04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【駅から、ふらっと1時間】京阪・三条駅から東へ、三条通界隈を歩く(その1)

洛東




檀王と篠田屋


 鉄道ターミナルだった三条京阪 

 駅から、1時間ほどで愉しめるコースを紹介する<駅から、ふらっと1時間>。
 前回は、京阪・四条駅 ⇒ 三条駅 の見どころを取り上げました。

 今回は、そのつづきと言うべきでしょうか、京阪・三条駅から歩くコースです!

 京阪・三条駅
  京阪・三条駅

 京都では、京阪電車の三条駅あたりのことを「三条京阪」と言い習わしています。
 ちなみに、四条駅あたりは、もちろん「四条京阪」と言います。
 なぜだか分かりませんが「京阪三条」とか「京阪四条」とは言わないのですね。そう言えば、「四条河原町」とは言うけど「河原町四条」とは言わないとか、いろいろ言い癖があるものです。

 この三条京阪、かつては京阪電鉄(本線)の起終点でした。
 京阪は、大阪・淀屋橋駅と京都・三条駅を結んでいた鉄道でした。それが、京都方面を出町柳駅まで延伸し、あわせて七条ー出町柳間を地下線にしたのです。昭和64年(1989)のことで、鴨東線(おうとうせん)と称します。

 つまり、昔は四条や三条のあたりも、鴨川べりの地上を電車が走っていたわけで、なんとなくのどかな風景でした。学生の頃、先生らと一緒に、まだ地上を走っていた電車に乗って、京都国立博物館に行ったのを覚えています。

 そういうことで、三条駅も地上にありました。
 
 三条京阪
  かつて京阪・三条駅があった場所

 三条大橋の東詰、南側です。
 路線が敷かれていたところは川端通になり、ホームなどのあったスペースは、2017年3月現在、駐車場になっています(少し前まで「響宴」という飲食施設が建っていました)。

 当時、ここは本線のターミナルであると同時に、大津線の起終点でもありました。
 三条通を路面電車が東に向かって走っていたわけです。
 こちらも、現在では地下化され市営地下鉄となりました。
 
 
 三条大橋から歩く

 三条駅から地上に上がると、三条大橋を望むことができます。

 三条大橋
  三条大橋

 ここは東海道の起終点です。
 「都名所図会」(1780年)には、鴨川にダイナミックに架かる三条大橋を描いています。

 「都名所図会」より三条大橋
  「都名所図会」より「三条大橋」

 今日は、ここから歩き始めましょう!
 まず、ルートマップです。

 三条周辺行程図

 見づらくて、ごめんなさい。青い線がルートです。

 三条大橋(青丸)から、三条通を東(右)に進みます。東大路の手前で少し北上し、さらに仁王門通に出ると西へ。
 最後は、鴨川沿いの川端通を南下して、三条駅に戻って来るコースになっています。
 距離は、2km弱というところでしょう。

 スタート時、誰かと待ち合わせするなら、おなじみの高山彦九郎像の前で。

 高山彦九郎像

 江戸中期の尊皇家で、御所に向かって拝礼している姿です。
 そのため銅像は、北西を向いています。

 高山彦九郎像銘

 写真のように、徳富蘇峰も「高山彦九郎先生 皇居望拝之趾」と書いていますよね。お間違えのなきよう。


 お寺と食堂

 では、小旅行のスタートです。
 彦九郎像の前から、道路の向い側を見ると、目に飛び込んでくる2つのものがあります。

 それが、お寺と食堂です。

 だん王と篠田屋

 お寺は、檀王法林寺(だんのうほうりんじ)と言い、浄土宗の寺院です。通称「だんのうさん」。

 壇王法林寺

 そして、食堂は篠田屋。

 篠田屋

 篠田屋は、昔からここにあるように思います。「あるように」というのは、私たちも余り意識していなかったわけですが、最近はテレビに取り上げられたりして有名になりました。だから、近所でお仕事の方以外に、観光客も入っているようです。

 篠田屋

 実は、私は入ったことがないのですが(すみません)、BSの「ニッポン百年食堂」という番組などで見ましたね。
 京都によくある普通のうどん屋さん、という感じですが、看板には「中華そば、うどん、そば、皿盛」とあります。この皿盛が名物らしいですね。興味ある方は、ググってみてください(笑)
 観光の方でも入りやすいと思います。

 余談なのですが、京都では、うどん屋というのが昔はたいへん多くて(そば屋ではなく)、「大力餅食堂」とか「千成食堂」とか、力が付きそうな、景気がよさそうな名前だったものです。
 「大力餅」なんて名前から分かるように、餅を一緒に売っていたのですね。私事ですが、うちのジイサンは「弁慶」といううどん屋をやっていて、名前も力強いですが、昔は餅を置いていたようです。店内に、すでに使っていない餅つき機が鎮座していました。

 まぁ、こういうお店は、だいたい、うどんと丼を出すのが相場で、かつての昼食はそんなものだったわけです。


 ターミナルにある古寺

 西隣の檀王法林寺は、入口の高麗門をくぐっていくと、立派な楼門が聳えています。

 壇王法林寺

 この楼門には、四天王が祀られていて、少し珍しいですね。4面とも、のぞいて見比べてみてください。

 境内も意外に広いのですが、江戸時代には主夜神尊(しゅやじんそん)という神さまを祀っていました。もともとは夜の神さまなので、夜道を歩くとき盗賊に遭わないように守ってくれるとか、暗い海を航海するとき安全に進ませてくれるとか、そういうご利益があったようです。もっとも、江戸時代になると現世利益的なお願いも受け付けて? くれたのかも知れません。参詣者で、たいそうにぎわったようです。

  壇王法林寺 本堂前の灯籠

 本堂はふだんは閉まっていますが、お願いすると拝観させていただけます。
 私も昨年、予約して参拝しました。大勢でお詣りしたので、ご住職がお話をしてくださって、たいへん楽しかったです。「町寺」の面白さを感じてください、ということでしたね。

 最近では、招き猫でも有名です。

 壇王法林寺

 壇王法林寺

 本堂は、毎月1日にも開放されるということです。
 また、主夜神尊は、毎年12月第一土曜日の法要時に開扉されます。

 ということで、スタートした途端、篠田屋さんでゴハンを食べて、だん王さんで本堂参拝すると、1時間くらいすぐに経ってしまいそうです(汗)

 企画の趣旨に反しますので(笑)、先を急ぎましょう。


 (この項、つづく)





 檀王法林寺

 所在  京都市左京区川端通三条上る法林寺門前町
 拝観  境内自由(本堂参拝は毎月1日、または予約で、200円)
 交通  京阪電鉄「三条」下車、すぐ




 【参考文献】
 「都名所図会」1780年





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント