05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

こんな数え歌もあった - 梅棹さんに教わる京案内 -

京都本




戦前の二条城


 “丸竹夷” と お公家さんの数え歌

 この前、京都の街路名について書きました。

 京都の通りの名前というと、みなさん決まって “丸竹夷二押御池” という数え歌を思い出されるでしょう。

  丸 = 丸太町通
  竹 = 竹屋町通
  夷 = 夷川通
  二 = 二条通
  押 = 押小路通
  御池 = 御池通 ……

 といった具合です。

 こういった記憶のための数え歌は、昔はよく行われたものでした。
 このブログでも、以前、お公家さんの数え歌というのを紹介しています。

 それは、

 長風や芝園池に梅桜池尻交野妙法林丘
 
 萬里甘露櫛笥柳に園富小御下り御殿京極の宮

 一河や滋る中山藤波は御門を出でゝ樋口高倉


 とった超難解なもので、まぁ、詳しくは以前の記事をご参照ください。

  記事は、こちら! ⇒ <御所にもあった“お公家さん”的数え歌>

 何の歌かというと、お公家さんの邸の場所を覚える歌なのです。
 現在の京都御苑には、明治維新までは数多くの公家屋敷が立ち並んでいました。それを並んでいる順に歌ったのが、上の歌です。
 一般人には無用のものかも知れませんが、お公家さんにとっては必要不可欠な知識だったわけですね。


 ほかにもあった数え歌

 民族学者の梅棹忠夫(1920-2010)は京都の出身で、専門分野以外にも京都の本を出されています。
 その1冊が『梅棹忠夫の京都案内』。

  梅棹忠夫の京都案内 『梅棹忠夫の京都案内』角川ソフィア文庫 

 ここに、余り聞いたことがない数え歌が紹介されています。

  一条 戻橋
  二条 お城
  三条 みすや針
  四条 芝居
  五条 弁慶
  六条 坊んさん
  七条 停車場
  八条 すずや町
  九条 東寺  


 梅棹さんによると、通りと日本の歴史が結び付いていた京都では、「社会科」などというものがない時代、子供たちはこのような歌で歴史の勉強をしたというのです。

 「お城」(二条城)で大政奉還を学び、「坊んさん」で本願寺と真宗、親鸞聖人について知り、「東寺」で平安京と弘法大師について考える、といったことなのです。

 節をつけてうたいながら「お母ァはん、四条はなんで芝居や」ときけば、いまの南座から、中世の四条河原、阿国歌舞伎まで、場合によっては話がすすむ、という仕かけになっている。(149ページ) 

 例えば、三条の「みすや針」は今も残る老舗で、江戸時代にはみすや針と言えば知らぬもののない名物だったのです。
 丸竹夷とは少し違った歌なのですが、歴史のある京都らしい歌だとも言えるでしょう。

 梅棹さんは、これが変形したお手玉の数え歌も紹介しています。
 「ひとつ、ふたつ……」と数えているのですね。

  おしと
  おふた
  さんかん せいばつ
  よしのの さくら
  ごじょう べんけい
  ろくじょう ぼんさん
  ひっちょうの ていしゃば
  きっぷ かいまひょ
  なないろの とんがらし
  おかろ ございます
  おしと さくら さーくーらー 

 七色の唐辛子というのは、いうまでもなく、京名物のひとつ。清水坂に売っています。(150ページ)  


 「さんかん せいばつ(三韓征伐)」などというのは、時代です。
 それにしても、六条がやはり「坊んさん」なのは、それだけ東西本願寺の存在が大きかったからでしょう。

 七条を「ひっちょう」と言っているのは、古い発音。「ひちじょう」がさらに詰まった言い方です。
 京都では、「しち」は「ひち」になります。質屋の看板を「ひちや」と書くのは有名ですね(有名ですか?)

 梅棹さんは「このほか、ずいぶんたくさん京の唄があったのをおぼえています」と述べています。
 この本のページをめくっていくと、他にも歌が出て来ます。


 こんな意外な歌まで!

  一(いち)びりやがって
  二(に)くいやっちゃ
  三(し)ゃべりやがって
  四(し)りもせんと
  五(ご)てくさぬかすな
  六(ろく)でもないこと
  七(ひ)ねったろか
  八(は)ったろか
  九(く)そぼうず
  十(と)んでいけ  (189-190ページ) 


 これは、罵倒の数え歌! なんだそうです。
 
 口が悪い京都人らしい、というべきなのか?

 変な歌で締めくくりですが、昔の人は何でも歌で覚えた、というよい証しです。




 書 名  『梅棹忠夫の京都案内』
 著 者  梅棹忠夫
 刊行者  角川書店(角川ソフィア文庫)
 刊行年  2004年(原著1987年)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント