋町
 見学  自由
 交通  JR「京都」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 井上頼寿『京都民俗志』岡書院、1933年


きょうの散歩 - 都名所図会に現れる「芹根水」を訪ねて - 2017.7.30 -





芹根水跡


 西本願寺の南へ

 毎日、暑いですね。

 今日は、曇っていて暑さも少しましな気がしましたが、それでも最高気温は34℃を超えたそうです。
 私は、必要があって東本願寺と西本願寺の周辺を歩きました。ひととおり、用事が終わったので、付近を散歩することにしたのです。

 そうすると、西本願寺の南の方、安寧学区ということになりますが、そこに「芹根水」というものがあるのに気付きました。


 芹根水とは? 

 芹根水(せりねすい)といっても、一般には余り知られていないと思います。
 なぜ記憶していたかというと、「都名所図会」(1780年)巻2に、この絵が登場しているからです。

 「都名所図会」より月見橋と芹根水
  「都名所図会」より芹根水

 図には「芹根水ハ堀川生酢屋橋の南にあり」と記されています。
 生酢屋(きずや)橋は木津屋橋のことで、七条通より2本南の通りです。

 いま、この南、旧安寧小学校の西塀沿いに芹根水の碑があります。

 芹根水と旧安寧小学校
  旧安寧小学校

 近寄ると、こんな感じです。

 芹根水跡

 「芹根水」と大書された石碑は、宝暦年間(1751~64)に書家・松下烏石が建てたものといいます。
 烏石は、水が湧くところにも井筒を組んだそうです。
 ここまでやったのは、やはり名水として著名で、茶人などにも重宝されたからでしょう。

 芹根水碑 芹根水碑

 この碑が、そのまま「都名所図会」に描かれているのです。

 「都名所図会」より芹根水

 結構写実的に描いてあって、碑の下には石製の井桁も画かれています。
 石段で川面まで下りて、湧いて来る水を汲むようになっていたのですね。

 絵にある川は、堀川です。
 戦後暗渠になったので、姿を消し、この碑も現在地に移設されたそうです。

 堀川は、以前は堀川通に沿って流れていたわけで、この辺では西本願寺の前を南流していました。
 ところが、地図を見ると、堀川七条で西へ屈曲し、流れを変えていたことが分かります。

 地図の堀川

 明治44年(1911)の市街地図ですが、赤矢印の箇所でカギ形に折れています。そこから旧安寧小学校の西沿いに南下していたようです。
 
 現地で、この屈曲に気付いたのは、この道なんですね。

 堀川跡

 S字形にくねった遊歩道があるのですが、こういうのはだいたい川の跡なのです。
 地図では直角にカクカク曲がってますが、この道は緩いカーブになっています。
 このS字の下の辺りに「都名所図会」にある月見橋があり、その下流が芹根水だったのでしょう。

 一度見てみたかった芹根水に、意外なところで出会えました。
 



 芹根水跡

 所在  京都市下京区木津屋橋通堀川西入下ル御方紺屋町
 見学  自由
 交通  JR「京都」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 「都名所図会」1780年


祇園祭の後祭 -宵々山の会所をめぐる-





橋弁慶山会所


 復活4年目の後祭

 後祭も、復活して4年目になると、すっかり定着しましたね。
 
 先祭と後祭は、日程が7日違いですから、宵山や巡行の曜日は同じになります。
 今年(2017年)は、宵々山が土曜日、宵山が日曜日、巡行が月曜日で、17日は祝日となり、各地から訪れるみなさんには都合の好い日のめぐりとなったようです。

 後祭は、土曜日の宵々山に行ってきました。
 私はいつも、晩よりも昼間に行くことが多く、今回は午前中に出掛けました。

 鈴鹿山
  鈴鹿山 左の近代建築は旧新風館(リニューアル中)

 後祭は、北から南へと見て回ります。
 北の端は、烏丸姉小路にある鈴鹿山。

 10時すぎに行ってみると、戸が閉められて、町内の方が集まり神事が行われているようでした。
 順々に見ていくと、黒主山あたりも、これから何か執り行われるような気配です。
 

 橋弁慶山の清祓式 

 烏丸蛸薬師西入ルにある橋弁慶山。
 
 橋弁慶山会所
  橋弁慶山会所

 橋弁慶山の会所は二階建で、二階の表座敷にご神体の人形が飾り付けられます。また、一階には五条橋が置かれていますね。

 弁慶と牛若丸
  牛若丸(右)と弁慶

 夜訪ねると、ひときわ美しく眺められます。

 夜の橋弁慶山会所

 この会所の前に人だかりがしていますので、何かと近付いてみると、二階の座敷で神官が儀式を行っていました。
 八坂神社から神官を招いて行う清祓(きよはらい)式です。

 橋弁慶山会所

 祝詞をあげ、御幣をふって、ご神体の人形などをお祓いします。
 それにしても、二階での清祓いが道路から見られるとは、とても意外な光景。私の隣では、外国人の男性が熱心にカメラ撮影しています。

 橋弁慶山会所

 10時半頃から行われていたようですが、30分ばかりを要し、そのあとお一人の神官が下に降りて来られました。

 橋弁慶山の神事

 一階の表座敷にある五条橋をお祓い。

 さらに、山を祓います。

 橋弁慶山の神事

 ぐるっと四周を回ってのお祓いでした。

 そう、写真の真ん中にいるのが熱心な外国人男性です。パンツからするとオーストラリア人かな?


 会所の建て替え、マンション建築……

 南観音山は、鉾のような曳山(ひきやま)で、背も高いですね。
 その名の通り、観音さん--楊柳観音--が祀られます。
 観音さんは、会所の二階の表座敷に祀られており、宵々山や宵山では拝ませていただけます。

 南観音山会所

 この会所は、昨夏から新しい建物になりました。
 町家風の現代建築で、通り庭を抜けると蔵があって、今回その奥に新たな住居部分が建築されています。

 南観音山会所内部
  モダンになった会所の通り庭(百足屋町)

 二階に上がらせていただくと、以前同様、表の北側に楊柳観音と善財童子が安置されていました。
 ただ、建物が新築され二階への上り口が綺麗になったせいか、二階へ、さらに鉾へ上がられる方が少なくなっており、ちょっと残念でした。

 そして、会所の向いには、マンションが建築中のようでした。

  南観音山 南観音山

 年々、鉾町の景観も変化しています。




 祇園祭 後祭

 所在  京都市中京区など一帯
 交通  地下鉄「烏丸御池」「四条」下車



祇園祭宵山と変わる街





白楽天山


 前祭の宵山へ

 祇園祭が、前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分かれて行われるようなって、今年(2017年)で4年目。
 高度成長期より以前の形に戻り、かつ “2度楽しめる” という利点もあって、慣れて来ると、このスタイルもいいよね、となります。

 占出山
  占出山

 今年、くじ取り式(7月2日)のニュースで驚いたのは、山のうち1番最初に巡行する「山一番」を引き当てたのが、占出山(うらでやま)だったことです。
 というのも、占出山は2014年にも山一番を引き当てていて、3年後にまた、というのは、かなりくじ運のいい人がおられるのですね!

  山一番 山一番を示す

 そう思いながら、各山の町内を歩いていると、こういうのが掲出されていますね。

 山三番

 「霰(あられ)天神山  山第参(3)番」とあり、八坂神社の印が押されています。これが “公文書” なんですね。

 こんなところも、ありました。

 京都市広報板

 市の広報板に貼ってる!
 芦刈山。微笑ましいです。


 町並みも変わる

 鉾町をぶらぶら歩いていると、町並みの変化も目に付きます。

 四条通室町下るにある鶏(にわとり)鉾。
 こちらは、東向いに京都産業会館があったのですが、取壊しになって「京都経済センター」(仮称)が建設される予定。完成は2019年で、そのため今は更地です。

  鶏鉾 鶏鉾 右側が更地

  経済センター予定地

 COCON KARASUMA(古今烏丸)の裏側が見えたりして(!)、おもしろいですね。

 四条通より南ではマンションやコンビニの建設も目に付きました。
 こちらは、白楽天山です。

 白楽天山 白楽天山

 昨年はどうだったか。いずれにせよ近年、道路の両側がマンションになって、山が挟まれる形になりました。
 西側の南は、昨年まで駐車場だったのですが、コンビニが開店していました。

 これ以外にも、ホテルや旅館の建設予定地も、いくつか見受けました。海外からの旅行者が増えている影響ですね。

 また、今年特に目立ったのが、マンションの敷地内などに見物の人が入れないようにするフェンスです。

 マンションのフェンス

 みんな入って来て居住者には迷惑ですし、マナーも悪かったりするのでしょうね。
 フェンスの形や色はさまざまで、上の白楽天山の写真では緑色、下はオレンジと黒のトラマーク。こういうのが増えました。

 人も町も祭りも生きているのだから、年々変化していきます。
 古いことを墨守するだけが善ではなく、かといって何もかも新しくするのも善ではなく…… ひとつひとつのことについて丁寧に考え、判断していくことが必要ですね。




 祇園祭 前祭

 所在  京都市中京区~下京区一帯
 交通  地下鉄「四条」下車、すぐ



大正・昭和の大阪画壇の輝き -「北野恒富展」を見る -

人物




北野恒富展


 あべのハルカスに行く

 先日、大阪・天王寺公園にある大阪市立美術館の公募展「全関西美術展」に行く機会がありました。

 その帰り、向いにそびえる高層ビル・あべのハルカスを訪ねました。

  あべのハルカス あべのハルカス

 そして、この高さ300mのビルの16階にある、あべのハルカス美術館で開催中の「北野恒富展」を見てきました(2017年7月17日まで)。

 北野恒富(きたの つねとみ)。

 なんだか風雅な名前ですね。本名は、富太郎というそうです。
 主に大正時代から昭和戦前にかけて、大阪で活躍した日本画家です。 

 明治13年(1880)、金沢の士族の家に生まれ、少年期より版下彫刻に従事しました。
 これを深めるため、17歳で大阪に出、稲野年恒に師事。明治30年代には、新聞の挿絵を担当しました。当時、新聞小説は当たれば大流行になるコンテンツでした。新聞小説から芝居に波及し、関連商品が売れたりすることもありました。つまり、恒富は、時代の潮流に乗った仕事に就いていたといえるでしょう。
 
 その後、明治末から昭和初期にかけて、20年ほどにわたってポスター原画を描いています。これは展覧会でも、多くの作品が展示されていました。
 新聞挿画といい、ポスターといい、なかなか時代の先端をいく業界に身を置いた恒富。
 日本画家というと古風なイメージがありますが、恒富はデザイン感覚や時代感覚を十二分に身に着けていたわけです。


 女性を描いた画家

 北野恒富展

 入口の看板にあるように、今年が没後70年に当たります。

 そして、ポスター、チラシに使われている作品が、この「星(夕空)」(大阪市立美術館蔵)。
 家屋の上にある物干し台から、夜空―花火か何か―を眺めている若い女性。着物の柄が、花火なのだそうです。

 代表作のひとつですが、昭和14年(1939)、還暦の前年に描かれたもの。
 恒富の画業は、本画でいえば大正初期から始まるわけですが、「星」は随分モダナイズされた作品だと感じます。

 恒富の著名な作品というと、

  大正2年(1913)  道行 ……紙屋治兵衛と遊女小春
  大正3年(1914)  願いの糸 ……七夕の女性
  大正4年(1915)  鏡の前・暖か ……対になる作品。芸妓
  大正9年(1920)  淀君 ……花見の淀君/落城の淀君
  昭和6年(1931)  宝恵籠 ……今宮戎の「ほえかご」
  昭和11年(1936)  いとさんこいさん ……船場の姉妹
  昭和14年(1939)  星(夕空)
  
 といったところでしょうか。

 とにかく、展示室の最初に置かれている「道行」、これは素晴らしい作品で、屏風の右隻に治兵衛と彼に寄り掛かる小春を立たせ、左隻に羽根を広げて争う2羽の烏を描きます。人物は画面の右端に寄り、左隻はほぼ空白。背景のない平面的な絵なのですが、動きを感じさせます。

 大正時代の恒富は、芸妓さんや歴史的な女性を多く描いているので、顔なども個性がない感じです。
 それが昭和になると変化を見せ、展示されている「雨後」、これは開いた傘を持った横顔の女性の半身像ですが、解説でも「写実的要素が感じられ、特定の人物を描いているかのよう」で、「恒富作品の中でも他に類例を見ない画風」と指摘されています。

 「雨後」は、ぱっと見て、昭和らしさを感じる作品ですね、大正とは違った感じの。
 このことは大切で、そのあとに展示されている「いとさんこいさん」、それを考えるヒントを与えてくれます。

 いとさんこいさん

 展示場前の撮影コーナーの看板。ちょっと拝借、これが「いとさんこいさん」です。
 この作品は、昭和11年(1936)の作なのですが、どうも女性の顔が写実であると感じられます。

  いとさんこいさん

 これも場外の看板なので色が飛んでますが(笑)、顔は特定の人物ではないでしょうか?
 
 ちなみに、姉妹の着物の柄は、あざみ(薊)になっています。他の作品解説に書いてあったのですが、あざみは美人の印だとか。そいういう意味でも、この姉妹は特定の女性なのではと憶測してしまいます。


 恒富の後継者たち

 恒富を継承する画家たちも「画塾『白耀社』の画家たち」として紹介されています。
 私には、このコーナーもよかったですね。

 近代の大阪画壇では、女性画家の活躍が著しいのですが、有名なのは島成園でしょうか。代表作は「祭りのよそおい」(大正2年)ですが、私の行った日にはすでに展示替になっていました。

 島成園の父・栄吉は堺の絵師(襖絵師)だったそうですが、以前、雑誌「演芸画報」を見ていたら、島文好という人が「昔の見物と今の見物」という随筆を書いていました(大正4年2月号)。明治初期の観客について書いた文章なのですが、この人が成園の父のようです。つまり、お父さんは結構な芝居好きだったらしい。

 今回展示を見て感じたのは、大阪の画家は、みんな芝居を結構見ていて、画題や描き方に芝居の影響があるのではないだろうか、ということでした。

 成園と並ぶ大阪の女性画家・木谷(吉岡)千種、この人の夫は木谷蓬吟(ほうぎん)で、浄瑠璃や芝居に通じ、ことに近松門左衛門の研究家で、『道頓堀の三百年』『文楽今昔譚』などの著書がある人。
 だからというわけではないですが、今回、千種の代表作「をんごく」を改めて見て、これは芝居の舞台面のようだなぁ、という印象を持ったのです。まるで、客席から見る舞台を逆にした(つまり舞台上から客側を見た)みたいだと思ったのでした。

 油屋の店内から、千本格子越しに、道を歩く「おんごく」(盂蘭盆の行事)の子どもたちが見えます。それを家人の娘が格子の隙間から覗いている構図。娘と外の子どもたちは画面左側におり、画面の右は格子と暖簾などが描かれています。
 図版では感じないのですが、実際の作品を見ると、左右に長く感じさせる画面が、まるで舞台のようなのです。

 七夕

 あと興味深かったのは、橋本花乃「七夕」(昭和5、6年)ですね。
 7人の女の子、小学生くらいの子どもたちが、短冊に字を書いたり、笹に付けたりしている、そんな作品。
 ここに登場する女の子の髪型は、みんなおかっぱです。
 
 おかっぱは、女の子が髪を結んだり編んだりすることが多かった当時、とても都会的(モダン)な髪型でした。絵には、刈り上げられた青いうなじも描かれています。
 特に、右から2人目の女の子は、ヘアピンで髪を留めて耳を出しています。新しい感覚ですね。

 左から2人目の女の子の着物は、紅葉が流水に流れる柄ですが、それが鹿の子絞りのように表現されています。
 これはおそらく、昭和初期に流行った疋田(ひった。疋田絞り)だと思うのですが、絞っていなくて染めている簡便なもの(絞りのフェイク)です。これが大阪でも大流行だったのですが、たぶんそういう柄なのでしょう。

 こんなふうに見ていくと、この「七夕」という作品も、画題は古風ですが、とてもモダンな都会の子ども風俗が描かれていることが分かります。

 そんなことを考えながら拝見した「北野恒富展」でしたが、素晴らしい展覧会でした。
 私は最近、大正時代のお芝居のことや社会事情などを調べているので、その意味でも大いに興味が湧いたものです。

 会期末まであとわずかですが(7月17日まで)、ぜひご覧いただきたいと思います。

 
 いとさんこいさん




 北野恒富展 なにわの美人図鑑

 会場  あべのハルカス美術館
 所在  大阪市阿倍野区阿倍野筋
 交通  JR「天王寺」、近鉄「大阪阿倍野橋」下車、すぐ