05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

ご愛読ありがとうございます - ブログ4周年 - 

その他




賀茂川


 記事は480本に

 いつもご愛読いただき、ありがとうございます。
 おかげさまで、≪京都発! ふらっとトラベル研究所≫ も、スタートから4年を迎えることになりました。
 掲載してきた記事は、480本に上ります。

 ここまで続けて来られたのも、ひとえにご愛読くださる皆さんのおかげです。
 改めて御礼申し上げます。


 裃を脱いで書いてみた

 私は長い間、歴史学を勉強してきて、大学入学から数えると、すでに30年余りになります。
 そのうち、20数年にわたって、それを生業(なりわい)にしてきました。
 それも、研究機関ではなくて、社会との接触が濃密な博物館という場所でずっとやってきました。また、独立した個人としての活動よりも、組織人として生きるという色彩が強かったと思います。

 けれども、少し組織から離れて、あるいは研究者という裃(かみしも)を脱いで、一個人として表現を行ってみたらどうだろうか--そんな思いから、このブログは誕生しました。
 そのため、このブログで書かれていることのほとんどは、仕事とは切り離された “オフ” の自分から生み出されてきたものです。もちろん、誤解のないように付け加えれば、オンの自分とオフの自分は一体ですから、仕事で培った知見・経験がこのブログに活かされていることは言うまでもありません。

 つまり、ここに記されていることは、いわゆるメイン・ストリームとは全く関係のないところで、ごく個人的な関心に基づいて展開されているということ。
 そういったことから、1本1本の記事は「歴史」にまつわる話題を取り上げているのですが、少々異色の記事が多いのかも知れません。それが皆さんの関心に合致するのか、ちょっと分かり兼ねるのですが……


 5年目に向けて

 先日のように、テレビ番組で「明智風呂」とか「元三大師」が取り上げられたりすると、このブログのアクセス数が急上昇します。まずはググってみるというインターネット時代らしい現象ですが、場合によっては大勢の方々が当ブログを閲覧いただくということが分かります。
 そう思うと、もっと気合を入れて記事を書かないとなぁ、なんて、ちょっとプレッシャーになったりもします(笑)

 別の面からみると、1本1本はつまらない記事ではあるけれど、480本も蓄積されると、一定の意味を持ってくるということでしょう。本当は、きっちりとした京都に関するウェブサイトを作るべきなのでしょうが、いろんな意味で厳しいので、しばらくはこのブログを続けていきたいと思います。

 これからも ≪京都発! ふらっとトラベル研究所≫ のご愛読をよろしくお願い申し上げます。


 賀茂川


スポンサーサイト

コメント

4周年に敬意を表します。

ブログ4周年の節目を迎えられたことに敬意を表し、更なるご活躍をお祈り申し上げます。

愈々猛暑の季節となり、京阪電車の各駅から現在開催中の「今日の七夕」の堀川会場まで歩くだけでも消耗するので、船越様が度々紹介されている烏丸通以西の街並散策は毎日行わず、バスも利用しています。

初日の6日は夕立後の曇り空だったので二条通を歩きましたが、二条通にもブログで紹介されている食い違いの交差点が幾つもあって興味深く通過しましたが、これらの交差点も船越様のブログを読んでいなければ、ほとんど意識せずに通り過ぎたと思います。

そして、七夕茶屋の前の石段に腰掛け、芸舞妓の演舞開始を待っていますが、其処から見える堀川第一橋は船越様がブログで紹介されたように実に趣のある建造物ですね。

船越様の現地へ行かれて書かれる記事は誠に興味深いですが、暫く猛暑が続きそうな気配なので、重々にご自愛されますよう、お祈り申し上げます。

ありがとうございます

 ご愛読いただき、ありがとうございます。

 毎日猛暑が続き、この時期は町歩きをするのは、なかなか難しそうですね。
 お盆となってさまざまな行事もありますが、熱中症などお気を付けください。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。
非公開コメント