08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】大学のアウトリーチと写真の見方

大学の窓




清水寺


 大学のアウトリーチ活動

 今日は、私の勤務する博物館と、関西のK大学の付属博物館とで連携講座を行いました。

 3回連続の初回は私が担当で、前々回紹介した本山彦一(大阪毎日新聞社長)の新聞事業と考古学のかかわりについて話しました。

 大阪の新聞社は、明治時代から、人気投票のような読者参加型の企画や、紙面とイベントを連動して販売促進する “メディアイベント” を盛んに行ってきました。
 大阪毎日が、明治33年(1900)に行った俳優の人気投票などは、数百万もの票が投じられ、投票用紙は新聞についているので、おそろしいほどの販売促進になったのです。現在のAKB「総選挙」と同じですね! 百年も前からやっていたとは ! !
 そして、毎日がこれをやったら、他紙が “邪道だ” と批判して、論戦になりました。こういう構図も、なんか今っぽいですね。

 もうお分かりのように、現在、朝・毎両紙が主催している高校野球は、このメディアイベントの最も成功した例なのです。

 今日の話は、考古学の発掘もメディアイベント的な側面があったけれども、そのことが考古学への援助につながり、学問の発展にも寄与し、社会にも知識を広めることができた--というものでした。

 本山彦一
 採集旅行中の本山彦一(『松陰本山彦一翁』)

 このような講座は、大学が学外の市民に対して学術を普及するという意味で、いわゆるアウトリーチ活動として捉えられます。

 アウトリーチとは、あまり耳なじみのない言葉かも知れません。

 文部科学省が定義するアウトリーチ活動とは、

国民の研究活動・科学技術への興味や関心を高め、かつ国民との双方向的な対話を通じて国民のニーズを研究者が共有するため、研究者自身が国民一般に対して行う双方向的なコミュニケーション活動を指します。

 とされています。

 まあ、国もこんな文章を書いているうちは、「国民一般」とコミュニケーション出来ないだろうという話は別として……
 多くの方々に、大学で研究されている学問内容を分かりやすく伝えることは、とてもよいことですね。

 先日のノーベル医学・生理学賞でも、大隅良典氏の「オートファジー」が、何のことやらよく分からなかったですからね、解説を聞くまでは(聞いても分からん、という話もありますが……)。


 秋学期の授業、はじまる

 そんななか、非常勤でうかがっている京都の上京大学(仮称)の秋学期も始まりました。
 私は、1回生の演習科目を指導しています。2つのグループがあって、「写真」と「繁華街」をそれぞれテーマにしています。

 先週は、秋の初回だったのですが、夏休みの様子を聞いてみました。
 各自、問題意識を持って調査してもらったようです。

 やはり、写真の研究は難しそうですね。
 1枚の写真を前にして、どう分析していったらよいのか困るでしょう。

 学生に心掛けてほしい写真の見方は、まず、

 “5W1Hを考える”
 
 というものです。

 5W1Hとは、

 ・いつ(when)
 ・どこで(where)
 ・だれが(who)
 ・なにを(what)
 ・なぜ(why)
 ・どのように(how)

 ですね。

 新聞記事の書き方の基本事項などで、よく目にします。

 写真を見る際にも、5W1Hを意識すると、うまくいきます。

 ・いつ撮影されたのか?(撮影時期)
 ・どこで撮影したのか?(撮影場所)
 ・だれが撮影したのか?(撮影者)
 ・なにを撮影したのか?(被写体)
 ・なぜ撮影したのか?(撮影目的)
 ・どのように撮影したのか?(レンズ、フィルム、露出、アングル等)

 これらひとつひとつを調べて確定させ、さらにその関係を考えていきます。
 そうすることで、“この写真は何なのか” ということが分かって来るはずです。

四条大橋

 例えば、このような写真。

 まず、どこか?
 これは比較的簡単に分かるでしょうか。

 大きな川が写っているから……
 そうです、四条大橋ですね。

 では、いつか?
 判定するには、景観年代といって、写っているもの、あるいは「写っていないもの」から判断する方法があります。
 遠景に山並みがあり、これは東山でしょう。つまり、西から東を向いて撮影しています。
 すると、橋の向こうには、現在なら南座(南側)と菊水ビル(北側)があるはずです。でも、菊水ビルは明らかにありませんね。
 菊水ビルは、昭和2年(1927)竣工ですから、それより古い写真ということになります。
 こういうふうに、範囲を狭めていきます。

 あと、季節を判定する、撮影時刻を判定する、ということもできますか?

 人物の服装や、影の方向、長さを見てみてください。

 こんな具合に、5W1Hをひとつずつ調べていって、この写真がどういった写真なのかを明らかにするわけです。
 
 ちなみに、上の写真は、大正4年(1915)に京都市が発行した『新撰京都名勝誌』掲載の「四条大橋」という写真でした。
 写真の四条大橋は、大正2年(1913)3月に完成したもので、架橋されてまだ新しいもの。なんとなく綺麗に写っているのも納得できます。

 同じ場所を撮影した他の写真と比べてみると、もっといろいろなことが分かって来るでしょう。

 来週の授業では、こんなことを学生に話そうかな、と思ったりするのでした。




 【参考文献】
 『新撰京都名勝誌』京都市役所、1913年
 『松陰本山彦一翁』大阪毎日新聞社ほか、1937年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント