07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

校正刷りと格闘する

その他




ゲラ


 話し言葉を校正する苦しみ

 テレビでは、そろそろ忠臣蔵ものをやり始めていますので、年の瀬もすぐですね。

 私は、先日まで、出版社の校閲部を舞台にしたドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ)を見ていたせいか、ついに自分も “校正苦” に陥るはめになりました ! !

 今秋、勤務先の博物館で<講演+対談>の催しをやったのです。
 これは、学芸員が順番に登場し、専門のテーマを話した後、博物館長と対談するのですね。それが10回を過ぎたので、とりあえず本にして出版しようというわけなのです。

 自分が話した講演部分は、原稿を書くのですが、これもまぁまぁしんどいわけで……
 どういうふうに話したか、ちょっと忘れたところもあったりして。図表も要りますしね。

 一方、対談部分は、この前、校正刷り(いわゆる「ゲラ」)が上がってきました。
 当日録音したものをテープ起こしして、まず館長が見て朱を入れる(訂正する)のです。それが、こちらに回ってきた。

 ゲラ

 すでに結構訂正が入っていて、そこにまた自分の朱を入れていくーーとなると、もう訂正だらけです。

 なぜそうなるかというと、話し言葉を文字化しているからですね。
 語尾が「~なんですね」ばかりだったり、口癖の「ちょっと」が一杯入っていたり、切れ目のない長文が延々と続いていたり。そのままでは文章として見苦しいわけです。だから、訂正につぐ訂正になるのです。

 例えば、こんな感じ。

 実際に、よくはわからないんですね。誰かっていうことが。

 よくはわからないんですけれども、この道頓堀千日前ぶらぶら歩きっていうのは『演芸画報』という戦前の演劇雑誌、現在の演劇刊につながっていくような主要な芝居の雑誌の1つなんですけども、ここに掲載されているんですが、この道頓堀千日前以外に同じ年に、これ8月号に掲載されたものなんですが、9月号、次の月の号に文楽の半日っていう、文楽のことについて書いた記事がある。今日と同じような、こういうレポート系なんですね。こういうものがある。

 それから11月、同じ年の11月号に大坂○○ロショウという、ロショウというのは、竹本ロショウという女性の義太夫を語る、女義太夫の語り手なんですけれども非常に当時有名な人だったけれども、そういう大坂で聞くロショウというものを書いて、この3つを、いずれも明治44年ですが一気に来て見ているんじゃなくて、たぶん飛び飛びなんでしょうけど、何度か来てるんでしょうけど、それを実際に大坂で見てこの雑誌に寄稿してるということで、人物ではわからないんですが、非常に東京でもよくお芝居を見てるような人で、なんらかの関心でやはり大坂の芝居を見たいと思って、ここに、こちらにやってきたというような感じでしょうか。 


 いくらしゃべったままとはいえ、我ながらひどいですね(笑)
 誠にお見苦しい代物で、全然活字にできそうもない。

 なので、こういうふうに直していきます。

 実際に、誰かということはよくわからないんです。

 けれども、この「道頓堀千日前ぶらぶらある記」というのは『演芸画報』という戦前の演劇雑誌、現在の『演劇界』につながっていく主要な芝居の雑誌の1つなんですけれども、その明治44年8月号に掲載されているんです。この「道頓堀千日前ぶらぶらある記」以外に、同じ年の9月号に「文楽の半日」という、文楽について書いた記事があります。今日紹介させていただいたのと同じようなレポート系の文章なんです。

 それから、同じ年の11月号に「大阪で聴く呂昇」というものがのっています。呂昇というのは、豊竹呂昇という女義太夫の語り手なんですけれども、当時非常に有名な人だったんです。この3つは、いずれも明治44年ですが、一気に来て見ているんじゃなくて、たぶん飛び飛びに何度か来ているんでしょうけど、実際に大阪で見てこの雑誌に寄稿してるということです。どういう人物かわからないんですが、東京でも非常によくお芝居を見ている人のようで、なんらかの関心でやはり大阪の芝居を見たいと思って、こちらにやってきたという感じでしょうか。


 まだまだ手を入れた方がよい部分もありそうですが、一応こんな感じに直していきます。
 この朱を入れたテープ起こしを出版社に渡して、再度初校を直すのでしょうね。この “ゲラ地獄”、越年して続きそう。

 それでも、自分が話したことが活字になるのはうれしいものです。
 出来上がるのが楽しみです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント