09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

都七名水と京都の井 - 芹根水つづき -





芹根水


 『京都民俗志』

 前回、西本願寺の南にある芹根水(せりねすい)を訪ねました。
 もっとも、訪ねたといっても、すでに堀川は暗渠になり、跡しかないのですが。

 そのとき、芹根水が京の七名水に数えられるということは聞いたのですが、こういうとき見ておくべき井上頼寿『京都民俗志』を見忘れていました。

 『京都民俗志』は、京都の史跡を調査してまとめた書物ですが、項目立ては、

   鳥居
   井
   石
   習俗
   植物
   動物
   洛中洛外 


 と、ちょっと変わっているのですね。

 とりわけ、「井」と「石」は充実しています。

 井は、○○井や○○水といった、いわゆる名水をまとめたもので、200近くも採録しています。


 都七名水

 そのなかに「都七名水」という項目があります。

 すなわち、

   中川井
   芹根水
   滋野井
   左女牛井
   古醒井
   六孫王社誕生水
   音羽滝 


 これらのなかには、すでに失われたものもあります。

 例えば、中川井は、寺町二条下ルの妙満寺にありました。現在の京都市役所の北側です。
 「都名所図会」を見ると、確かに中川井が描かれています。しかし、現在では、井戸どころか妙満寺自体も移転してしまい、失われてしまいました(ちなみに、同地では昨年発掘調査が行われました)。

 前回訪ねた芹根水は、次のように書かれています。

 芹根水 下京区堀川木津屋橋下る志水町に在る。

[堀川の]西岸に僅に井桁(いげた)の様なものゝ端が見え、芹根水の標石が立つてゐる。併(しか)しその碑も、狭い下り口を降りて見ねば解らなく、あたら名水の趾も今は濁水渦巻いて見るに堪へぬ有様である。

 大正三年の堀川改修の際は井筒も埋まり、月見の名所であつた同地もすつかり家が建て込んで全くつまらぬ地となつて仕舞つた。


 『京都民俗志』は、昭和8年(1933)の刊行です。
 大正3年(1914)の堀川の改修によって、井筒も埋もれてしまったといいます。碑は残っていたものの、名水の風情は失われていたようです。

 芹根水碑
  芹根水の碑

 大正3年といえば約百年前で、その頃の状況をうかがう資料としても貴重ですね。


 祇園祭に関する井

 この本には、200近い名水が取り上げられているのですが、ではどのようなものがあるのか? ちょっと紹介してみましょう。

 例えば、先月あった祇園祭に関するもの。

 現在もある烏丸通錦小路上ルの井戸を「祇園祭の神水」としてあげています。
 この井戸は、手洗水井(みたらしい)です。

 手洗水井
 手洗水井

 以前紹介しましたので、そちらもご覧ください。

 記事は、こちら! ⇒ <猛暑に涼しい井戸の話、手洗水井>

 さらに、各鉾町にある井戸も紹介。
 「占出山の井」「役行者山の井」「菊水」です。

 会所のなかなどに、あるのですね。

 役行者山の井
  役行者山の井

 これ以外にも、市内各所の名水、井戸が紹介されていて、読んでいてあきません。
 京都には名水が多いことも、また驚きです。

 なお、前回掲載した地図のなかに「佛教大学」という校名がありました。
 これは、現在の佛教大学(北区、浄土宗系)ではなく、龍谷大学(浄土真宗系)の旧名称です。当時は、そう呼んでいたのですね。現・大宮キャンパスの位置に、そう書かれています。




 芹根水跡

 所在  京都市下京区木津屋橋通堀川西入下ル御方紺屋町
 見学  自由
 交通  JR「京都」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 井上頼寿『京都民俗志』岡書院、1933年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント