FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の八瀬の里を訪ねて(後編)-八瀬のかまぶろ-





八瀬かまぶろ


 歴史ある山里 

 前回に引き続き、八瀬(左京区)訪問記をお届けします。

 約50名の学生と一緒に訪ねた洛北の山里・八瀬(やせ)。
 その名の通り、曲折して瀬や淵をたくさん作りながら流れる高野川に沿って、古い集落が拡がります。

 八瀬天満宮
  八瀬天満宮

 集合後、まず八瀬天満宮へ。
 京都市歴史資料館の方から、説明をうかがいます。

 八瀬の歴史は古く、平安時代から近代に至るまで、文書によってその歴史がたどれる稀有な集落だといいます。
 この天満宮の背後は山なのですが、ずっと登って行くと比叡山に至ります。つまり、比叡山西麓の村里で、そのようなつながりを古くから持っていました。
 近代史のなかでは、天皇の駕輿丁(かよちょう)、つまり天皇が乗る輿(こし)をかつぐ仕事を担った人々として、宮中に奉仕したことでも知られます。特に、その任をもって天皇の葬儀に参加することは著名になりました。


 奇習・かまぶろ 

 天満宮をあとにして、次に訪ねたのは「かまぶろ」です!

 かまぶろって、なんだ?

 と思われるでしょう。
 
 一種の蒸し風呂、つまり昔のサウナだと考えてもらえばよいかと思います。漢字で書くと、竈風呂ですね。

 高野川とかまぶろ

 高野川に沿った場所に、料理旅館ふるさとがあります。

 ふるさと
  ふるさと前で説明を聞く

 ここには、現在でも入れる! かまぶろがあり、そして館外には復元した昔のかまぶろも設置されています。
 今回は授業の見学会、しかも50人なので入浴するわけにもいかず(笑)、外の復元物を見せてもらいました。

 かまぶろ
  川側から見る

 ふるさとの庭に設置されたかまぶろ。
 覆い屋のなかに、なんと言うのがいいでしょうか、“土まんじゅう”のようなものがあります。

 かまぶろ
  八瀬のかまぶろ

 ライトで照らしながら、内部をのぞいてみると……

 かまぶろ内部

 寝転んで、3~4人は入れるスペースが拡がっています。

 下は土間ですが、おそらく往時は、むしろやわらを敷いて寝たのでしょう。

 私は、以前、別府の鉄輪温泉で、蒸し風呂に入ったことがあります。
 小さな入口から中に入ります。八瀬よりは広くて10人くらいは入れたと思いますが、寝転んで蒸されます。時間は10分なのですが、サウナが苦手な私は、8分で出てしまい、その意気地のなさを係の女性に笑われてしましました(苦笑)

 ふるさとの復元かまぶろですが、歴史資料館の方によると、明治28年(1895)の第四回内国勧業博覧会の際に製作されたものだということです。


 「都名所図会」にも紹介

 八瀬のかまぶろは、「都名所図会」(1780年)にも紹介されています。

 都名所図会・八瀬窯風呂
  「都名所図会」より「八瀬竈風呂」

 都名所図会の窯風呂

 拡大図を見ると、かまの床は石敷きのようで、熱くなった石に柄杓で水をかけて、水蒸気を発生させているようです。
 石の上には、むしろみたいなものを敷いていて、その上に寝るのですね。
 おそらく土製のかまが2基並んでいますが、その上に茅葺きの屋根が葺かれているところが、おもしろいですね。
 
 右手の建物は休憩所になっていて、男性が寝転んでタバコを吸っています。

 「都名所図会」によれば、当時八瀬には7、8軒のかまぶろがあったようです。もっとも、八瀬だけではなく他所にもあったということです。

 次の写真は、昭和4年(1929)に刊行された『日本地理大系』に掲載された写真です。
 昭和初期にこれが使われていたかどうか、すでに引退していたようにも思われますが、貴重な記録です。

 日本地理大系・かま風呂
 
 京都近郊の山里・八瀬は、江戸時代の京の人たちからすれば、異文化がある土地だったのでしょう。
 かまぶろや里人の風俗も、都とは違った鄙(ひな)の習俗として捉えられたのだと思います。


 赦免地踊りの灯籠
 
 かまぶろ見学したあとは、地元の方に、赦免地(しゃめんち)踊りの説明をしていただきました。
 紙で作った灯籠を頭上に乗せて踊る珍しい行事です。
 
  赦免地おどり灯籠
   赦免地踊りの灯籠

  灯籠の切り絵

 紙の窓に絵が付いているのですが、これがすべて切り絵なのです!

 頭の上に乗せるのも驚きですが、細工のこまかさにも目を見張ります。学生たちも、とても興味深く拝見していました。

 資料館や地元の方にお世話になった見学会。
 歴史の実地にふれるという授業は、学生たちに刺激を与えたようでした。




 八瀬かまぶろ

 所在  京都市左京区八瀬近衛町 ふるさと内
 見学  自由
 交通  京都バス「ふるさと前」下車、徒歩約3分



 【参考文献】
 「都名所図会」1780年
 『日本地理大系 近畿』改造社、1929年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。