10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

2017年は、西陣550年!





千本中立売


 西陣誕生のきっかけは応仁の乱

 今朝、なにげなく「府民だより」2月号を見ていたら、伝統工芸を紹介するページに、小さく、

   西陣550

 というロゴマークが載っていました。

 何かな? と思って、説明を読んで分かりました。
 今年(2017年)は、応仁の乱から550年、つまり「西陣」が出来て550周年ということらしいのです。

 念のため、応仁の乱(応仁・文明の乱)について教科書を見ると、次のように書いてあります。

 嘉吉の変後、将軍権力の弱体化にともなって有力守護家や将軍家にあいついで内紛がおこった。
 (中略)
 幕府の実権を握ろうとして争っていた細川勝元と山名持豊(宗全)が、これらの家督争いに介入したため対立が激化し、1467(応仁元)年、ついに戦国時代の幕開けとなる応仁の乱が始まった。

 守護大名はそれぞれ細川方(東軍)と山名方(西軍)の両軍にわかれて戦い、主戦場となった京都は戦火に焼かれて荒廃した。応仁の乱は、1477(文明9)年、戦いに疲れた両軍のあいだに和議が結ばれて終戦を迎え(後略)  (『詳説日本史』山川出版社) 


 まあ、10年以上やっていたのだから、疲れますよね。

 戦いの舞台は、室町幕府が置かれていた京都。
 両軍の大将は、細川勝元と山名宗全。勝元が東軍、宗全が西軍です。

 そして、教科書には書いてないけれど、西軍が陣を置いた場所が、「西陣」呼ばれるようにとなった、ということなのですね。

 つまり、“西陣誕生” のきっかけは応仁の乱で、それが勃発したのが1467年、いまから550年前というわけです。

 堀川今出川西入ル、つまり西陣の一画にある京都市考古資料館。この大正時代に建てられた建物は、かつては西陣織物館でした。
 その前に、西陣と西陣織の由来を記した石碑があります。

  西陣碑 「西陣」碑

 昭和3年(1928)に建てられた堂々たる碑。立派な「西陣」の二文字は、京都帝大総長・荒木寅三郎によるもの。また、由来を記した文章も、京都帝大の歴史学者・三浦周行が起草しています。

 なお、大正の西陣織物館については、以前記事を書きましたので、そちらもご覧ください。
 
 記事は、こちら! ⇒ <ふたつの「革新」が出会い、西陣織物館は生まれた>

 京都市考古資料館
  旧西陣織物館(京都市考古資料館)


 始まっている「西陣550」

 550周年というのは、ちょっとキリが悪いけど、それはまぁいいですよね。
 調べてみると、「西陣550」は、西陣織工業組合が行っている西陣呼称550年にちなんだキャンペーン。きものショーなどのイベントを展開されるようで、すでに昨年11月からスタートしています。
 昨秋は、西陣織会館のリニューアルも実施され、今年がいよいよ本番ですね。

 ロゴマークも、京都造形芸大名誉教授・久谷政樹氏のデザインにより制作。織機で使う杼(ひ)を意匠化したものです。
 ここで紹介したいのですが、使用は有料みたいなので、ちょっと控えておきます(笑)

 西陣の町家

 西陣のことは、ここでもちょくちょく書いていますが、実のところ、このキャンペーンは知りませんでした。
 不注意の謗りを免れませんが、いっそうPRしていただき、盛り上げていければうれしいですね!


  西陣碑




 旧 西陣織物館(京都市考古資料館)

 所在  京都市上京区今出川通大宮東入ル元伊佐町
 見学  館内自由(無料)
 交通  市バス「堀川今出川」下車、すぐ



スポンサーサイト

コメント

40数年前・・・?

室町の呉服問屋務めをしていた時? 仕事で行った限、画像で見覚えのある建物

が懐かしいです。 京都に住んでいながら、仕事を辞め違う物に移行すると縁が

無くなり足が向かなくなりますね。

ブログ閲覧を時々しています。 散策を~と思うのですが・・・。

新しい発見にドキドキしながら、楽しんでいます。

ありがとうございます

ご愛読いただき、ありがとうございます。

京都の街も、いろいろと変化が激しいですが、30年、40年と変わらないものを見ると、ほっとしますね。
古い建物や景観など、残せていけばいいなぁと思います。

寒い時期は、散策するにも億劫になりがちですが、梅の季節も到来。
暖かくなったら、ぜひ京都の町歩きを楽しんでみてください!

栄枯盛衰

西陣と言えば、西陣郵便局の前の道、つまり今出川通は何度も歩いていますが、中筋通や元誓願寺通は歩いた記憶が定かでは無く、五辻通は歩いたことはありますが、千本釈迦堂位しか思い出せません。

それと言うのも、自分は京阪各駅から堀川通迄は徒歩、堀川通から西へは市バスを利用することが多いからです。

だから、西陣界隈を歩くのは時間に余裕がある時だけになりますが、やはり同じ道を何度も歩かないと記憶が鮮明にはならないようです。

私は河内の生まれなので、応仁の乱の一因となった畠山政長と畠山義就の畠山合戦にも興味があります。

船越様は「まあ、10年以上やっていたのだから、疲れますよね」と仰っていますが、畠山政長と畠山義就は応仁の乱後も共に死ぬまで戦い続けた訳ですが、その畠山氏も含め、応仁の乱に参戦した名家が悉く没落して行ったことを思えば、空しさを覚える歴史の一幕ですね。

西陣

西陣は、京都市街ではやはり西の方にありますし、昔から中心部ということでもなかったので、なかなか訪ねにくいですね。
地下鉄やJRも通ってなく、バスだけなので、市外から来る方には不便な場所でしょう。

いまでは、織屋さんも減ってひっそりとした町になりました。

ちょうど梅の季節で北野天満宮を参拝される方も多いと思いますが、帰りに、下ノ森の商店街から千本中立売あたりを歩いていただくと、往時の賑わいが少しだけうかがえると思います。

非公開コメント