05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

初詣は北野天満宮、おみくじに秘められた深い意味





北野天満宮初詣


 三が日に初詣

 あけましておめでとうございます。
 本年も、当ブログをよろしくお願い申し上げます。

 私は毎年、お正月は北野天満宮に初詣です。
 というのも、天神さん(という方がなじみなので)の近所に恩師のお宅があり、そこに新年の挨拶にうかがうからです。訪問の前に、天神さんに初詣、というわけです。
 もっとも、母の実家もこの近くでしたので、子供の頃はいつもお詣りしていました。京都の大きな神社のなかでは、一番なじみ深い神社なのです。

 北野天満宮大絵馬 戌年の絵馬


 特徴のあるおみくじ 
 
 参拝すると、必ずおみくじを引くのも毎年の習慣。200円也ですが、真鍮製の棒を引くので、がらがらと大きな音がします。

 天神さんのおみくじは、大吉とか小吉とか、吉凶がもちろん書かれているのですが、それに加えて1行の言葉が添えられています。

 今年、私が引いたものには、こう書かれていました(19番)。

  屈曲して初めて用を知る 
 
 なにか、むずかしそうですね。
 そのため、説明として、次のように記されています。

 折曲ることにより初めて屏風は立って役にたつもので この世の中も多くの人々の協力を得て初めて成功すると教えられているのです。人と親しみ万事に調和して、信心専一にすれば大幸運を授かります。  

 なるほど。
 屏風は、曲がって初めて立つものなので、それに人をなぞらえて、人も役立つには “曲がる” ことが重要と、説いているわけです。

 ちなみに、辞書を引いてみると、屏風について、「屏風と商人(あきんど)は直(すぐ)にては立たぬ」ということわざが載っています(『日本国語大辞典』)。

 屏風は折りたたむようにすこし曲げなければ立たない。商人も営業上自分の情を押えて買手の意を迎えなければ成功しない。商人と屏風は曲らねば世に立たず。 

 こちらは、屏風を商人(商売)のたとえにしています。
 そして、17世紀初頭にイエズス会により刊行された「日葡辞書」にこの言葉が記されていることが紹介されています。つまり、安土桃山時代には、すでにこういう言い方があったわけです。


 なぜ屏風なのか?

 と、意味はよく分かったのですが、なぜおみくじに屏風が登場するのか、ちょっと不思議ですね。

 実は、北野天満宮のおみくじは、ご祭神である菅原道真が詠んだ漢詩などの一節から取られているのです。
 これについて紹介したウェブサイト「山陰亭」によると、ほとんどが道真公の詩文を収めた「菅家文草」所収のものによるということです。

 そう聞いて、おみくじを見ると「北野天満宮 御詠詩神籤」と書いてあります。道真公の「詠詩」に基づいているということですね。

 そこで、『日本古典文学大系』に収載された「菅家文草」を見てみると、巻5-409に「屏風」という漢詩(五言律詩)がありました。
 原文は漢文ですが、訓読したものを引用します。

 屈曲して 初めて用を知る
 施来(もち)ゐれば 風を畏(おそ)りず
 質(かたち)は羅(うすもの)を帳の裏に宜し
 功(いたは)りは玉の筵(むしろ)の中に見(あらは)る
 人馬 来り去ることなし
 煙霞 始終あらず
 丹青 巧みあることを知る
 開合 また西東  


 屏風の特徴を詠んだ詩ですが、最初に「屈曲して初めて用を知る」が出てきました。
 註によると、中国の書物に現れたモチーフが参照されているそうです。「南史、斉書に、王遠という人は屏風のようだ、屈曲して俗に従い、能(よ)く風露を蔽うとある」と説明しています。

 おみくじは、道真公の原詩をさらに敷衍して、世の中に役立つための人のあり方を説いたわけです。
 なかなか含蓄が深いですね。

 北野天満宮

 引いたおみくじは、天神さんに結んで帰るので、過去にどんなものがあったのか、残念ながら記憶にありません。
 ひとつだけ、記録していたものが、これです(12番)。

  木こりは薪(まき)を負うて行くを嘆かず

 現在は苦難の運勢だが、めげずに精進すれば明るい未来が開ける、と説かれています。余りよくない運勢で、半凶でした。

 この出典は「菅家文草」巻2-146で、七言律詩です。

 士は寒(ひややか)なる閨(ねや)より出でて忠順成る
 樵夫(しょうふ)は歎かず 薪(たきぎ)を負ひて行くことを
 雲龍闕下 趨(はし)りて父を資(たす)く
 槐棘門前 跪(ひざまづ)きて兄に事(つか)ふ 
 一たび願はくは 偸(ひそか)に天性の色を承けなむことを
 参(み)たび言へらく 半(なかば)孔懐の声を帯びてむといへり
 侍郎は官衙の早きを厭ふことなし
 誰か道(い)はむ 遺孤の生めるところを忝(はづかし)むると 


 「樵夫」は、木こり。この部分をおみくじに用いています。
 古典文学大系の註には、「たとえば樵夫の家に生まれたならば、少年のとき、薪をせおって力しごとに従事して、それを苦にしないものが士(中国の階層のひとつ)となるの意」と説明しています。

 貧しい身分であっても、努力を重ねれば立身出世する、というような意味ですね。
 おみくじの説くところと通じます。

 含蓄のある北野天満宮のおみくじ。
 今年引いた「屏風」の教えは、1年間仕事をしていくうえでも、よい教訓になりそうです。

 来年は、どんな句が出て来るか、早くも楽しみです。




 北野天満宮

 所在  京都市上京区馬喰町
 参拝  自由
 交通  市バス「北野天満宮前」下車、すぐ



 【参考文献】
 川口久雄校注『日本古典文学大系 72 菅家文草 菅家後集』岩波書店、1966年
 『日本国語大辞典』小学館、1975年



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント