04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

不明門通の北の続き、車屋町通を歩いてみると……





亀末廣の塀


 “不明門通を歩く” の続編

 烏丸通の1本東を走る通り、不明門通(あけずどおり、あけずのもんどおり)については、先日レポートしました。

 不明門通は、京都駅前から北に向かって伸び、五条通を越えて松原通の北、因幡堂に突き当たって行き止まりでした(実際には路地のような道が続くのですが)。

 平安京の昔に造営された京都の街路は、豊臣秀吉の時代に改造されました。碁盤目状の街区をタテに二等分して、短冊状に変えたのです。街区を “カット” する際に、新たな通りがたくさん造られました。
 不明門通のような通りがそれですが、市街の中心部は “カット” されていません。有力な町人たちが住む鉾町(祇園祭に山や鉾[ほこ]を出す町)があったため、その部分は避けられたということなのでしょう。

 ということで、不明門通も、松原通で一旦突き当たり。そして、中心部を飛び越えて、姉小路(あねやこうじ)通から “再開” しているのでした。

  東洞院町名板

 姉小路通は、御池通と三条通の間にある東西の通りです。
 上の町名板は「姉小路通東洞院」に付けられているもの。ここを西へ入ると、再開する通りがあります。

 亀末広

 西へ歩き出すと、柚味噌の店、茶道具の店などがあり、こんな古い店構えの和菓子店もあります。
 亀末廣。
 “四畳半”とも称される「京のよすが」などで知られる老舗です。

  亀末広の暖簾

 この場所は、現在工事中の新風館の北側に当たります。


 姉小路通から始まる車屋町通

 亀末廣の西角から、北に向かって伸びる新しい道が始まります。

 車屋町通の南端

 これが今回の主人公・車屋町通(くるまやちょうどおり)です。

 通りの名でもあり、また亀末廣のあるところは車屋町という町でもあります。
 いかにも車と関係しそうな名前ですが、古くは車輪製造の人たちが居住したり、輸送業者・車借(しゃしゃく)がいたところなどと伝えられています。

車屋町通町名板

 町名板を見てみると、「車屋通」となっていますね。1文字省略でしょうか?

 『京都の大路小路』によると、車屋町通の1本東にある東洞院(ひがしのとういん)通は、竹田街道とつながる重要な街路だったそうです。
 竹田街道は、現在では京都駅の南側(アバンティの東)から南に伸びる道路で、京都南郊へ通じています。
 明治以降は京都駅ができて分断されたのですが、かつては東洞院通と連続していたのでした。

 このような重要街路、つまり車の往来が激しい街路のそばであったため、車の商売が集まったということなのです。

 なるほど。
 そう思うと、今でも東洞院通の交通量の多さが何となく理解できるような気がしますね(笑)


 御池通を渡って北へ

 姉小路通から始まった車屋町通。
 歩き始めると、すぐに御池通に至ります。

 御池通

 見ての通り、横断不可能ですので、1本西の烏丸通から渡ります。

 車屋町通御池上ル

 御池通を上がったあたり。
 これは普通の街路だなぁ、という印象です。

 それでも、京都らしく史跡は多いようで……

 石田梅岩講舎旧跡

 この小さな石碑は、「此付近 石田梅岩講舎跡」と書いてあり、石門心学(せきもんしんがく)を始めた石田梅岩の心学講舎があったことを示しています。ここは彼の自宅があった場所のようですね。

 まったく個人的な趣味なのですが、私は余り「跡」だけ残る史跡には関心が湧かなくて、どうしてもリアルに残っているものに魅かれてしまいます。
 それでここでは、碑の左側にあるこの建物に目が行くのでした。

 梅岩旧跡横の建築

 外壁はモルタルで、2階の窓枠は木製みたい。
 右端に直接2階に上がれる階段が付いています。1階と2階を別々に使えますね。
 かつては何かの事務所でも入っていたのでしょうか。
 戦後の建築だと思いますが、ちょっとモダンで気になりますね。


 老舗の蕎麦店も

 御池通の次は、押小路通。その上に、老舗の蕎麦店・本家尾張屋があります。

 本家尾張屋

 こちらは、16代、550余年の伝統があるとか。
 暖簾は「宝」ですが、名物はわりごそばの「宝来そば」です。
 出て来るお客さんも、ちょっと紳士風ですけれど、同僚によるとお値段もリーズナブルでふつうに使えるとか。

 私はどうも「花よりだんご」の逆と言いますか、あまり食べ物に頓着しない方で、どうしてもこういう店に入りそびれるのですね。
 みなさん、ぜひご賞味ください!

 本家尾張屋

 こんな老舗もある車屋町通。
 まだまだ、おもしろそうなところもあるので、このつづきは次回に。


 (この項、つづく)




 車屋町通

 所在  京都市中京区車屋町通姉小路東入る梅屋町ほか
 見学  自由
 交通  地下鉄「烏丸御池」下車、徒歩約3分



 【参考文献】
 『京都の大路小路』小学館、2003年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント