09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

清水寺の南にある鳥辺山妙見堂は、隠れた名所

洛東




鳥辺野妙見堂


 鳥辺野を歩く

 鳥辺野(とりべの)、鳥辺山といえば、かつては京都を代表する葬送地で、兼好法師「徒然草」第七段の「あだし野の露消ゆる時なく、鳥部山の煙立ち去らでのみ住み果つる習ひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそいみじけれ」という一節でも知られます。

 東山五条の交差点から、清水寺に向かう五条坂を上らず、大谷本廟(西大谷)に沿って坂を上って行くと鳥辺野(鳥辺山)です。

鳥辺野

 前方に墓地が見えてきます。

鳥辺野

 緩慢に広がる傾斜地に無数の墓石が立っています。
 坂の右が墓地、左は樒(しきみ)を売る店や寺院が並んでいます。

 しばらく行くと、石鳥居が現れます。

 鳥辺野妙見堂

 鳥居の額には「妙見堂」、石灯籠には「妙見宮」、そして門標には「鳥辺山妙見大菩薩」と記されています。


 鳥辺山の妙見堂

 境内に入ると、「鳥辺山」と山号を記した手水鉢。

鳥辺野妙見堂


 さらに、備前焼の狛犬を左右に据えた鳥居があり(冒頭の写真)、本堂へと至ります。

鳥辺野妙見堂

 妻入りの入母屋造、一重裳階(もこし)付きのお堂です。

鳥辺野妙見堂

 向拝に付いた手挟(たばさみ)や象鼻です。手挟は、よくある雲の意匠ですが、江戸後期らしく図案的な印象です。
 この本堂は、大きな裳階といい、細部意匠といい、江戸後期らしい雰囲気を漂わせていて、庶民の信心の場としてふさわしい感じがします。 

 上部に懸けられた扁額には「北辰殿」とあります。妙見さんの信仰は北辰信仰、つまり北極星(北辰)の神格化されたものが妙見菩薩なのです。関西では、能勢妙見がとても有名。大阪府豊能郡・妙見山の山上にあるのですが、篤い信仰を集めています。

能勢妙見 能勢妙見
  能勢妙見(大阪府)

 鳥辺山の妙見堂には、こんな額も奉納されています。

 鳥辺野妙見堂

 京都・勝光寺講の奉献した竪額ですが、「能勢山妙見宮」と記されています。勝光寺は、下京区にある日蓮宗の寺院とのことですが、その信者さん達が講を作って能勢妙見にお詣りしていたのでしょう。いつのものか分かりませんが、なかなか立派な額で冨田正太郎ほか16名の男性の名が連記されています。能勢妙見も日蓮宗ですが、日蓮宗のお寺にはよく妙見さんが祀られています。

 この妙見さんのことは、平凡社の日本歴史地名大系『京都市の地名』などにも登場せず、よく分かりませんでした。ところが先日、幕末の文久2年(1862)に出された「花洛名勝図会」を見ていると、このお堂が大きく取り上げられているのに気付きました。

 花洛名勝図会より妙見堂
  「花洛名勝図会」七

 松川半山の描いた妙見堂の全景。
 本堂や鳥居、狛犬の雰囲気など、現状と同じです。ただ、道路に面した鳥居など、入って行き方が異なります。
 鳥居の左には「霊亀石」などという珍なるものもあって……

 鳥辺野妙見堂

 今も残されているそうです。


 「花洛名勝図会」の記事

 参考のため、「花洛名勝図会」の記事を引用しておきましょう。

 妙見堂 同所[通妙寺]東にあり。本尊妙見宮を安ず。通妙寺別所なり。近年追々に修造なり。舞台、絵馬舎、茶所、休息所等、備れり。霊応またいちじるしとて、午の日の群参ハいふもさらなり。平日詣人の閑断なく、題目を唱ふる声、鼓木の音、遠近に響けり

 絵に描かれたような建物が近年修築されている上、霊験あらたかだとして、妙見さんの縁日「午(うま)の日」はもとより、ふだんも間断なく参詣者が押し寄せ、日蓮宗なので題目(南無妙法蓮華経)を唱えている、というのです。
 幕末の現世利益的な信仰のさまが上手く書き記されています。

 絵の上には歌が掲げられています。
 「鳥辺野の妙見宮に通夜しけるかた/夜もすがらねぐらさだめて鳥辺のの 星のめぐミや誰いのらなん/正種」
 ここで「通夜」とありますが、この堂に“お籠り”(参籠)したということですね。こういうところにも、篤い信心のありようがうかがえ、興味深く思います。 
 

 舞台造の絵馬堂

 その中に「絵馬舎」というのがありました。実は半山の絵にも、本堂の左手に「絵馬堂」として描かれています。

 花洛名勝図会より妙見堂

 驚くべきことに、懸造(舞台造)の立派な絵馬堂なのです。
 絵には、舞台の上に4、5人の人がたたずみ、掲げられた絵馬を見ているさまが描かれています。

 さらに驚くべきことは、この絵馬堂が現存することです。

 鳥辺野妙見堂

 確かに絵と同じ懸造。

鳥辺野妙見堂
  絵馬堂

鳥辺野妙見堂
  絵馬堂からの眺望

 そして、ここには今も多数の絵馬が掲げられているのですが、それについては回を改めて紹介することにしましょう。




 鳥辺山妙見堂

 所在 京都市東山区清水
 拝観 境内自由
 交通 市バス五条坂から、徒歩約10分



 【参考文献】
 「花洛名勝図会」1862年
 『新訂徒然草』岩波文庫、1985年


スポンサーサイト

コメント

隠れた名所のままで

船越さん、はじめまして。昨日訪問してきました。まったくの偶然に立ち寄ったのですが、書かれていますように、懸崖作りの絵馬堂がすばらしいです。でもあまり有名になって、妙に手を入れると今の雰囲気がなくなってしまうでしょうから、部外者の勝手な理屈ですが(笑)、なくならない程度の繁栄度で存続し続けて欲しいですね。

いい雰囲気ですね

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

あそこは、とてもいいところなのですが、ほとんど知られていません。
少しさびれた感じが何とも言えませんが、江戸時代の名所図会と比べると、そのすごさも再認識できます。

各地の妙見さんは、往時はとても信仰されていました。いまでは、ちょっと考えられないのですが、その繁栄ぶりがうかがえる場所です。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/16 09:10)

京都市東山区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。