06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】他大学に武者修行? - 博物館学の講義に臨む -

大学の窓




大学キャンパス


 他大学へ!

 毎週非常勤で行っている(仮称)上京大学の授業は、春学期も残すところあと数回。来週は、グループ研究をしている学生たちが、テーマの方向性を発表します。

 そんななか、私はといえば(仮称)杉本大学へ行き、博物館学の講義を1コマ担当します。

(仮称)杉本大学は、関西の公立大学で、戦前の商科大時代からつづく名門です。
 私が勤務する財団と連携協定を結んでおり、各館長や学芸員らが博物館学の3講義を担当しています。

 今回、私が1コマ担当するのは「博物館経営論」。
 春学期だけの授業、ということは全15回だと思うのですが、私は最後から2番目くらいですか。
 内容は<他館・他機関との連携>というものです。


 博物館経営論の講義

 昔話で恐縮ですが、私が学生だったころは、博物館を “経営する” なんてことは誰も考えていませんでした。だから、博物館学の授業でも、そんな科目はなかったわけです。
 博物館学といえば、資料の収集・保管、調査・研究、展示、教育・普及、という4本柱を学びました。
 現在では、ここにマネジメント(経営)が入って来たわけです。20年余り前には、博物館マネジメントに関する学会も設立されており、そのような関心が徐々に高まってきたといえるでしょう。

 私が担当するテーマは、博物館が他の博物館・美術館や地域にある機関・施設とどう連携していくか、というものです。

 実は、これまで私は、広報とか企画とかボランティアとか、博物館の “周縁部”? にあるともいえる仕事を長くやってきました。例えば、広報の仕事なんて、学芸員で自ら進んでやりたいという人はほとんどいないジャンルです。みんな、展示とか調査研究とかをやりたいわけですからね。ただ、そういう仕事も誰かがやらなければならない、でも専門の担当者を置くほどの余裕もないので、「仕方なく」学芸員がやっている、というのが現実ではないでしょうか。

 それを大学生に話したら、いったいどのように受け止められるのだろうか? これは、ちょっと興味深い問題です。
 純粋に、重要な仕事ですね、と思ってくれるかも知れない……

 大学構内

 少なくとも日本の学芸員は、仕事の幅が広い、つまりいろいろな種類の業務をこなさないといけない、というのが現実です。
 言い換えれば、諸外国に比べて、仕事が分化(分業化)されていないといえます。
 はっきり言って、毎日、広報や他機関との連携といった仕事をやっていると、他の業務に割ける時間も体力・気力もなくなってきます。
 
 それを思うと、学芸員志望の学生は、展示をやりたいとか、文化財に触れてみたい、と思っているわけですから、やはり他館・他機関との連携には興味を持たないのでしょうか。

 あと10日ほどで講義なので、いま何を話そうか思案しているのですが、彼らの反応を探るような授業にするのも面白いかも知れませんね。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント