FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大学の窓】京都で歴史を学ぶ大学生の出身地2018

大学の窓




大学校舎


 今年の傾向は?

 桜の開花が早かった今年、2018年。
 非常勤講師で行っている(仮称)上京大学では、入学式の頃にもまだ桜は咲いていたでしょうか。

 私は、日本史の学生を指導していて、1回生全員が履修する演習科目を他の先生方と一緒に担当しています。
 初回には、学生がひとりひとり自己紹介をしてくれます。そのとき、出身地を言ってもらうことになっていて、私は彼らの出身県をメモしています。
 それが、毎年恒例の <京都で歴史を学ぶ学生の出身地> です!

 実は、いまさらながら気付くことですが、初回の授業には全員出席しそうなものですが、どうも毎年5人位は休むみたいなのですね(笑) だから、この統計も全学生の出身地をリサーチできてはいません。
 いま、数字を入力していて気が付いたのですが、昨年度、私の担当班に韓国からの留学生が1人いたのですね。でも、去年の数字は「0」になっていた! 
 つまり、留学生のK君は、初回お休みしていたみたいなんです(苦笑)
 仕方ないです。今年、数字を訂正しておきました……
 
 という前置きをしながら、見ていきましょう!

 左端が今年、その右が2017年、2016年とつづき、右端が2013年の人数です。


 【北海道・東北】 2名-3名-4名-2名-3名-3名
  北海道 1-1-2-2-2-1
  岩手  0-0-0-0-0-1
  山形  0-0-0-0-1-0
  宮城  1-0-1-0-0-0
  福島  0-2-1-0-0-1
 【関東・甲信越】 8名-12名-15名-7名-7名-11名
  群馬  1-0-1-1-0-1
  栃木  1-0-0-1-1-0
  茨城  1-1-1-0-0-1
  埼玉  0-0-1-1-0-0
  千葉  1-0-2-0-0-1
  東京  1-0-1-1-1-1
  神奈川 0-0-4-0-1-1
  山梨  0-1-0-0-0-1
  新潟  0-2-0-0-1-1
  長野  2-5-1-1-2-2
  富山  0-3-0-1-0-0
  石川  1-0-1-0-0-0
  福井  0-0-3-1-1-0
 【東海】 9名-13名-5名-6名-9名-11名
  静岡  0-4-2-0-5-2
  岐阜  3-1-2-0-1-2
  愛知  5-6-1-5-2-6
  三重  1-2-0-1-1-1
 【関西】 31名-38名-23名-42名-31名-28名
  滋賀  3-0-5-2-3-2
  京都  5-6-6-7-6-6
  大阪  14-21-7-14-13-10
  奈良  3-3-1-6-1-2
  兵庫  6-8-4-11-8-8
  和歌山 0-0-0-2-0-0
 【中国・四国】 6名-6名-9名-9名-8名-8名
  岡山  2-2-2-0-1-2
  広島  1-2-5-4-3-2
  鳥取  0-0-0-1-1-0
  島根  1-0-0-0-0-0
  山口  0-1-0-0-1-1
  徳島  0-1-0-0-0-0
  香川  1-0-1-0-0-1
  愛媛  1-0-1-1-1-1
  高知  0-0-0-3-1-1
 【九州】 6名-7名-9名-3名-7名-10名
  福岡  2-6-7-1-3-6
  佐賀  1-0-1-0-0-0
  大分  0-0-0-1-1-2
  長崎  0-0-0-0-0-1
  熊本  2-0-0-0-2-1
  鹿児島 1-0-0-1-1-0
  沖縄  0-1-1-0-0-0
 【海外】 1名-1名-1名-4名-2名-2名
  中国  1-0-0-4-2-1
  韓国  0-1-0-0-0-0
  香港  0-0-1-0-0-0
  フランス 0-0-0-0-0-1

 大学の桜



 初めて登場した県は?

 こうして、2018年度の数字を見てみると、ほぼ2017年度と同傾向であることが分かります。
 やはり、大阪がトップという状況は変わりません。
 
 一方、数は多くないのですが、九州が4県(福岡、佐賀、熊本、鹿児島)ランクインしていて、うれしいですね。

 そして、島根県が初登場しました!
 鳥取、山口も少ないのですが、島根はこれまでゼロでした。カウント6年目で初めて入学してくれて “ありがとう” という気分ですね。
 これで、あと3県。青森、秋田、宮崎を残すのみです。
 
 自己紹介は、近年、出身地を自虐的に言う学生が多くて、たとえが「うちは田舎で」的なことを結構言ってきます。
 「大阪だけど、大阪市内じゃなくて田舎」だ、とか。まあ、大阪にはそんな田舎はないと思うんですけどね。ちょっと誇張気味に言うのです。

 今年、数名が言及したのが、都道府県魅力度ランキングなるもの。
 ブランド総合研究所という会社が毎年出しているランキングのようです。

 まず、佐賀出身の学生が「都道府県魅力度ランキングで、下から数えて3番目の佐賀県出身」といえば、茨城の学生が満を持したように「都道府県魅力度ランキング最下位の……」! と言ってきます。
 他にも、栃木の学生も自虐的でしたね。栃木県は、同ランキングで43位のようです。

 まあ、罪なランキングがあるものです。
 なにが魅力かなんて、競うものではないですよね。

 最近の学生は、ひとと争うことを好まないというか、融和を重んずるようなので、自慢するより自分を卑下する方がいいんでしょう。
 それで、どこの大学でも昔よりおとなしい傾向があるみたいですね。

 でも、研究は自己表出の場でもあるので、謙遜しないで積極的にチャレンジしてみてください。
 今年も1年、一緒に研究していきましょう!


  さくら




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。