FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

鳩があふれる三宅八幡宮は子育て祈願の神さま





鳩の像


 比叡山麓の静かな神社 

 京都郊外の洛北。

 比叡山の麓に、岩倉(左京区)という地域があります。
 周囲を山に囲まれた小盆地的なエリアですが、京都国際会館、グランドプリンスホテル京都や、同志社小・中・高校、府立北稜高校、京都精華大学など、公的な施設もあり、住宅も多いところ。戦後、市街地化が進みました。
 比叡山を借景とした庭で知られる円通寺や、実相院門跡、岩倉具視旧邸などの名所旧跡もあります。

 比叡山

 その東の端、この辺はもう旧高野(たかの)村というべきところですが、現在の上高野(かみたかの)に、三宅八幡宮という神社があります。
 静かなたたずまいのお宮さんです。

 『京都市の地名』によると、

 社伝には、推古天皇15年、遣隋使小野妹子が筑紫で病み宇佐八幡に祈願、平癒したので帰朝後に八幡神を勧請したのが始まりという。祭神は応神天皇。

 と説明されています。

 三宅八幡
  三宅八幡宮(京都市左京区)

 神社は南面していて、高野川畔の一の鳥居からずっと歩いて行くと境内に至り、さらに進むとこの鳥居が見えてきます。

 ここで、思わず立ち止まってしまうのが、狛犬のように鳥居の左右に鎮座する、この石造物!

  鳩像

 なんと、鳩の狛犬? です!

 鳩石像

 ハトだけに、胸を張って、ちょっと偉そうですね(笑)

 ふつう、狛犬にせよ仁王像にせよ、左右に阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)があって、口を開いている方と閉じている方があります。
 上の写真の鳩は口(くちばし)を閉じているので、逆側を見にいってみると、そちらは…… 閉じてました(笑)

 鳩の場合、口を開いてると、やはり変なのでしょうか?


 八幡様のお使いは鳩 

 八幡神は武運の神さまで、そのお使いは鳩ですね。
 鳩というと、いまでは平和の象徴と捉えられていますが、それとは逆のイメージです。

 三宅八幡宮のウェブサイトには、次のように記されています。

 宇佐八幡宮から石清水八幡宮へ八幡神を勧請した際に、白い鳩が道案内をしたと伝えられ、以来、八幡宮の 「鳩」 は 「神様の使い」 として大切にされてきたという言い伝えがあります。 
 鳩は八幡神の使いとして武士などに信仰されましたが、三宅八幡宮と鳩との関係がこれほど深いものとなったのはいつ頃か、又その理由など、詳細は不明です。  


 そんなことで、三宅八幡宮の境内には、鳩の絵やレリーフが満ちあふれています。

 信鳩組

 まず、先ほどの “狛鳩” の台座には、このように「信鳩組」と奉納者名が彫られています。明治34年(1901)の奉納品なのですが、彼らの講名に鳩の文字が使われているのでした。

 鳩瓦

 社務所の瓦には、つがいの鳩。
 キスしてるみたい。ちょっと新しそうです。

 鉄製の鳩

 解体されて本殿脇に置かれていた鉄製灯籠についている鳩。
 かなり大きく、戯画的でもあります。

 神鳩

 本殿前の灯籠に置かれた神鳩。
 参拝者に授与される、つがいの土人形です。

 このほかにも、たくさん鳩の意匠が見られます。


 こどもの安育を願って 

 このような三宅八幡宮ですが、幕末頃からは、こどもの「かん虫封じ」の神さまとして知られ、虫八幡の異称で親しまれました。

 江戸時代も、また近代になっても、子育てするお母さんにとっては、赤ちゃんの疳(かん)の虫や夜泣きは悩みの種でした。
 それを神さまにお願いして、疳の虫が出ないように、夜泣きしないように、頼むわけです。

 いまでも、祈願者が多いようで、本殿には数多くのよだれ掛けが奉納されています。

 奉納よだれ掛け

 赤ちゃん関係の祈願の寺社ではよく見られる光景です。

 かつては、絵馬を奉納することが行われていました。

 絵馬所

 参道には立派な絵馬所が建っているのですが、いまは一枚の絵馬も掛かっていません。
 これは、ちゃんと保存されているからなのですね。

  絵馬展示館看板

 124点の絵馬が、国の重要有形民俗文化財に指定され、十年ほど前から、この絵馬展示資料館で保存・公開されています。
 これはぜひ見たかったところですが、私が訪ねたのは午後4時頃だったので、すでに閉館されていたようでした。

 幸い、看板にいくつかの絵馬の写真が掲出されていたので、見ることができました。
 例えば、こういうもの。

 絵馬

 幕末の嘉永5年(1852)のものといいますから、ペリーが黒船で来た頃のものですね(笑)
 十数名のこどもの姿があり、将棋の山崩しを楽しむ子たちや、本を読んだり取り合ったりと、なかなかにぎやかです。
 下に60数名のこどもらしい人たちの名前が記されています。

 この神社の信仰の範囲は広くて、京都のみならず、比叡山の向うの近江(滋賀県)や、摂津、北河内(大阪府)、大和(奈良県)にまで広がるそうです。
 そういえば、大津の人たちが奉納した石灯籠もありました。

  石灯籠

 こういった信仰の証しが大切に伝わっていることは、とても素晴らしいですね。
 今回は拝見できませんでしたが、改めて見せていただきたいと思っています。

 ちなみに、こどもの疳の虫封じは、土地の伝承によると、もともとは田の虫よけの神さまであったということです(『京都市の地名』)。

 三宅八幡宮。洛北のお宮さんですが、八瀬・大原へ訪問の折りに、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 境内




 三宅八幡宮

 所在  京都市左京区上高野三宅町
 参拝  境内自由 (絵馬展示資料館は不定期開館、志納制)
 交通  叡山電鉄「三宅八幡」または「八幡前」下車、徒歩約5~10分



 【参考文献】
 『日本歴史地名大系27 京都市の地名』平凡社、1979年



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント