09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】勤労感謝の日に、大学教育を考える

大学の窓




大学キャンパス


 生産財としての学位と消費財としての学位

 今日は勤労感謝の日ですね。
 昔風に言うと、新嘗祭(にいなめさい)ですか。1年の収穫を感謝する日。祝日ということで、お休みの方も多いでしょう。

 少し回顧的になりますが、私は今の仕事に就い、てそろそろ四半世紀になろうとしています。
 世間的には「ベテラン」の類かも知れませんが、自分ではそういう気にはなれません。

 私は、大学の学部(文学部)を出たあと、大学院の修士課程に進み、さらに博士課程に入ったのですが、その途中で今の職に就きました。大学院を中退して就職したわけですが、当時から院生の就職口はたくさんあるわけではなかったのです。
 それでも、先輩や後輩で同業者になった人は多く、現在に比べると、就職はしやすかったのだと思います。ちょうどバブル期から、その直後くらいの時期でしたので。

 当時、大学進学率は30%程度でしたが、現在は約50%です。大学院に進む人も多いのですが、みな職探しには苦労している様子です。

 たまたま読んでいた上野千鶴子さんの『サヨナラ、学校化社会』(ちくま文庫)--少し古くて2002年の刊行ですがーーに、「学位インフレ時代」という言葉が紹介されていました。
 「修士号・博士号の取得者が増えて、学位の市場価値が下がってしまう時代。ひらたく言えば、学位を持っていてもどこにも就職できない人が増加する時代」(同書の注より)なのだそうです(131頁)。

 15年ほど前の著書にこういう指摘がすでにあり、上野氏自身は20年近く前から言われていたようです。

 さらに、上野氏は、学位を<生産財としての学位><消費財としての学位>に分けます。
 職業を獲得する手段になるのが、生産財としての学位。
 そうならないのが消費財としての学位。こちらは「学位を得ること自体が自己目的になる」というものです。つまり、例えば授業を受けていて、それ自体が楽しい、おもしろい、ためになる、という感覚を得られる、といったことですね。

 この点から言えば、就職につながらない修士・博士号は、生産財の学位であろうとして、そうなれなかったものを意味します。
 これは、学部卒の学士についても似たようなものでしょう。大学時代の後半2年間が就活タイムと化し、大卒という称号(?)が職業を得るための手段になっているわけです。

 一方で、上野氏が指摘するように、社会人入学が増え、学位=就職と結び付けない学生が増加すると、生産財としての学位は無意味になってきます。逆に、彼らは、消費財としての学位を求めるのです。
 そうなると、大学(院)の教育の質そのものが問われるようになってきます。そのとき、現在の大学は彼らの期待に応えられるのか?
 
 そこで私は、大学院に通ったことのある社会人にずいぶん取材しました。そういう人に会うたびにつかまえては、満足度はどうでしたかということを聞いてみた。

 そうすると、「若い人にまじって勉強するのが学生時代に返ったみたいでうれしい」とか、「学食(学生食堂)が新鮮」とかいろいろおっしゃるわけですが、そういう体験はどれも教育の周辺利益です。

 周辺ではなく核心ーーつまり、学校という制度が提供できる商品は授業であり、学校という制度のインフラは教育者という人材とカリキュラムですから、それに満足できましたか、ということを食い下がって聞くと、私が大学側の人間だということに遠慮してか、返事があいまいになっていく。
 (中略)
 ある私学の大学院の授業料は年間百万円だそうです。二年間で二百万円。それだけの金を使って修士号をとられたあるかたが、「私は修士号をとりましたが、そのための投資の二百万円に見合うとは思えません」とハッキリおっしゃいました。(133-134頁) 


 こういう認識から、「学校は授業で勝負せよ」、つまり教育自体の質を高めよという考え方につながっていくのです。

 大学校舎


 学生と教師の共犯関係

 日本の大学では、自分自身で研究を行っている研究者が、学生を指導する教育者でもあります。
 言い換えれば、大学教員=研究者+教育者なのです。

 笑ってはいけませんよ、大学の先生は教育者! でもあるのです。
 でも、教育に対してよりも研究に対して熱心な人が多いように見受けられます。そして、それが悪いことだと思われている節はなく、むしろ推奨(?)されているようにも思えます。

 これはたぶん、大学教育を消費財として捉える学生が少数派で、多くの学生は生産財=就職の手段だと捉えていたからだと思います。少なくとも、これまでは。

 大学(教育)を生産財=就職の手段と割り切ってしまえば、授業は手ぬるい方が有り難い。「楽勝」大歓迎!
 学生と教師の “共犯関係” が成立していたのですね。

 ところが、相手が社会人学生となると、これはもう勉強に真剣、勉学自体が目的ですから、共犯関係は成り立たないことになります。
 
 そこで、日本の大学に社会人学生がどれだけいるのか調べてみました。
 文部科学省の資料によると、4年制大学に占める25歳以上の入学者の割合は、わずか1.9%だそうです(2012年)。
 国際比較では、アメリカ約24%、イギリス約19%など、OECD各国の平均は18.1%です。いかに日本が低いかが分かります。

 また、大学院での比率は、18.2%です(2014年)。

 なんだか、まだまだ共犯関係が続きそうな気配が……

 毎年のことですが、1年の授業が終わりに近付いてくると、指導力不足で自責の念にかられる私です。
 他人のことをあげつらう前に、自分の教育力をアップするのが先のようです。




 【参考文献】
 上野千鶴子『サヨナラ、学校化社会』ちくま文庫、2008年
 「社会人の学び直しに関する現状等について」文部科学省、2015年


【大学の窓】大学のアウトリーチと写真の見方

大学の窓




清水寺


 大学のアウトリーチ活動

 今日は、私の勤務する博物館と、関西のK大学の付属博物館とで連携講座を行いました。

 3回連続の初回は私が担当で、前々回紹介した本山彦一(大阪毎日新聞社長)の新聞事業と考古学のかかわりについて話しました。

 大阪の新聞社は、明治時代から、人気投票のような読者参加型の企画や、紙面とイベントを連動して販売促進する “メディアイベント” を盛んに行ってきました。
 大阪毎日が、明治33年(1900)に行った俳優の人気投票などは、数百万もの票が投じられ、投票用紙は新聞についているので、おそろしいほどの販売促進になったのです。現在のAKB「総選挙」と同じですね! 百年も前からやっていたとは ! !
 そして、毎日がこれをやったら、他紙が “邪道だ” と批判して、論戦になりました。こういう構図も、なんか今っぽいですね。

 もうお分かりのように、現在、朝・毎両紙が主催している高校野球は、このメディアイベントの最も成功した例なのです。

 今日の話は、考古学の発掘もメディアイベント的な側面があったけれども、そのことが考古学への援助につながり、学問の発展にも寄与し、社会にも知識を広めることができた--というものでした。

 本山彦一
 採集旅行中の本山彦一(『松陰本山彦一翁』)

 このような講座は、大学が学外の市民に対して学術を普及するという意味で、いわゆるアウトリーチ活動として捉えられます。

 アウトリーチとは、あまり耳なじみのない言葉かも知れません。

 文部科学省が定義するアウトリーチ活動とは、

国民の研究活動・科学技術への興味や関心を高め、かつ国民との双方向的な対話を通じて国民のニーズを研究者が共有するため、研究者自身が国民一般に対して行う双方向的なコミュニケーション活動を指します。

 とされています。

 まあ、国もこんな文章を書いているうちは、「国民一般」とコミュニケーション出来ないだろうという話は別として……
 多くの方々に、大学で研究されている学問内容を分かりやすく伝えることは、とてもよいことですね。

 先日のノーベル医学・生理学賞でも、大隅良典氏の「オートファジー」が、何のことやらよく分からなかったですからね、解説を聞くまでは(聞いても分からん、という話もありますが……)。


 秋学期の授業、はじまる

 そんななか、非常勤でうかがっている京都の上京大学(仮称)の秋学期も始まりました。
 私は、1回生の演習科目を指導しています。2つのグループがあって、「写真」と「繁華街」をそれぞれテーマにしています。

 先週は、秋の初回だったのですが、夏休みの様子を聞いてみました。
 各自、問題意識を持って調査してもらったようです。

 やはり、写真の研究は難しそうですね。
 1枚の写真を前にして、どう分析していったらよいのか困るでしょう。

 学生に心掛けてほしい写真の見方は、まず、

 “5W1Hを考える”
 
 というものです。

 5W1Hとは、

 ・いつ(when)
 ・どこで(where)
 ・だれが(who)
 ・なにを(what)
 ・なぜ(why)
 ・どのように(how)

 ですね。

 新聞記事の書き方の基本事項などで、よく目にします。

 写真を見る際にも、5W1Hを意識すると、うまくいきます。

 ・いつ撮影されたのか?(撮影時期)
 ・どこで撮影したのか?(撮影場所)
 ・だれが撮影したのか?(撮影者)
 ・なにを撮影したのか?(被写体)
 ・なぜ撮影したのか?(撮影目的)
 ・どのように撮影したのか?(レンズ、フィルム、露出、アングル等)

 これらひとつひとつを調べて確定させ、さらにその関係を考えていきます。
 そうすることで、“この写真は何なのか” ということが分かって来るはずです。

四条大橋

 例えば、このような写真。

 まず、どこか?
 これは比較的簡単に分かるでしょうか。

 大きな川が写っているから……
 そうです、四条大橋ですね。

 では、いつか?
 判定するには、景観年代といって、写っているもの、あるいは「写っていないもの」から判断する方法があります。
 遠景に山並みがあり、これは東山でしょう。つまり、西から東を向いて撮影しています。
 すると、橋の向こうには、現在なら南座(南側)と菊水ビル(北側)があるはずです。でも、菊水ビルは明らかにありませんね。
 菊水ビルは、昭和2年(1927)竣工ですから、それより古い写真ということになります。
 こういうふうに、範囲を狭めていきます。

 あと、季節を判定する、撮影時刻を判定する、ということもできますか?

 人物の服装や、影の方向、長さを見てみてください。

 こんな具合に、5W1Hをひとつずつ調べていって、この写真がどういった写真なのかを明らかにするわけです。
 
 ちなみに、上の写真は、大正4年(1915)に京都市が発行した『新撰京都名勝誌』掲載の「四条大橋」という写真でした。
 写真の四条大橋は、大正2年(1913)3月に完成したもので、架橋されてまだ新しいもの。なんとなく綺麗に写っているのも納得できます。

 同じ場所を撮影した他の写真と比べてみると、もっといろいろなことが分かって来るでしょう。

 来週の授業では、こんなことを学生に話そうかな、と思ったりするのでした。




 【参考文献】
 『新撰京都名勝誌』京都市役所、1913年
 『松陰本山彦一翁』大阪毎日新聞社ほか、1937年


【大学の窓】夏休み、職場に大学生を迎えて

大学の窓




フィルム



 博物館実習で映像フィルムを語る

 世間は、お盆、夏休みというのに、ここのところそれなりに忙しくしています。
 ちょっとした仕事が入ったせいもありますが、盆明けには例年、職場の博物館で、大学生の実習を受け入れるためです。
 教員実習の博物館版と思っていただければよいでしょう。
 学芸員の資格を取るためには、大学で所定の単位を取得し、この博物館実習(館園実習)を行わなければならないのです。

 もっとも、なかなか本物の仕事をやってもらうわけにもいかないので、博物館資料を触ってもらったり、展示作業のまねごとをやってもらったり、保存処理の現場を見に行ったり、まぁ、1週間、博物館でお勉強してもらう、というものです。

 私は、自分の授業も担当するのですが、今年は全体のお世話役もやっているので、毎日学生に「○○してくださ~い」みたいな感じですね。出席を取ったり、引率したり。

 それで、今日は自分の授業がある日です。
 昨日、配布資料も作りました。内容は何かというと、私は近現代史担当なので≪博物館の近代資料≫がテーマになりますが、今回は<映像フィルム>に絞ったお話です。
 いわゆる8ミリフィルムとか16ミリフィルムとかいう、懐かしいやつですね。いまふうに言うと、動画です。

 フィルム缶

 博物館で扱う昔の映像フィルムというと、およそ昭和初期から高度成長期頃のものでしょうか。大正より古いものが出てきたら、これはちょっと貴重。なぜなら、その時期には一般市民に映像フィルムが普及していなかった時期ですから、そのフィルムは撮影所でキチンと撮った映画作品である可能性が高いからです。

 ところが、昭和に入ると、一般市民もカメラを手にすることが可能になり、動画を撮影するようになります。

 映像フィルムのサイズは、主に、8mm、9.5mm、16mm、35mm、70mmがあります。
 映画館で見る映画のフィルムは、35mmです(特殊なケースで70mm)。
 学校でかつて使った教育映画などは、少し落ちて、16mmです。
 戦後、お父さんたちが盛んに撮った一般用が、8mmです。8mmは、昭和初期からあり、コダックなどはカラーフィルムも出していました。また、16mmを一般の人が撮るケースもあったのです。


 変わったサイズ、9.5mmフィルム

 みなさんご存知ないのは、9.5mmでしょうか。
 フランスのパテ社が主に流通させていたサイズです(ちなみに「パテ」は人名です)。

 日本でお馴染みのパテといえば、家庭用の存在で、出来合いの娯楽フィルム(いわば映像ソフト)を買ってきて、小型映写機で家のふすまに映写する、みたいなイメージです。もちろん、生フィルムを買って自分で撮影することもできました。カメラも小さくて、だいたい15cm角ほどのボックス型のカメラですね。「パテ・ベビー」という商品です。

 9.5mmフィルムの見た目の特徴は、フィルムをコマ送りする穴(パーフォレーション)がフィルム中央にドーンと開いている、というもの(他のサイズのパーフォレーションはフィルムの端にあります)。
 あと、パテ社のマークはニワトリ(雄鶏)なので、フィルムの缶などにニワトリマークが付いていたら、9.5mmですね。もしかすると、ルコック社かも知れませんが(笑)

 そんな感じで、私の職場のフィルムにも、8mm、9.5mm、16mmがあり、一般の人が撮影した映像が記録されています。
 旅行とか家族とかを撮ったものが多くて、事件事故を扱ったニュース映画とは趣を異にします。当たり前のように、プライベートな映像が多いのですね。旅館で仲居さんを侍らせてお酒を飲んでいる映像とか…(笑)

 フィルム

 こんな私的映像が、どういう価値を持つのか? 実のところ私もまだ考え中なのです。
 一昨年(平成26年度)、記録映画保存センターが行った調査によると、全国341の博物館、美術館、公文書館、視聴覚ライブラリー等に、約16万本の映像フィルムが所蔵されていることが分かりました。

 16万本!

 その中心は、戦後の高度成長期に撮影されたフィルムのようですが、この数は想像を超えています。
 これは博物館やアーカイブ的な公的施設に残されている数ですから、他の官公庁や民間の会社、さらには放送局などに残っているものを調べたら、どんな数になるのか? そして、個人の家庭には!

 古い映像フィルムについて、どのように調査し、保存し、活用するかは、私たち博物館関係者にとっては、今後の大きな課題です。
 おそらく、私たちの次の世代、つまり今日来ている大学生たちの世代が真剣に取り組むことになるだろう。そんな予感がしています。

 授業が終わって。
 やはり、いまの大学生は、ほとんど8mmフィルムの存在を知らないようでした。
 昭和は遠くなりにけり、ですね。




 【参考文献】
 「全国文化施設・映画フィルム所蔵調査」(記録映画保存センター ウェブサイト)


【大学の窓】恩師の退職記念パーティーで、久しぶりに旧友と

大学の窓




記念パーティー


 30年ぶりの先輩たちとも

 日曜日、パーティーに出席してきました。

 大学でお世話になった恩師が、この3月末で退職されたので、先生とかつてのゼミ生が集う会が催されたからです。

 「催された」と受け身で書くよりも、「催した」とする方がいいかも知れません。というのも、私は幹事の一人だったからです。
 うちの先生は、古代・中世の宗教文化史が専門で、大学では37年間教鞭を執っておられました。その間、お世話になったゼミ生は二百数十名にのぼります。
 今日は、全国各地から50余名の先輩後輩が集まってくれました。

  記念パーティー

 私は大学院を出てからでも四半世紀くらい経過していますから、学部時代の先輩などでは30年ぶりに会う人もいました。やっぱりテレビの効果は大きいようで、「ブラタモリ」の出演を見てくれていたりしました(笑)
 久々の再会もあり、また年代の離れている人同士は初対面も多く、それでも同窓生のよしみで話に花が咲いていました。

 日本史の専攻という、やや特殊な? ジャンルのせいか、みなさんの仕事も、大学の先生や文化財行政に関する仕事、学芸員、そして作家など、専門性を生かして仕事をしている人が多いようです。
 先生は包容力があるので、ご自身の専門以外のテーマも許容してくださり、いろんな勉強をした学生が多いですね。私もまったく場違いな近代史だったのです。

 もちろん、まだまだお元気な先生、一層充実した研究を行われることを楽しみにしています。

 一次会、二次会、そして三次会と、幹事としては長丁場でしたが、みなさんに喜んでいただいて、ほっとしています。
 たまには、旧交を温める会もいいものですね。次は5年後かな?



【大学の窓】京田辺で史跡見学、古刹・観音寺へ

大学の窓




観音寺


 南山城の古刹へ

 非常勤で出講している(仮称)上京大学の授業では、年に2度ほど史跡見学を行っています。
 今年も、60名ほどの学生たちと、京田辺市にある観音寺を訪ねてきました。

 観音寺

 観音寺は、古代からこの地に続く名刹で、かつては大きな伽藍を持ち、大御堂という別称もあります。
 立地は、JR・近鉄の三山木駅から2.5kmほど離れ、周囲は田んぼです。ちょうど田起こしをされていました。

 観音寺
  観音寺 本堂

 観音寺

 本堂の前には蓮池が造られ、来月頃はハスの見頃のよう。
 戦後建築された本堂には、天平年間に造立された十一面観音立像(国宝)が! いつ拝しても素晴らしい尊像です。

 
 近代的な建造物も

 このような古刹なのですが、当然、現在に至るまでの歴史を持っています。
 寺院は地域のつながりの中心にもなるため、明治以降に造られた構築物もありました。

 慰霊塔

 近代の慰霊塔。
 「慰霊塔」という表現が、戦後的な響きを感じさせます。

 背面に廻ってみると、

  慰霊塔

 「忠魂碑」の文字が。
 こちらは戦前の言葉ですが、文字は埋められており、戦後「慰霊塔」として再生されたことが分かります。

 こんなプロセスを学生に質問を重ねながら考えてもらいます。

 慰霊塔

 台座上には、もともとは鎖をつないだ柵があったのですが、いま鎖はありません。
 なぜなくなったのか? 、こういう点も考えてもらったりするのです。


 日露戦争の記念碑

 この慰霊塔の脇に、少し小ぶりの石碑が立っています。

 記念碑

 苔むした、年月を感じさせる記念碑。

  記念碑
 
 碑面には、このように刻まれています。
 毎年、まずこの6字を読ませるのですが、案外読めないのがこの文字。

  記念碑

 どうでしょう?
 読めるでしょうか。

 毎年、質問してみると、ほとんどの学生が、

 「戦後」

 と読みます。
 
 でも正しくは「戦役(せんえき)」なのです。
 「役(えき)」って、日本史の授業で「前九年の役とか後三年の役とか習ったやろ」と、「役」が戦争を意味することを話します。

 そのあと、日露戦争は何年に起こった? と質問すると、学生は1904年と答えます(たいてい答えられます)。
 ところが、いじわるに「じゃあ、明治何年?」というと、だいたい答えられません(笑)

 実は、碑の下部には「明治三十七八年役」と書かれています。
 私たちは、教科書でこの戦争のことを「日露戦争」と学習したけれど、当時の人たちの多くは、明治三十七八年戦役などという表現を取っていたのです。

 でも、学生たちの受験日本史では、日露戦争であり、1904年~05年の戦争。

 明治の人たちは、たいがいは元号で年を考えていたのですから(昭和でも、そうでしたものね)、西暦は意識になかったでしょう。
 こういうズレを敏感に感じ取っていくことが、過去を考える際には重要です。
 今日のように、実際に史跡を訪ねてみると、教科書にある “翻訳” された知識ではない、生の現実が分かっていいですよね。 




 観音寺

 所在  京都府京田辺市普賢寺下大門
 拝観  400円
 交通  近鉄・JR「三山木」下車、徒歩約30分