FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい母校の裏に、京都を囲む御土居がある





御土居北辺


 大寒と故郷 

 年が明けて、あっという間に3週間。
 昨日(1月20日)は大寒で、一年中で最も寒い時期ですね。

  大寒の一戸もかくれなき故郷    龍太 

 俳人・飯田龍太は山梨の人だそうです。だから、この句も甲斐の田舎を詠んだ句ということになるでしょう。

 私の故郷は、もちろん京都。
 京都の中でも、市内の北の方で、学校時分はずっとそこで過ごしたのです。

 今日は、久しぶりに母校の近所に行った話です。


 京を囲繞する土塁 

 烏丸北大路

 私には親しみのある景色ですが、観光客の方などには見慣れない風景でしょう。

 地下鉄烏丸線の北大路駅前。

 通り名でいうと、烏丸北大路(からすま・きたおおじ)ということになります。
 現在の北大路駅の場所には、かつて市電の烏丸車庫がありました。市電が廃止になって地下鉄が取って代わり、車庫も駅とバスターミナルになりました。駅の上には、ビブレというショッピングモールもあります。

 北大路、というくらいだから、京都市街でも北の端だと思われるでしょう。
 確かに、平安京の時代でいえば、その北辺は一条大路、つまり現在の一条通あたりでした。今出川通よりも南ですね。
 北大路通自体は、比較的新しい街路で、「昭和初年の市電開通とともに、市街地の外郭道路として建設された幅員27メートルの道」(『京都の大路小路』)です。幅員27mは、昔風にいうと15間(けん)ですから、江戸時代までにはないような近代的街路の幅、それも昭和的な広さですね。

 けれども、このあたりは、400年余り前の豊臣時代には、いちおう京都の中、いわゆる洛中だったのです。
 豊臣秀吉は、天正19年(1591)に、京都のまわりを囲む土塁と堀を造営しました。それが御土居(おどい)で、この内側が洛中になったのです。

 御土居は、総延長5里26町ありました。換算すると22km余りの長さです。
 下図は、御土居のそばに設置された案内板です。

 御土居案内板

 東は鴨川、西は紙屋川(西大路通の東)、北は御薗(みその)橋の南方、南は京都駅の南方、という感じです。タテは約8.5km、ヨコは約3.4km。結構タテ長なのです。

 図の赤いところが、今日訪ねるところ。
 御土居の北東の隅になります。


 斜めの道  

 北大路駅から歩き始めると、御土居の土塁的な痕跡は全くないものの、道路にその名残りを見ることができます。
 
 こちらは、烏丸北大路から約200m北の京都警察病院付近です。

 警察病院北

 右の道路が烏丸通の末端。まっすぐ南北に伸びています
 左の小道が、少し西に振っている脇道。これが、実はかつて御土居が築かれていた場所を示しているのです。
 上の御土居図でも分かりますが、鴨川の上流(賀茂川と表記する)は西に振っているので、御土居もそれに沿って斜めになっているわけです。
 それが街路に残されているのですね。

 地図でチェックすれば、紫明通の南から北大路通の北まで、1km近くにわたって斜めの道が残っていることが分かります。およそ御土居が走っていた場所を示しています。


 北東隅の屈曲部 

 その斜め道も途切れて、北大路駅から直線距離で約1.2km。加茂川中学に至ります。
 私の母校です。

 加茂川中学

 昔は広いと思ったグラウンドも、今見るとやはり狭い。
 この写真の手前あたりに、ずっと昔は御土居が通っていたはずですが、中学時代の我々はそんなこと知る由もなかった……

 でも、学校のブロック塀の裏に、史跡として土塁が残っていたことは、当然知っていました。
 それはそうです、毎日見ていたのですからね。

 御土居北東部
  左の建物が中学の校舎

 中学校の校舎と御土居が、くっついているのですよ。
 あるときなんか、蹴ったボールが御土居に入ったことさえありました(笑) 

 先ほど、ここが御土居の北東隅だといいました。
 つまり、ここが屈曲部なのですね。

 ケヤキの木の手前で西に折れています。

 御土居の屈曲部

 ここは、土塁の高まりがとても低くなっています。
 しかし、このすぐ右(東)側は賀茂川ですから、当時は河原から土塁の頂部まで、何メートルかの高さがあったことでしょう。
 そして、賀茂川が堀の役割を果たしていました。

 ちなみに、御土居の西辺では、紙屋川の深い渓が堀となっています。


 堀川通の西にも残る 

 西に曲がった御土居は、一旦、堀川通に切断! されます。

 御土居西側
  堀川通と御土居  写真右が北

 しかし、通りを渡った西側には、さらに残されているのです。
 ただ、ほんの僅かだけ…… おそらく10mくらいですね。

 その向こうには、写真のように住宅が建っています。

 御土居と住宅
  写真手前が西

 住宅街の中から東を見ると、こんな感じに。
 突き当りに土塁がある風景。

 さらに西へ進むと、御土居だった場所に家が立ち並んでいる様子が分かります。

 住宅街
  写真左が西

 矢印が、屈曲部にあったケヤキですね。
 ほんとうに、御土居があった印みたいに、住宅が並んでいます。
 なにか奇妙な光景ではあります。

 久々に訪ねた母校のそば。
 御土居は、400年の時代の波によって、ほとんど破壊されてしまいました。
 現在、市内で史跡指定地は9か所のみ。
 そのひとつのそばで中学の3年間すごした自分は、幸せというべきなのでしょう。

 御土居の歴史と破壊については、中村武生氏の『御土居堀ものがたり』に詳しく記されています。
 最近、やや脚光を浴びている御土居。別の箇所もレポートしたいと思います。




 御土居(国史跡)

 所在  京都市北区上長目町、上堀川町
 見学  自由
 交通  市バス「加茂川中学前」下車、すぐ



 【参考文献】
 中村武生『御土居堀ものがたり』京都新聞出版センター、2005年
 『ビジュアル・ワイド 京都の大路・小路』小学館、2003年



スポンサーサイト

コメント

寒中お見舞い申し上げます。

大寒なので、当然なのでしょうが、それでも毎日寒いですね。

御薗橋の辺りは何度か通っていますが、近くに御土居が残っていたことは知りませんでした。

御土居を初めて知ったのは北野天満宮のもみじ苑に入った時で、その後に大宮交通公園へは御土居を見ることを目的に行きました。

その北野天満宮の北に平野御土居が残っていますが、更にその北にある染物工場の辺りにも御土居の跡のような盛土と石垣が見られます。

御土居そのものは大半が無くなってしまいましたが、記事に紹介されていた京都警察病院付近のように、御土居の痕跡は京都市内の彼方此方に残っているようですね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。