05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

下鴨神社の糺の森から発掘された祭祀遺構





祭祀遺構復元


 下鴨神社と糺の森

 先日から何度か上賀茂神社(賀茂別雷神社)についてレポートしていますが、今回は下鴨神社です。

 下鴨神社の正式名称は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)です。
 「御祖(みおや)」という名の通り、上賀茂神社の祭神・賀茂別雷命のお母さんの玉依姫命(たまよりひめのみこと)と、おじいさんの賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の2座を祀っています。

 下鴨神社
  下鴨神社 楼門

 昔、下鴨神社に隣接する予備校に通っていたので、このあたりはちょくちょく散歩しました。当時に比べると、境内もよく整備されてきたと思います。
 下鴨神社が鎮座する場所は、賀茂川と高野川の合流点の北側で、緑豊かな糺の森(ただすのもり)の中にあります。
 京阪電車の出町柳駅から参拝すると、糺の森の中の参道を歩いて行くことになります。

 糺の森
  糺の森

 参道を歩いていると、奈良の小川、瀬見の小川、泉川といった流れが目に入ります。
 下鴨神社は水にゆかりの深い神社ですね。本殿の東方には、御手洗祭で知られる井上社(御手洗社)もあります。

 井上社
  井上社(御手洗社)


 復元された石敷遺構

 そんな糺の森の参道脇に、このようなナゾの空間があります。

 祭祀遺構復元

 なんとなく石をばらまいたようなスペースです。
 参道の東側にあります。

 実は、ここ、古代から続いた祭祀遺構を復元したものなのです。
 糺の森の整備を進める中で、境内の何か所もの地点で発掘調査が行われました。
 そのうち、地面に石を敷き詰めた遺構が発掘されたのです。

 祭祀遺構復元

 写真の上が北です。
 上端に、かつては奈良の小川が流れていました。奥の方は見えづらいのですが、その川べりに、水に関する祭祀を行う場所(祭壇)が設けられていたのです。すでに平安時代後期にはあったようです。
 また、写真下方の石敷きは、そのそばを流れていた泉川に面した祭祀の場であったと考えられます。
 
 いずれも、川原石を敷き詰めて儀式の場所にしています。
 写真上方左あたりでは、穴を掘って石を詰めたような祭祀遺構も多数見つかっています。石を立てて置いた遺構も出ています。 

 報告書では、次のようにまとめています。

 古代より無社殿神と呼ばれる、社殿を持たない自然神をまつる水辺の祭場が、糺ノ森の中に点在している。今日でも、方形の清浄地の四隅に御幣を立てたり、灯明をあげるなどして四隅の神々を祀り、その中央に神降ろしのためのイワクラ(穴を掘り、その中に小石を詰め込む)をつくり、お供えをしてお祀りをしている。現在まで続くこれらの祭祀の様子を今回の遺構のあり方は、よく示していると考えられる。(「史跡賀茂御祖神社境内」) 

 泉川
  現在の泉川


 舩島の遺構

 石敷遺構の北には、舩島という祭祀の場がありました。
 こちらも調査され、整備が行われました。

 舩島

 少し丘のように高まった船の形をした小島です。

 舩島平面図
  舩島平面図(案内板より)

 丘の下に祭祀で用いられた井戸も復元されています。
 古記録によると、この井戸を用いて雨乞いの祭祀が行われていたことが分かると言います。

 神社と言えば社殿=建物があるイメージも強いのですが、それとは異なる祭祀の形が見られます。
 参道脇の目立たない場所ですが、足を運んでみる価値はありそうですね。




 下鴨神社(賀茂御祖神社)

 所在  京都市左京区下鴨泉川町
 拝観  自由
 交通  京阪電車「出町柳」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 京都市埋蔵文化財研究所発掘調査概報「史跡賀茂御祖神社境内」同所、2004年
 『糺の森整備報告書』賀茂御祖神社、2010年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント