10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【新聞から】屋根を葺き替える清水寺本堂、優美な姿ともしばしお別れ

洛東




清水寺本堂屋根


 平成の大修理で

 清水寺は、ここのところ平成の大修理ということで、山内の諸堂が順次修理されていますね。
 今回は、ついに “清水の舞台” として有名は本堂(国宝)の屋根の葺き替えが始まります。各紙によると、2017年2月6日からお堂を覆う素屋根の建設が始まりました。

 清水寺本堂
  清水寺本堂


 屋根は檜皮葺

 本堂の屋根は檜皮葺(ひわだぶき)です。
 「檜(ひのき)」の文字から分かるように、ヒノキの木の皮を剥いで、屋根葺き材にします。近年では、この檜皮の確保が重要な仕事です。今回の修理でも、2009年度から檜皮の確保を行ってこられたそうです。

 寺院の屋根は、神社と違って瓦葺も多いわけですが、瓦は重いし、やはり檜皮葺の方が優美ですよね。清水寺本堂は、寛永6年(1629)に焼失し、そのあと同10年(1633)に再建されました。当時よく行われていた復古的な建物ということで、檜皮葺がふさわしいでしょう。

 清水寺本堂檜皮葺

 数年前に撮った屋根の写真。
 確かに、だいぶんコケっぽいものが見られます。
 京都新聞によると、前回の葺き替えは昭和39年から42年(1964~67)にかけて実施されたそうです。すでに半世紀が経過しました。
 記事には、屋根の面積は約2,050平方メートルと書いてあります。清水寺の平面は、約33m×32mほどなので、屋根はほぼ倍の面積があるわけです。

 横から見てみると……

 清水寺本堂側面

 こんな感じで、お堂の屋根が重なるように構成されています。『国宝・重要文化財大全』には「複雑な屋根を巧みに処理」と評されていますが、まさにそうですね。

 下の写真は、背面です。地主神社へ上がる階段から振り返ったところ。

 清水寺本堂背面

 まったく見慣れない絵づらで、清水寺とは思えません。

 屋根は二重になっているように見えますが、2階建というわけではなく、下の方は裳階(もこし)というものです。
 このように広い面積にわたって檜皮が葺かれているわけで、葺き替えも大事業になります。

 工事は、2020年3月までの予定。舞台からの眺望は確保されるそうですが、屋根は覆われてしまいます。あの美しい姿とも、しばらくお別れですね。

 


 清水寺 本堂(国宝)

 所在  京都市東山区清水
 拝観  有料(大人400円ほか)
 交通  市バス「五条坂」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 『国宝・重要文化財大全11 建造物(上)』毎日新聞社、1998年



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント