FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】夏休み、職場に大学生を迎えて

大学の窓




フィルム



 博物館実習で映像フィルムを語る

 世間は、お盆、夏休みというのに、ここのところそれなりに忙しくしています。
 ちょっとした仕事が入ったせいもありますが、盆明けには例年、職場の博物館で、大学生の実習を受け入れるためです。
 教員実習の博物館版と思っていただければよいでしょう。
 学芸員の資格を取るためには、大学で所定の単位を取得し、この博物館実習(館園実習)を行わなければならないのです。

 もっとも、なかなか本物の仕事をやってもらうわけにもいかないので、博物館資料を触ってもらったり、展示作業のまねごとをやってもらったり、保存処理の現場を見に行ったり、まぁ、1週間、博物館でお勉強してもらう、というものです。

 私は、自分の授業も担当するのですが、今年は全体のお世話役もやっているので、毎日学生に「○○してくださ~い」みたいな感じですね。出席を取ったり、引率したり。

 それで、今日は自分の授業がある日です。
 昨日、配布資料も作りました。内容は何かというと、私は近現代史担当なので≪博物館の近代資料≫がテーマになりますが、今回は<映像フィルム>に絞ったお話です。
 いわゆる8ミリフィルムとか16ミリフィルムとかいう、懐かしいやつですね。いまふうに言うと、動画です。

 フィルム缶

 博物館で扱う昔の映像フィルムというと、およそ昭和初期から高度成長期頃のものでしょうか。大正より古いものが出てきたら、これはちょっと貴重。なぜなら、その時期には一般市民に映像フィルムが普及していなかった時期ですから、そのフィルムは撮影所でキチンと撮った映画作品である可能性が高いからです。

 ところが、昭和に入ると、一般市民もカメラを手にすることが可能になり、動画を撮影するようになります。

 映像フィルムのサイズは、主に、8mm、9.5mm、16mm、35mm、70mmがあります。
 映画館で見る映画のフィルムは、35mmです(特殊なケースで70mm)。
 学校でかつて使った教育映画などは、少し落ちて、16mmです。
 戦後、お父さんたちが盛んに撮った一般用が、8mmです。8mmは、昭和初期からあり、コダックなどはカラーフィルムも出していました。また、16mmを一般の人が撮るケースもあったのです。


 変わったサイズ、9.5mmフィルム

 みなさんご存知ないのは、9.5mmでしょうか。
 フランスのパテ社が主に流通させていたサイズです(ちなみに「パテ」は人名です)。

 日本でお馴染みのパテといえば、家庭用の存在で、出来合いの娯楽フィルム(いわば映像ソフト)を買ってきて、小型映写機で家のふすまに映写する、みたいなイメージです。もちろん、生フィルムを買って自分で撮影することもできました。カメラも小さくて、だいたい15cm角ほどのボックス型のカメラですね。「パテ・ベビー」という商品です。

 9.5mmフィルムの見た目の特徴は、フィルムをコマ送りする穴(パーフォレーション)がフィルム中央にドーンと開いている、というもの(他のサイズのパーフォレーションはフィルムの端にあります)。
 あと、パテ社のマークはニワトリ(雄鶏)なので、フィルムの缶などにニワトリマークが付いていたら、9.5mmですね。もしかすると、ルコック社かも知れませんが(笑)

 そんな感じで、私の職場のフィルムにも、8mm、9.5mm、16mmがあり、一般の人が撮影した映像が記録されています。
 旅行とか家族とかを撮ったものが多くて、事件事故を扱ったニュース映画とは趣を異にします。当たり前のように、プライベートな映像が多いのですね。旅館で仲居さんを侍らせてお酒を飲んでいる映像とか…(笑)

 フィルム

 こんな私的映像が、どういう価値を持つのか? 実のところ私もまだ考え中なのです。
 一昨年(平成26年度)、記録映画保存センターが行った調査によると、全国341の博物館、美術館、公文書館、視聴覚ライブラリー等に、約16万本の映像フィルムが所蔵されていることが分かりました。

 16万本!

 その中心は、戦後の高度成長期に撮影されたフィルムのようですが、この数は想像を超えています。
 これは博物館やアーカイブ的な公的施設に残されている数ですから、他の官公庁や民間の会社、さらには放送局などに残っているものを調べたら、どんな数になるのか? そして、個人の家庭には!

 古い映像フィルムについて、どのように調査し、保存し、活用するかは、私たち博物館関係者にとっては、今後の大きな課題です。
 おそらく、私たちの次の世代、つまり今日来ている大学生たちの世代が真剣に取り組むことになるだろう。そんな予感がしています。

 授業が終わって。
 やはり、いまの大学生は、ほとんど8mmフィルムの存在を知らないようでした。
 昭和は遠くなりにけり、ですね。




 【参考文献】
 「全国文化施設・映画フィルム所蔵調査」(記録映画保存センター ウェブサイト)


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント