09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

御所の日御門を移築した南禅寺勅使門は、蟇股の細工が見どころ

洛東




南禅寺勅使門


 開かない門

 みなさんは、南禅寺に入るとき、どの門から入るでしょうか?
 ふつうは中門ですよね。

南禅寺勅使門

 この右側の門です。
 写真をよく見ると、左にも門がありますね。これが今回取り上げる勅使門です。

南禅寺勅使門

 湯豆腐店などがある参道を歩き、中門に近づくと、左手に近年改築された南禅寺会館と駐車場があります。かまわず駐車場の中に入って東を見ると、この光景になります。奥に、勅使門が見えています。
 石橋が架かっていて、その左右は池なのです。

南禅寺勅使門

 この蓮池、「拳龍池」といいます。
 京都の主な禅寺では、ふつう勅使門・総門と大きな三門の間に池があります。ところが、南禅寺では勅使門・中門の手前に池があります。理由はよく分かりませんが、これは変わっていますね。もしかすると、南禅寺の惣門は、ここから西方(現在は500m以上西)にあるので、ここが惣門と三門の間ということなのでしょうか……

 このあたりまでは、一般の観光客は来られません。確かに、勅使門は閉ざされていて通れないため、誰も来ないのでしょう。しかし、重要文化財に指定されている格調高い門なのです。


 御所の門を移築

 別の回で、御所の門を移築した大徳寺勅使門について紹介しました。
 
 記事は、こちら! ⇒ <御所の門を移築した大徳寺勅使門は、桃山の彫刻が美しい>

 天正19年(1591)以降、幕末まで9回造替された御所ですが、天正19年、慶長18年(1613)、寛永19年(1642)は火災による建て替えではなかったため、旧建物が各所に下賜されました。
 南禅寺の勅使門は、慶長18年に造られた御所の日御門(ひのごもん)が、寛永18年(1641)に下賜されたものです。

南禅寺勅使門
  南禅寺勅使門(重文)

 このことについては、記録的にも明らかで、たとえば勅使門の棟札には次のように記されています。

 「禁中日御門拝領 寛永第十八歳舎 辛己 九月如意珠日建立 住持比丘元良誌焉」

 棟札の「元良」とは、南禅寺274世、塔頭・金地院の最岳元良のこと。彼が記した「金地目録」にも、京都所司代・板倉重宗らに仲立ちを依頼し、御所の門を拝領したことが書き留められています。
 
 日御門は、内裏を囲む築地塀に東向きに開く門で、幕末の安政の造営以降は「建春門」と呼ばれています。かつては切妻造の四脚門でしたが、寛政の造営からは切妻の屋根に軒唐破風を付けた華麗な門になりました。

 現在の建春門は、安政2年(1855)竣工です。大きな軒唐破風が付いています。

京都御所建春門
  京都御所の建春門


 細かい彫刻に注目!

 南禅寺の勅使門は、慶長18年築というだけあって、桃山時代の建築らしい華やかな装飾が施されています。

南禅寺勅使門

 まず、ちょっと驚くのは頭貫の木鼻です。

南禅寺勅使門

 おそらくは、渦を巻く二つの牡丹が刻まれており、上部には小さな蕾もあります。類例では、二条城二の丸御殿の唐門にも同様の牡丹文があり、桃山時代らしい意匠です。ある種モダンな斬新さをたたえていて、現代にも通用するようなデザイン感覚です。

 妻飾を見てみましょう。

南禅寺勅使門

 蔐懸魚(かぶらげぎょ)ですが、左右に延びたヒレはやはり牡丹文のようです。なかなか均整が取れていて美しいですね。蔐懸魚もまた桃山時代の特徴を表しています。

南禅寺勅使門

 大瓶束(たいへいづか)。下端の結綿が意匠的になっており、これも二条城の唐門と類似しています。

南禅寺勅使門

 飾金具には菊文を押していて、御所らしく煌びやかです。


 蟇股は動物で満載!!

 次に、見どころである蟇股(かえるまた)。見上げると、こんな感じになっています。

南禅寺勅使門

南禅寺勅使門

 これは、冠木上の中央にある龍の彫物。躍動感のある、なかなかの力作です。この門の蟇股の中でも頭抜けています。

 繋虹梁の蟇股にも彫刻があります。

南禅寺勅使門

南禅寺勅使門

 上は孔雀。下は、鳥の種類は分かりかねるのですが、ひな鳥に餌をやっているところ。背景は牡丹文です。しかし、この鳥、クジャクなのかキジなのかハトなのか、むずかしいですねぇ。尾も長いし、右の羽根を拡げた孔雀と対だと考えれば、これは雌の孔雀かな?
 龍に比べると、かなり写実で劣っていて物足りません。

南禅寺勅使門

南禅寺勅使門

 これは、ともに麒麟。頭が大きめで、やや拙い感じにも……
 桃山から江戸時代にもなると、彫刻もあらゆる意匠で彫ってきます。ちなみに、各蟇股の見返し(裏面)は別の意匠になっていて、表裏で二度楽しめます。

 南禅寺というと、“絶景かなぁ”で有名な三門に注目が集まるのですが、ぜひ勅使門にも足を運んでみて、細かい彫刻に目をこらしてみてください。


南禅寺勅使門




 南禅寺 勅使門(重文)

 *所在 京都市左京区南禅寺福地町
 *拝観 境内自由 (三門・方丈等は有料)
 *交通 地下鉄蹴上駅下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 『重要文化財南禅寺三門並びに勅使門修理工事報告書』京都府教育委員会、1982年
 天沼俊一『日本建築細部変遷小図録』星野書店、1944年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント