04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

土佐稲荷は、高瀬川畔の土佐藩邸からひっそりした蛸薬師通に移転





土佐稲荷神社


 もとは土佐藩邸内にあった神社 

 河原町蛸薬師というと、昔は北東角に丸善が建っていました。その場所は、現在はカラオケ店スーパージャンカラになっています。
 
 この角を少し東に進むと、ビルの谷間に小さな神社があります。
 土佐稲荷、またの名を岬神社と言います。

 土佐稲荷神社

 伝えるところでは、もとは鴨川の中洲に祀られ、中洲の形から「岬」神社と号された言います。ただし、これは室町時代頃の話になるようです。
 このあたりの町名は備前島町ですから、想像をたくましくすれば、その中洲が備前島と呼ばれていたのかも知れません(※調べてみたら、どうも違うらしいけど……)。

 それはともかく、江戸時代には、備前島町のあたりに土佐藩邸が出来ました。
 旧立誠小学校がある場所です。

 旧立誠小学校
  旧立誠小学校

 『京都史跡事典』に掲げられた江戸後期(文政5年)の藩邸の図を見ると、東は高瀬川に面した広い邸です。
 その敷地の南端に、鳥居を持ち南面した小祠が記されています。これが土佐稲荷とされる社です。
 武家屋敷に稲荷社を祀ることは珍しくありませんし、大坂にあった土佐藩の蔵屋敷にも稲荷社が祀られていました。こちらも、現在、大阪市西区に土佐稲荷神社として存続しています。


 明治維新後、現在地に移転

 明治維新となり、藩邸は廃止。お稲荷さんはしばらく同地にあったようですが、明治44年(1911)、道路拡幅により、現在地に移転したそうです。今の社殿は、大正2年(1913)に出来ました。

 土佐稲荷神社本殿

 現在、この神社を訪れるには、河原町通もしくは木屋町通から、蛸薬師通に入って行きます。
 しかし、真南から参詣することも出来るのです。

 その道が、こちら!

 土佐稲荷前の路地

 いい感じの路地ですね。

 蛸薬師通の1本南に、東西の通りがあります。その通りは、河原町通の佐々浪薬局の角を入って行くのですが、突き当りになっています。
 突き当りからカギの手に曲がる北へ続く路地があり、それを進むと、土佐稲荷に至るのです。
 この路地が、あたかもお稲荷さんの参道のようになっています。


 玉垣の奉納者を見る

 神社の回りは、石の玉垣に囲まれています。

 玉垣

  入口の両角に立っているのは、これです。

  小畑岩次郎の玉垣

 「勇山事/小畑岩次郎」と書かれています。
 伏見の侠客として知られた小畑岩次郎の建てたもので、この人は耳塚(東山区)をはじめ、京都各所の玉垣整備にかかわった人物です。

 小畑の左には、「近江五個之荘/田附甚三郎」と書いてあります。
 五個荘(ごかしょう。滋賀県東近江市)は、近江商人の故地として夙に知られています。私も昨年ぶらっと行ってきました。京都にも、外与とか外市とか五個荘出身の商人が出店を構えていました。この田附も、そのような近江商人のひとりなのでしょう。

 先斗町の玉垣

 先斗町各家の玉垣

 また、先斗町の花街からの奉納も多く見られます。この写真は、先斗町のお茶屋さんのものです。
 先斗町は、この神社の氏子域なのですね。

 先斗町・富永町等の玉垣

 東端の玉垣。
 「先斗町/後藤清治郎」とか「富永町/福亭」などとあります。富永町は、鴨川の向こう、現在の祇園東の花街です。

 「共楽館」という名も見えます。これは、土佐藩邸の跡地に、明治時代にあった料亭だそうです(『京都の学校社会史』)。

 こちらの玉垣は、地域の方たちが建てたものが多そうでした。

 そして、ようやく境内へ。
 土佐藩ということで、坂本龍馬がお迎え。

  坂本龍馬像

 2017年は、龍馬の没後150年。彼と中岡慎太郎が襲われた近江屋は、ここから目と鼻の先、河原町蛸薬師上ル西側です。

  お稲荷さん

 この狐は、もとは明治41年(1908)に建立されたもののようですが、供出でもしたのでしょうか、昭和57年(1982)に再建されたものでした。

 ひっそりした界隈に、土佐藩の名残がありました。




 土佐稲荷 (岬神社)

 所在  京都市中京区備前島町
 拝観  自由
 交通  阪急電車「河原町」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 石田孝喜『京都史跡事典』新人物往来社、1994年
 小林昌代『京都の学校社会史』私家版、2014年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント