06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

数多くの絵馬が奉納された世継地蔵に、庶民の願いをみる





世継地蔵


 富小路通五条下ルの上徳寺

 京都の中心街を北から南へとつなぐ富小路通(とみのこうじどおり)は、五条通に至ると、進路をやや西に振ります。
 そのため、まっすぐでは見えるはずのない京都タワーが、真正面に見えるようになります。

 富小路通

 この不思議な光景に魅かれて通りを進んでいくと、あたりが寺町であることに気付きます。
 このあたりは下寺町(しもてらまち)と言うそうで、三条や四条あたりの寺町通と同様、豊臣秀吉の施策により寺院が集められたそうです。
 お寺のひとつに、上徳寺があります。

 上徳寺山門

 特に変わったところもない門構えですが、門札に “おや”という思いが……

  上徳寺表札

 「世継地蔵 上徳寺」と書いてあります。

 世継(よつぎ)地蔵という文句にひかれて、思わず山内へ。

 上徳寺本堂
  上徳寺 本堂

 本堂を拝し、左奥へ進んでいくと、なんとなく雰囲気が……

 上徳寺山内

 右には手水舎があり、敷いてある石畳みに沿って進んでいくと、お堂があります。


 子を授ける世継地蔵

 世継地蔵
  地蔵堂

 世継地蔵を祀る地蔵堂です。
 明治4年(1871)の建立だそうです。

 礼拝して驚くのは、お堂のまわりに無数の絵馬が懸けられていることです。

 絵馬掛所

 よだれ掛け絵馬

 よだれ掛け絵馬というらしく、赤ちゃんのよだれ掛けとともに奉納されています。
 これは、子を授けてくださいという祈願なのです。
 絵馬自体には、ほおずきの絵が描かれていますね。

 絵馬

 これだけでも、多くの方から信仰されていることが分かります。
 さらに、お堂の上を見てみると、額や古い絵馬が懸けられていました。


 明治時代の絵馬

 こちらは、御詠歌の額です。

 御詠歌額

 「ありがたや めぐみふかきを千代かけて 家の世つぎをまもるみほとけ」と書いてあります。

 御詠歌も、家を継ぐ “お世継ぎ” を願う気持ちが表れています。
 
 そして、古い絵馬も。

 絵馬

 ひとつずつ見ていくと、明治時代の絵馬が多いことが分かります。

 絵馬は、現在では願い事をする際に願文を書いて奉納します。しかし、もともとは願い事が成就した暁に神仏に奉納することが多かったのです。

 絵馬・何某

 これは明治11年(1878)11月に奉納された絵馬ですが、額の上部に「御礼」と記されています。
 このようなことは、絵馬の絵柄を見ていくと、よく理解できます。

 絵馬・奉納者不詳

 時期が不詳ですが、授かった赤ん坊を抱いた夫婦が御礼参りに来ているさまを描いています。

 絵馬・菱田

 これは、明治29年(1896)に菱田菊松が奉納したものですが、こちらも赤ん坊を抱いた夫婦です。

 絵馬・千代女

 明治34年(1901)の絵馬。お堂の前に敷かれた畳に座る幼女。
 絵馬によれば、4歳の千代女という子どもです。これはどういうことでしょうか、誕生し成長した本人が御礼を述べているのでしょうか。
 ちなみに、現在でもお堂の前には祈願する人のために畳が敷いてあります。


 お堂の裏には投入口が…
 
 お堂の裏に回ってみます。
 すると、ポストの口のようなものが開いています。

 投入口

 説明によると、これは地蔵尊の近くに開けられた文入れ口で、所願や謝恩を便箋に書いて、地蔵尊の名を3回唱えて入れるとのことです。
 また、便箋の右にはノートも備え付けてあり、祈願者の切実な思いが綴られていて胸を打ちます。


 かつては、おみくじも

 さらに側面に回ると、ここにはかつておみくじが設置されていたようでした。

 御籤授与

 くじを引く場所の上には、番号ごとにお告げを記した額が掲げられています。
 例えば、大吉(五)には「千代かけて捨てぬ誓ひを頼む人 心の底のあら頼もしや」といった文句が書かれています。

 御籤扁額

 この額は、慶応元年(1865)5月に奉納されたもので、施主は堺屋米とあります。
 私が気になったのは、その左、額縁に書かれた「鈴木りう」という名前でした。

 御籤扁額額縁

 確かに、聞き覚えのある名前。
 これは、建仁寺にある摩利支天・禅居庵に奉納された灯籠や額に刻まれていた名前ではないか……

 その灯籠などは、鈴木りつという七条新地・平居町の女性が奉納したものでした。おそらく鈴木りつは、新地の貸座敷の女将だっただろうと考えていて、それに連なる一族の名前に鈴木りうもあったのです。
 当時私は、りうは、りつの娘ないしは嫁と想像していました。

 しかし、禅居庵の奉納額は明治21年(1888)のもの、灯籠はずっと新しい明治30年(1897)のものでした。
 ということは、当地の額は幕末ですから、りつよりも、りうの方が年上ということになりそうです。
 つまり、りうは、りつの母だったのか?

 ちなみに、この上徳寺のある場所から七条新地・平居町までは、目と鼻の先です。

 以前の記事は、こちら! ⇒ <イノシシの摩利支天堂は、ずっと篤い信仰を集めている>

 最後に意外な人名に出会い驚いたのですが、この世継地蔵、霊験あらたかなお地蔵さまと拝察しました。

 それにしても、子授けのご利益のあるお地蔵さんとは、珍しいのではないでしょうか?
 その理由を考えてみると、お地蔵さんは子供の守護をされる、ということがあります。
 仏典などにはそのようなことは記されていないそうですが、日本では「今昔物語集」のような仏教説話で、お地蔵さんは “小さな僧” に変じて登場されるという話が多いのです。それが変化して、子供と結び付いたとも考えられるようです。

 こういうことがさらに変わっていき、子供を授けてくれる、というご利益になったのかも知れませんね。




 上徳寺 世継地蔵

 所在  京都市下京区富小路通五条下ル本塩竈町
 拝観  自由
 交通  京阪電車「五条」下車、徒歩約5分
 


 【参考文献】
 速水侑『地蔵信仰』塙新書、1975


スポンサーサイト

コメント

絵馬の効用


ご無沙汰しています。Skullcrusher707です。

最近、思うことがあって政治活動にのめり込み、政治的な内容のツイートばかりしていましたが、攻撃的に過ぎたのかアカウントを凍結されてしまいました。

それはさて置き、絵馬の画像が出ていますが、祈る姿を描いた古い絵馬は神社にも寺院にも多く見られるようです。

更に「もともとは願い事が成就した暁に神仏に奉納することが多かったのです」と書かれているように、現住所の産土神を祀る野村春日神社に残る絵馬は、総て雨乞いが叶ったことを記念した感謝の絵馬です。

私が住む枚方丘陵はチャートの小石と花崗岩の風化砂が混じった地質で、此処に水田を拓いた人々が大変な苦労をしたことは想像に難く無く、その後も慢性的に水不足に悩まされたことは、残っている絵馬の年月日で判ります。

そのような雨乞い感謝の絵馬には大抵英雄豪傑が描かれていて、昔の村の子供は絵馬を見て、英雄豪傑の活躍を心に描いたのではないかと想像しています。

ご愛読ありがとうございます

ご愛読いただき、ありがとうございます。

雨乞いの絵馬などは、京都市内では余り見掛けないものですね。やはり、地域それぞれの悩みがあって、絵馬も地域性が出るのでしょうか。
そこに英雄や豪傑の絵が描かれているのも、たいへん面白いと思います。

雨乞いは、村という共同体の祈願と思いますが、世継にせよ病気にせよ、都市部では個人的な祈願が多いようですね。
興味深い問題です。できれば、京都の丹波や丹後などの絵馬も見て回ると、おもしろい結果が出るかも知れません。

非公開コメント