05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

東寺の観智院は、書院造のおもしろさが感じられる桃山建築





東寺観智院


 東寺の“勧学院” 観智院

 東寺(教王護国寺)境内の北に開く北大門。そこから北総門に向かって伸びる道路が、櫛笥(くしげ)小路です。
 櫛笥小路に面して、観智院が建っています。観智院は、東寺の僧侶の住房(院家[いんげ])のひとつで、かつてはこの一角に15ばかりの院家が集まっていました。今に残るものは、この観智院だけです。

東寺観智院
  西門  門の右奥が客殿、左奥が庫裏

 観智院は、杲宝(ごうほう)が、南北朝時代の延文4年(1359)頃に創建しました。中世の東寺には「東寺の三宝」といわれる3人の碩学が出ていて、杲宝は頼宝、賢宝とともにその一人でした。現在でも、彼らが収集や書写した経典類などが観智院に残されています。


 桃山時代の国宝・客殿

 東寺の建造物のほとんどは、文禄5年(1596)の大地震で倒壊、損傷しました。観智院の堂宇も「観智院堂 瓦葺、同台所転倒」と記録にあるように(「義演准后日記」文禄5年閏7月13日条)、全壊しています。
 現在見られる建物は、その後、再建されたものになります。

東寺観智院鳥瞰図
 観智院鳥瞰図

 上図は、見づらいのですが、観智院前にある看板の鳥瞰図です。左が北です。
 門は、南と西にあり、西門(薬医門)の右上に客殿が、左上に庫裏が、その中間奥に書院があります。重要文化財の五大虚空蔵菩薩像を祀る本堂は、客殿と廊で結ばれ、東方に位置します。

 国宝の客殿。築地塀の外から見たところです。

東寺観智院

 入母屋造、銅板葺ですが、かつては檜皮葺でした。春と秋に特別公開されます。

東寺観智院
 観智院客殿(国宝)(『京阪沿線の古建築』より)

 棟札から、慶長10年(1605)の建築と分かっています。
 上の写真は、南側を見たもの。妻の拝みには三花懸魚があり、木連(狐)格子となっています。
 一際目立つのは、軒の唐破風。南門の正面に位置していて、この客殿の入口という構えです。

 建物の平面図を見てみましょう。

東寺観智院平面図
 『日本の美術 75 書院造』より

 南側に2部屋、北側に3部屋の構成で、周囲に広縁が廻っています。広縁の外側には引き戸が付いており、その外に落縁があります。

 東寺観智院
 『日本古建築菁華』上冊より

 この写真に見える縁は落縁で、引き戸がはまっているのがうかがえます。引き戸は、明り障子と舞良戸(まいらど)です。

 舞良戸の例
 舞良戸の例(東寺弁天堂)

 舞良戸は、横桟を打った戸です。
 観智院の場合、敷居に溝が3筋つけてあり、外側から、舞良戸、舞良戸、明り障子の順で取り付けられています。そのため、すべて舞良戸を閉め切ることもできます。雨戸のような感じですね。
 また、写真のように舞良戸を開けると明り障子が出てきて、採光に適した形になります。上の2枚の写真は、いずれも舞良戸をフルオープンしたところです。
 さらに、広縁と各室の間は、腰高障子になっていて、こちらも光を取り入れられます。

 また、南側の広縁は東へと延び、その先は寝殿造の名残りである中門廊(ちゅうもんろう)の形になっています。そこには、切妻造、桁行一間、梁間一間の扉付きの小さな門(中門)が設けられています。こちらは門としては形骸化していて、実際には後述する西側の玄関を用いるのでしょう。
 中門廊は寝殿造の名残りで、寝殿造から書院造へと向かう過渡的な姿を表していて珍しいものです。


 過渡期の書院造

 部屋の中の様子ですが、まず南側は接客の空間となっています。
 “タテ社会”の中では、面会が行われる際、空間の上でも上下関係を表現しました。今でも「上座」「下座」と言いますね。
 武家社会では、それを行う空間を「対面所」と呼んでいました。
 そのことは寺院でも援用され、例えば西本願寺「鴻の間」は対面所としてよく知られています。

 観智院客殿でも、南側の2室は対面所の役割を果たしていました。上座ノ間は、背後の壁に宮本武蔵筆と伝わる鷲図などが描かれていますが、その下には幅の狭い板(押板)が敷かれており、左側には違棚が設えられています。この押板も、古い形式です。
 床は一段上げた上段とはせず、天井も格天井ではなく次ノ間とひと続きの棹縁天井になっています。
 
 一方、北側の3室ですが、こちらは内向きのスペースになっています。
 東の室は羅城ノ間と呼ばれますが、付書院を持っています。縁の方に張り出して造られており、障子窓が設けられています。
 付書院の例を示しておきます。

付書院・違棚の例
 付書院、違棚の例(西本願寺対面所「鴻の間」)(『京都古建築』より)
 
 写真は西本願寺対面所ですが、上段の間になっており、右奥の出っ張ったところが付書院です。左が違棚。 

 観智院客殿は、付書院の反対側に帳台構(ちょうだいがまえ)が設けらえれています。帳台とは、寝殿造で用いられた仮設的な寝台ですが、帳台構は特に寝室への入口に設けられた引き戸を指します。4枚構成の襖で、真ん中の2枚が開きます。寝室を「納戸(なんど)」とも呼ぶので、納戸構とも言います。

帳台構の例
 帳台構の例(二条城二の丸御殿)(『京都古建築』より)

 これは二条城二の丸御殿黒書院の写真ですが、上段の間に見えるのが帳台構です。4面のうち、3面だけが見えていて、写真左の2面(房が付いている)が開きます。
 観智院客殿のものは、このような房もなく、絵柄も地味なもの(楼閣山水図)です。

 帳台構の向うは、中の間。現在は大きく改造されています。元々は壁に囲まれた閉鎖的な部屋で、天井も低く、寝室として用いられていたと考えられます。寝殿造でいう「塗籠(ぬりごめ)」という部屋に相当します。
 帳台構も、寝室への出入口という本来的なあり方が残っているといえるでしょう。

 その中の間の先には使者の間が続き、さらに北西に玄関が設けられています。実際には、専らこの玄関から入る形になっています。

 観智院客殿は、南が公的な応接の場、北が私的な居住の場という区別が観察されるうえ、寝殿造の要素も垣間見える興味深い建物です。早い時期の書院造を示す遺構として国宝に指定されており、一度は見ておきたい建物です。

 


 東寺 観智院客殿(国宝)

 所在 京都市南区九条町
 拝観 春・秋の特別公開のみ(有料)
 交通 近鉄電車東寺駅から徒歩約10分



 【参考文献】
 『東寺観智院の歴史と美術』東寺(教王護国寺)宝物館、2003年
 『東寺の建造物』東寺(教王護国寺)宝物殿、1995年
 『日本の美術 75 書院造』至文堂、1972年
 岩井武俊編『日本古建築菁華』便利堂コロタイプ印刷社、1919年
 藤原義一『京阪沿線の古建築』京滋探遊会、1936年
 藤原義一『京都古建築』桑名文星堂、1944年

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント