07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

上賀茂神社は、ならの小川の東エリアが渋いかも





奈良神社


 上賀茂神社と下鴨神社 

 このところ、2度ばかり上賀茂神社と下鴨神社に行ったのですね。
 誰もが思うのは、下鴨神社はすごくにぎわっている、ということでしょう。
 
 私は、上賀茂神社を子供時代の通学路とし、そこで遊びもしてきたので、どうしても上賀茂神社に肩入れしてしまうんです(笑)

 確かに、上賀茂神社も、このたび機会があって特別参拝させていただいたのですが、順番待ちするくらい大勢の参拝者が来ておられました。結婚式も、いつもやってる。
 でも、ちょっとすいてるかなぁ……
 やっぱり、交通手段がバスになるというのが、人が少なめの理由? と思ったりもします。


 東エリアが渋くていいかな? 

 上賀茂神社(賀茂別雷神社)は、一の鳥居を入ると両側に広い芝生が拡がっています。
 右手の芝生の東には、ならの小川が流れています。
 石橋があって、渡って行けます。

 ならの小川

 この東エリア(仮称)が、行く人は少ないけれど、なんとなく見どころがあるのでは、と思うのです。
 地図で言うと、赤枠で囲ったところですね(屋外の看板撮影で見づらくて恐縮です)。

 境内図


 なが~い社殿も

 石橋を渡り、鳥居をくぐってすぐにあるのが、摂社・奈良神社。

 奈良神社
  奈良神社

 檜皮葺(ひわだぶき)の美しい流造(ながれづくり)の本殿です。

 奈良神社は、本社の神饌を司る神さまを祭神としていると言います。神饌(しんせん)とは、神さまに供える食べ物のことです。
 そのため、この横にある建物は……

 北神饌所

 北神饌所(庁屋)。重要文化財に指定されています。
 古くは、神饌を調進していた建物です。東西に長く、桁行は13間もあります!
 これだけ長い建物は、あまり見られないでしょう。貴重です。
 今では柵があり近づけないけど、昔はなかったですね。

 このように奈良神社と北神饌所が並んでいます。
 奈良神社の拝殿は、北神饌所にくっつく形になっています。

 北神饌所

 北神饌所は梁間2間なのですが、その北1間分に拝殿が張り付いている感じですね。
 これもおもしろい形で珍しいと思います。

 かつては、他に御水井舎や酒殿などもあったそうで、このあたりは、当社の神饌調進エリアだったわけです。


 校倉もある 

 その南には、こんな建物もあります。

 校倉

 校倉(あぜくら)です。
 正倉院で有名な校倉造になっている蔵です。

 京都で校倉を見られるところも少ないですが、これは江戸時代の校倉です。

 また、北神饌所の北側には、摂社の賀茂山口神社があります。
 南に拝殿があり、北に本殿があります。

 賀茂山口神社拝殿
  賀茂山口神社 拝殿

 賀茂山口神社
  同 本殿

 舞殿ふうの拝殿に流造の本殿という賀茂社らしいスタイルですね。

 この付近には、いにしえには神宮寺もあり、神仏習合時代の様子がうかがえたようです。

 上賀茂神社の社殿は、中心のエリアでも、本殿と権殿を除けば、おおむね寛永5年(1628)造営時のものが残されています。この時期、中世に荒廃していた当社が幕府の援助によって再興されたわけで、江戸時代前期の文化財が拝見できる神社です。
 



 上賀茂神社(賀茂別雷神社)

 所在  京都市北区上賀茂本山
 拝観  境内自由
 交通  市バス「上賀茂神社前」下車、すぐ



 【参考文献】
 『上賀茂のもり・やしろ・まつり』思文閣出版、2006年
 『京都古社寺辞典』吉川弘文館、2010年 
 

スポンサーサイト

コメント

私も上賀茂神社へは数年に一度くらしか参拝しないのは、やはり「ちょっと遠い」という思いがあるからでしょう。

ならの小川や奈良神社の名称の由来とされる楢はコナラ属の落葉樹の総称で、上賀茂神社の楢は何なのか、次に参拝する時に確かめたいと思います。

このように、船越様のブログを拝見していると、今迄何も気付かずに通り過ぎていた場所に注意を向けるようになり、良いガイドとして利用させて頂いています。

上賀茂神社と下鴨神社を象徴する植物と言えばフタバアオイとカツラですが、近年の環境変化でフタバアオイが激減し、現在では葵プロジェクトという人工増殖が試みられているようです。

いつもありがとうございます

ご愛読いただき、ありがとうございます。

どちらの神社さんも社伝が変転するのは常ですので、そのことを歴史的にどう捉えるかは興味深いことです。
いつの時代も、一般の人たちは文献を参照するわけではないので、語り伝えられていることを聞いて、神社なり寺院なりのご由緒を知るのでしょう。こういうことは、文字でないのでなかなかわかりませんが、少しばかりの手掛かりから想像するのも楽しいことです。

また他の神社もめぐってみたいと思います。
非公開コメント