08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

鴨長明が隠棲した方丈の庵とは





方丈の庵


 復元された鴨長明の草庵

 下鴨神社を訪れる人が、最近増えているように思います。
 特に、海外の方が多いですね。

 下鴨神社
  下鴨神社

 ほとんどの参拝者は、南側(出町柳駅方面)から来られます。そのため、まず摂社の河合神社にお詣りされることが多いようです。
 河合神社は、下鴨神社の第一摂社で、玉依姫命が祭神となっています。そのため、近年では美人祈願のようなフレーズがそこここに見られますね。

 河合神社
  河合神社

 ここに、少し変わった建物が復元されています。

 方丈の庵

 柴垣をめぐらした苫屋。
 誰が住んだのかと思いますが、これが有名な「方丈記」の舞台。つまり、鴨長明が住んだ庵なのです。

 京の南郊・日野(法界寺のある辺り)の山に隠棲した長明。
 春は藤の花、夏はほととぎす、秋はひぐらし、冬は雪、といった自然に囲まれた山の暮らし。山守りの子供と山菜や木の実を拾って楽しむ日々。優雅とも言える隠遁生活です。

 長明の庵がなぜここに復元されているかというと、彼の父親が下鴨神社の禰宜(ねぎ。神官)だったからです。長明は、その次男で、うまくいけばここの神官になっていた人でした。宮中とのつながりもあって、幼くして従五位下を叙され、順風満帆の人生を歩むかと思いきや、早くに父を亡くし、横やりが入って神社への就職は立ち消えに。20歳台から不遇の人生を送ることになりました。

 長明の人生すごろくは、下鴨神社の社家の息子というエリートとして生まれ、和歌や音楽など教養も身に着けたが、ふとしたことから人生の道を転げ落ち、最後は郊外の草庵に隠れ住んで、60余年の生涯を閉じた、というわけなのです。そんな彼だからこそ、無常を感じて「方丈記」を残したのでしょうか。


 庵の内部

 方丈の庵

 「方丈記」には、彼が住む庵の様子についても、詳しく記されています。

 いま、日野山の奥に、跡をかくしてのち、東に三尺余りの庇[ひさし]をさして、柴折りくぶるよすがとす。
 南、竹の簀子[すのこ]を敷き、その西に閼伽棚[あかだな]をつくり、北によせて障子を隔てて阿弥陀の絵像を安置し、そばに普賢をかき、前に法華経をおけり。
 東のきはに蕨[わらび]のほどろを敷きて、夜の床とす。
 西南に竹の吊棚を構へて、黒き皮籠[かわご]三合をおけり。すなはち、和歌・管弦・往生要集ごときの抄物を入れたり。かたはらに、琴・琵琶おのおの一張をたつ。いはゆる、をり琴・つぎ琵琶これなり。仮の庵のありやう、かくのごとし。 


 「仮の庵」なんて言っているのですが、結構しっかりした設えですよね。
 上の写真は南側を撮ったものです。右手(東)に庇が伸びているのが分かるでしょう。

 東側に回って撮った写真がこちらです。

 方丈の庵内部

 舞良戸のような引き戸が開いており、内部がうかがえます。
 中央に炉が切ってあるようですが、これは「方丈記」には書いてありません。
 その向こうに衝立てが置いてあって、衝立ての右に経机があり、円座が置いてあります。壁には「絵像」が掛けてありますね。
 机の手前が(見えていませんが)寝るスペースでしょう。

 衝立ての左側は隠れて見えませんが、吊り棚があって書物が収納されており、そばには琴や琵琶が置いてあったはずです。

 短い文章なのですが、結構きっちりと自分の部屋の間取りを書いているので、容易に復元できます。
 方丈というと、1丈四方の部屋という意味ですから、約3m四方。現代風に言うと、四畳半一間というか、1Kというか、そんなイメージでしょうか。

 いずれにせよ、間取りとか山での過ごし方とか、ワイルドライフ? を詳しく述べていて、それなりに自己顕示欲が感じられ、無常観のある、枯れたおじいさんという雰囲気でもなさそうです(勝手な感想です)。
 「方丈記」を書いたとき、長明は50歳台後半だったそうで、当時としては老人なのですが、なんか持ってそうですね、この人は。無常観という “隠れ蓑” の下で何かがうごめいている感じがする……(すみません、イメージです)。
 
 それにしても、冬に見る方丈の庵は寒々として寂しいです。
 ここに独りで住むのは、現代人にはやはり無理かも知れません。




 鴨長明の復元方丈の庵 (河合神社)

 所在  京都市左京区下鴨泉川町(下鴨神社境内)
 見学  自由
 交通  京阪電車「出町柳」下車、徒歩約5分

 【参考文献】
 西尾實校注『日本古典文学大系 方丈記 徒然草』岩波書店、1957年
 武田友宏編『方丈記(全)』角川ソフィア文庫、2007年



スポンサーサイト

コメント

俗心の魅力

日野の方丈の庵跡へは行ったことがありませんが、地図で見ると今でも山の中のようです。

学校の古文の教科書に出て来る方丈記ですが、今読むと心に伝わって来るものがありますね。

船越様は「無常観のある、枯れたおじいさんという雰囲気でもなさそうです」と仰っていますが、私も同感です。

寧ろ、世俗への執着と失意という俗心があったからこそ、人の琴線に触れる随筆が描けたのだと思います。

地質図で方丈の庵跡附近を見ると、中期ジュラ紀~最前期白亜期に形成された地層が重なり、方丈石の石質も是非見てみたいですが、今は地質などを見に出掛ける余裕がありません。

方丈記を読むと、鴨長明が彼方此方に出掛けたことも記されていますが、その長明の没年を越えても悠々自適とは程遠い我が身です。

上賀茂神社も下鴨神社も初詣では参拝したことが無く、新年の雰囲気を味わいながらの境内散策もしてみたいものです。

本年もありがとうございました

ご愛読ありがとうございます。

機会があれば、上賀茂神社や下鴨神社にも初詣なさってください。
来年もよろしくお願い申し上げます。
非公開コメント