10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

松ヶ崎街道と遊歩道になった狐坂





遊歩道の狐坂


 京都北郊の古い農村

 松ヶ崎(まつがさき)というと、京都の地名のなかでも少しローカル。
 知る人も余りいないかも知れません。

 左京区に属し、地下鉄「松ヶ崎」駅も出来ています(北山駅と宝ヶ池駅の間です)。
 大文字五山の送り火のうち、「妙法」のある場所として著名かも知れませんが、観光地とは言えません。

 京都北郊図
  「大京都市街地図」昭和14年(1939)

 これは、昭和初期の松ヶ崎付近の地図です。左が北になります。
 右下隅に下鴨神社があり、地図中を斜めに流れる川が高野川です。ちなみに、高野川とX字状に交差しているカーブした水路は疏水(そすい)になります。
 左端の縦方向のミドリが「妙法」のある丘(西山・東山)。丘の中央にある池が宝ヶ池(たからがいけ)。
 この丘を含む麓一帯が、松ヶ崎なのです。
 
 古い地名ですが、中世には氷室もあったらしく、風流な歌も詠まれています。

 夏の日もすずしかりけり松か崎
    これや氷室のわたりなるらん  藤原顕季 

 
 また、妙法があることから分かるように、この村は法華宗(日蓮宗)が普及した地域でした。いまも題目踊りが伝わっています。


 水路のある旧街道 

 この地区を東西に通る道が通称・松ヶ崎街道です。

 松ヶ崎街道
  松ヶ崎街道

 いまでは、この道の南側に、4車線の北山通が通っていますので、ひっそりとした生活道路になっています。
 その北山通は、私の学生時代に延伸されたものなので、およそ30年前に出来たことになります。
 私が初めて、この松ヶ崎街道を通ったのは(記憶の限りでは)小学校6年生の頃で、友人らと担任の先生の家をさがすべく “探検” に行ったときのことでした。
 現在でも、当時の雰囲気が保たれていますが、家屋はずいぶん建て替わったような気がします。

 それでも、木造の家や蔵が残り、道の片側には水路が流れていて、風情のある旧街道です。

 松ヶ崎街道の水路

 高野川に架かる松ヶ崎橋の西方から、宝ヶ池通まで、古い街道は約1.5km。ふらっと散歩するにはいい距離です。


 ヘアピンカーブだった狐坂

 新宮神社
  新宮神社

 集落にある寺社では、松ヶ崎大黒天や涌泉寺が有名ですが、産土神の新宮神社もあります。
 松ヶ崎街道の北側なのですが、この神社の前を左に上っていくと、砂利道になり、こんなところに出られます。

 狐坂のヘアピンカーブ

 ちょっとしたヘアピンカーブでしょう(笑)

 これが、狐坂(きつねざか)なんです。

 私も子供の頃からよく登りました ーー ただしクルマに乗ってですけれど。

 この坂上にはトンネルがあり、それを抜けると岩倉方面に通じます。つまり、狐坂は、京都市街の北山通と北郊の岩倉などとを結ぶ坂のひとつだったわけです。

 松ヶ崎付近図

 左下方に「宝池」とあるのが宝ヶ池。その下を通る道が狐坂で、地図では「狐子坂」と書いていますね。これで読みは「きつねざか」です。S字カーブのさまがよく分かります。

 狐坂
  狐坂

 こういうふうに急カーブしていて、かつてはちょっとした難所でした。クルマもまあまあ渋滞したりして、不便といえば不便だったかも。

 それが近年、バイパスの陸橋が出来たのです。

 狐坂の新旧
  左が旧道(狐坂)、右が陸橋

 陸橋は2006年完成ということで、もう10年余りになります。
 狐坂の方は、遊歩道になってクルマは通れなくなりました。のどかな散歩道といったところでしょう。

 坂上には、宝ヶ池があります。

 宝ヶ池
  宝ヶ池

 池の向こうに比叡山。左奥の白い建物は、京都国際会館です。
 貸しボートもありますよ。

 ほんと、のんびりしたところですね。

 観光でわざわざ来るほどではないけれど、グランドプリンスホテル(宝ヶ池)やアピカルイン(松ヶ崎)といった宿泊施設もあるので、ちょっと外れたところに泊まって郊外散歩、というにはいい気がするのですが、いかがでしょうか。




 狐坂

 所在  京都市左京区松ヶ崎狐坂
 見学  自由
 交通  地下鉄「松ヶ崎」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 『京都市の地名』1979年、平凡社


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント