09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

二条城の庭にあったのは、南国の象徴・ソテツの木





二の丸庭園


 東大手門の修復が完成

 二条城。
 「古都」京都のなかにある “お城” として、ちょっと異色感もある場所。
 今回、東大手門(重文)の修復が完成したので、私も久しぶりに訪ねてみました。

 東大手門
  東大手門(重要文化財)

 7月31日(2017年)まで、内部にも入れます(入城料+400円)。
 そこで見たものは、たぶん次回紹介するとして、今日はずっと先に進んで、二の丸御殿へ。

 二条城といったら、やはり国宝・二の丸御殿がメインですね。
 大規模かつ代表的な書院造の建築です。

 二の丸御殿
  二の丸御殿(国宝)

 この御殿には、5つ、6つのスペースがあって、入口側から、

  遠侍(とおざむらい)
  式台(しきだい)
  大広間
  蘇鉄(そてつ)の間
  黒書院
  白書院 


 と、つながっています。
 
 どの場所もとても興味深いのですが、写真はNG。
 でも、私が気になったのは、「蘇鉄」の名が付いたスペース「蘇鉄の間」なのです。

 ここは、大広間と黒書院を結ぶ廊下なのですが、杉戸に大きな蘇鉄の絵が描かれているので、蘇鉄の間と呼ばれているようです。
 現在、原本は別の場所に保管されており、複製が置かれていました。


 庭の蘇鉄

 蘇鉄(ソテツ)というと、「恋の涙か蘇鉄の花が」という春日八郎の「長崎の女(ひと)」を思い出すのは、年齢がバレますが、長崎の歌に出てくることから分かるように、蘇鉄というと南国の植物というイメージです。

 蘇鉄の間の外に拡がる二の丸庭園には、蘇鉄の木が植えられています。

 二の丸庭園の蘇鉄
  二の丸庭園の蘇鉄 建物は大広間

 この蘇鉄が見えることも命名の由来なのでしょうか。

 ところで、堺市(大阪府)に妙国寺というお寺があって、ここは立派な蘇鉄が庭に群棲している寺として有名です。
 あくまで伝説ですが、織田信長がこの寺の蘇鉄を安土城に持って行って植えたところ、夜な夜な「帰りたい」と泣いたとか。それほど著名だったわけです。

 一説には、国内で蘇鉄が植栽されるようになったのは、その安土城あたりが最初といわれています。

 作庭家・重森三玲の『日本庭園の観賞』には、次のように記されています。(適宜改行しました)

 この外桃山時代からは、蘇鉄を庭木として植ゑ始めてゐるが、安土城の庭などに植ゑたのが先(ま)づ始の様であつて、これは文明頃に始めて日本に伝へられたことが文献に見られ、それを非常に珍重してゐるので、桃山時代から漸やく庭樹として用ゐかけたらしい。

 安土城のものは、後堺の妙国寺へ移植されて今日に伝はり、一休寺方丈前庭、三宝院庭、本派本願寺虎渓庭、坂本来迎寺庭などの桃山から江戸初期へかけてのものには何(いず)れも用ゐられてゐる処を見ると、桃山時代の豪華な芸術に受けたものと云ふことが考へられるが、後にはあまり用ゐられなかつた。紀州の円満寺のものなどは特に蘇鉄としての超大木である。(86-87ページ) 


 本派本願寺というのは、西本願寺のことです。
 西本願寺の対面所の蘇鉄は、江戸時代から知られていて『都林泉名勝図会』にも描かれています。

 西本願寺対面所の蘇鉄
 「西六条本願寺対面所林泉」(部分) 『都林泉名勝図会』より

 10本たらずでしょうか、妙国寺などと同様に蘇鉄が群棲しています。

 実は、二条城二の丸庭園の蘇鉄も、現在では1本しかありませんが、江戸中期には多数あったことが分かっています。

 大工棟梁・中井家に残された絵図のなかに、「二条御城中二之丸御庭 蘇鉄有所之図」というものがあります。
 享保15年(1730)調べの図です。
 それによると、池の周りや蓬莱島、鶴島に15本の蘇鉄が植栽されていたことが分かります。
 1本ずつの絵もあり、例えば「壱(1)」番の蘇鉄は、1丈2尺(約360cm)、7尺(約210cm)、4尺(約120cm)の3株からなっていたことなども判明します(『世界遺産をつくった大工棟梁 中井大和守の仕事』)。

 庭の点景として、蘇鉄が効果的に配されていたのです。

 二の丸庭園

 かつては、この庭のなかに、点々と蘇鉄が姿を見せていたわけです。

 桃山時代から江戸初期の感覚では、蘇鉄は “モダン” な植物だったのでしょう。
 障壁画などにも、題材として見掛けることがありますね。

 二条城の庭に蘇鉄がたくさんあったとは、蘇鉄好きの私にはうれしい限りです。




 二条城二の丸庭園(特別名勝)

 所在  京都市中京区二条通堀川西入
 見学  有料 大人600円ほか
 交通  地下鉄「二条城前」下車、すぐ



 【参考文献】
 「都林泉名勝図会」1799年
 重森三玲『日本庭園の観賞』スズカケ出版部、1935年
 図録『世界遺産をつくった大工棟梁 中井大和守の仕事』大阪市立住まいのミュージアムほか、2008年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント