03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

まいまい京都で、粟田口を歩いてきました!

洛東




白川橋


 粟田口の光秀饅頭

 3月になり、少し暖かくなってきましたね。

 最初の土曜日、いつもお世話になっている<まいまい京都>さんの見学ツアーで、粟田口周辺を訪ねました。

 以前、1回やったことがあるのですが、行き逃した! という方も多いので、再度実施となりました。
 約20人の参加者と歩いたコースは、こんなふうです。

  地下鉄「東山」駅スタート
  白川橋
  明智光秀首塚
  植髪堂(青蓮院内)
  尊勝院
  粟田神社
  佛光寺本廟 


 だいたい三条通の1本南側あたりを歩く感じです。

 このあたりは、幕末の「花洛名勝図会」に詳しく描かれ、また「都名所図会」にも絵があります。現在の様子と名所図会を見比べながら、タイムトラベル気分を味わおうというツアーでした。

  明智光秀首塚 明智光秀首塚

 まず、明智光秀公の首塚にお参り。
 本能寺の変の後、無念の死を遂げた光秀公。いまでこそ織田信長が人気ですが、江戸時代には判官びいきの雰囲気もあって、光秀公は庶民の共感を集めていました。

 光秀饅頭 光秀饅頭

 首塚を護っておられる和菓子店・餅寅さんの「光秀饅頭」。
 家紋である桔梗の紋が焼印されています。
 あまりにおいしそうなので、その説明をする前に、即食べ! した方もいた ! !  餡ちがいの2色があります。


 不思議なシカ像

 そこからは、東へ。
 坂本龍馬とお龍さんが内祝言を挙げたという金蔵寺の跡(ここはかつて庚申堂として有名だった)を進みつつ、青蓮院の方へ。

 青蓮院の中には入らずに(ちょっとマニアックなツアーなもので…)、親鸞聖人の植髪堂をお参りします。
 お忙しい中、お寺の方が親切に解説してくださいました。

 そして。

 植髪堂 親鸞聖人遺髪塔

 昭和15年(1940)に建立された親鸞聖人の遺髪塔。その前に座っているシカ像についても、詳しく教えてもらいました。
 遺髪を収めた塔のところに、どこからかシカがやってきて、動こうとしなかったそうです。これは聖人に御縁のあることに違いない、ということで、シカは近所の京都市動物園に預け! 代わりに像を造ったと言います。不思議な話ですね。

 そのあとは、山を上って尊勝院へ。
 ホテルオークラ別邸粟田山荘の上にあります。

 ここは元三大師を祀った寺院で、加えてかつて下にあった庚申堂もお祀りされています。

 尊勝院

 御所周辺の市街地が一望。
 左大文字や船形も見えるし、いま話題の府立医大病院も見える! たいへん優れた眺望です。

 山を下りて、お隣の粟田神社へ。

 粟田神社

 ここのところ、女性の間では刀剣ブームで、今日も若い女性がたくさん参拝。朱印をもらっておられました。
 粟田口は、刀鍛冶が多かったところ。三条小鍛冶宗近ゆかりの場所でもあり、ここにも鍛冶神社が祀られていますし、向いには合槌稲荷神社もあります。

 私は、刀剣の方には不案内なので、もっぱらマニアックに石造物や奉納品を説明していきましたが……

 最後に、佛光寺本廟を訪ねて終了。

 2時間半のコースでしたが、参加者によると、わずか1,000歩くらいしか歩いていないとのこと。
 確かに、たくさん寺社はあるのですが、歩行距離にすると近いんですね。

 お天気にも恵まれ、参加者の方にも満足いただけた粟田口コース。
 みなさんも、歩いてみられてはいかがでしょうか。




 明智光秀首塚

 所在  京都市東山区三条白川下る梅宮町
 拝観  自由
 交通  地下鉄「東山」下車、徒歩約3分





スポンサーサイト

コメント

いよいよ春ですね。

先週の土曜日の昼間は暖かく、私も産寧坂で上着を脱いで清水寺に向かいましたが、日曜日は更に暖かくて、花見小路を過ぎた辺りで上着を脱ぎました。

私は甘党では無いが、画像の光秀饅頭は美味しそうで、現地へ行ったら食べてみたいと思います。

刀剣ブームといえば、北野天満宮の宝物殿で開催中の宝刀展でも女性の観客が多く、撮影禁止の鬼切丸にスマホを向けていました。

同じ場所に行っても、興味の対象は人それぞれで、粟田神社のような山に登ると、自分は地層に見とれてしまいます。

光秀饅頭

ご愛読ありがとうございます。

光秀饅頭は1個150円です。2種類ありますので、食べ比べると楽しいかと思います。
白川沿いにある店なので、すぐにわかります。

女性の刀剣ブームはすごいですね。
一部マナーのないかたもおられるようですが、私たちのところに来館されるかたなどは、ルールに従って観覧いただいているようです。最近では、所蔵品など大丈夫なものは撮影OKにしています。
非公開コメント