FC2ブログ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寺の墓地にひそむ御土居の跡とは……





御土居


 寺町通にある廬山寺 

 寺町通は、その名の通り、寺院がたくさんある街路です。 
 豊臣秀吉の時代に、市中にあった寺院を集中させて形成されました。
 寺町通は、平安京でいえば東京極大路の位置に当たるので、京都の東の端になります。この東は、もう鴨川ですね。

 いま寺町通にある有名寺院といえば、第一が本能寺でしょうが、その次くらいに著名なのは、ここではないでしょうか?

 廬山寺

 廬山寺。
 むずかしい字ですけれど「ろざんじ」と読みます。
 京都では、節分のときに鬼が出て来る追儺会(鬼法楽)が行われるお寺として、夙に知られています。
 私としては、平安時代の比叡山の高僧・元三大師(良源)を祀る寺としてもインプットされていますね(廬山寺の開基です)。このブログでも、何度も紹介してきた人ですから。

 廬山寺元三大師堂
  廬山寺 元三大師堂


 墓地に参れば 

 廬山寺の裏手、つまり東側には墓地が広がっています。
 寺町にある寺院は、だいたい寺域の東に墓地を持っています。ここが寺の裏側に当たるからですね。
 もともとは、裏側なので見えないのですが、現在では、そのさらに東に河原町通が通っているので、そこから墓地がうかがえるところもあります。廬山寺のお隣の清浄華院はそのケースです。

 廬山寺墓地
  廬山寺の墓地

 墓地に参ることを「掃苔(そうたい)」という漢語で言うことがありますが、世の中には、この掃苔が好きな方がいて、著名人の墓地をお参りすることを趣味にするのです。大きな墓地、例えば東京などでは谷中墓地みたいなところ、そこに眠る有名人の墓を訪ね歩くわけです。

 私は、この趣味はないのですけれど、でもお隣の清浄華院には、山科言継(やましなときつぐ)卿のお墓があって、ここにはお参りしましたね。日本史を学ぶ者にとっては、戦国時代の京都を知る重要な日記を残した人として知られています。
 ほかにも、天寧寺(てんねいじ)、ここは寺町通の北端にありますが、そこでは茶人・金森宗和の墓参をしたこともあります。
 寺町だけに墓が多く、掃苔の趣味のない私ですら、引き付けられるのでした。

 廬山寺の墓地も、以前お参りして、慶光天皇と中山愛親について書いていますので、そちらもご覧ください。

 記事は、こちら! ⇒ <廬山寺には、「慶光天皇」と中山愛親が共に眠っている>


 意外な史跡も!

 その墓地の東端には、こんもりと樹木が繁っているところがあります。

 御土居

 画面奥ですね。
 白いビルは、河原町通に沿って建っている建物です(裏が見えています)。

 この部分が、実は御土居なのでした。

 御土居(おどい)は、豊臣秀吉が造った京都を囲む土塁と堀です。
 広い京都を縦長に囲み、全長は約22.5kmあります。
 
 現在、残されている場所は少なく、国史跡に指定されている地点が9か所あります。

 御土居の北辺についての記事は、こちら! ⇒ <懐かしい母校の裏に、京都を囲む御土居がある>

 西の辺は、全長は8.5kmほどもあると思いますが、史跡として残されている部分は、この廬山寺の墓地内だけです。
 多くの部分が河原町通と合致しているので、まったく取り毀たれているわけです。およそ、河原町通の西沿いが御土居の位置に当たります。

 墓地の東端に、南北に伸びる御土居があります。
 延長は、およそ100mくらいです。

 御土居

 画面右隅に「史跡 御土居」と書いた標柱が見えると思います。
 
 下のように正面から見ると、分かりやすいですね。
 
 御土居

 盛り上がりは2mくらいでしょうか。樹木が生い茂っています。江戸時代などは、御土居の上に竹などを植えたようですが、これは雑木ですね。

 鷹峯や大宮あたりに残るものに比べると、ややこぢんまりした印象です。
 でも、河原町通に沿って残っているのは貴重。さすがに、墓地のなかだったので、壊されなかったのでしょう。

 北の端には石段があって、御土居上に上れます。

  御土居

 なかなか御土居には上がれないので、この体験は貴重かも?

 廬山寺の裏の墓地という、少し分かりづらい位置にある御土居ですが、一見の価値ありです。




 御土居(国史跡)

 所在  京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町(廬山寺内)
 見学  自由 
 交通  市バス「府立医大病院前」下車、徒歩約3分



 【参考文献】
 中村武生『御土居堀ものがたり』京都新聞出版センター、2005年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。