05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

禅宗建築の宝庫・東福寺から、今回は偃月橋をクローズアップしてみた

洛東




偃月橋


 深い谷・洗玉澗に架かる3つの橋廊

 今週は、少し案内する必要があって東福寺を訪れる予定です。
 東福寺は何度も行っているお寺、大好きなお寺のひとつですが、やはり人を案内するとなると、改めて下見をしないと気が済みません。
 それで、土曜日の午後、ぶらっと散歩してきました。

 仏殿
  東福寺 仏殿

 東福寺へは、JR、または京阪の東福寺駅から訪れる方が多いでしょう。この駅は、お寺の北にあります。
 いくつかの古びた門を見、多くの塔頭の間を抜けて歩いて行くと、谷間に架かった臥雲橋(がうんきょう)に至ります。この谷を洗玉澗(せんぎょくかん)と称しています。
 臥雲橋の上流を眺めると、有名な通天橋が架かっており、紅葉が美しく望めます。

 通天橋
  青もみじの通天橋

 もみじの美しさに目を奪われるのですが、下を見ると、この渓谷の深さに驚かされます。
 この川は、三ノ橋川と言い、稲荷山に発して西流し、鴨川に注いでいます。
 「花洛名勝図会」(1864年)の観楓の図を見ても、谷の深さがうかがえます。

 「花洛名勝図会」 「花洛名勝図会」より「通天橋観楓」

 この渓谷には、3つの橋廊が架かっています。下流から、臥雲橋、通天橋、偃月橋です。

 どれも素晴らしい名前ですが、「臥雲」は雲の中に横たわるという意味で、「隠居して仙道に志すこと」(『日本国語大辞典』)を言います。まったく禅寺にふさわしい橋ですね。
 「通天」は、天に通じるということ、それほど空高く架かっているという意味ですね。深い谷に架けられた橋にぴったりの名前です。
 そして「偃月(えんげつ)」。偃は伏すという字義で、偃月は半月を指します。


 偃月橋の棟札

 偃月橋
  偃月橋(重要文化財)

 屋根の付いた3つの橋廊のうち、最も上流にある偃月橋(えんげつきょう)。
 山内の端にあり、重森三玲の庭がある方丈の裏手、龍吟庵と即宗院に行く手前に架かっています。

 こう見ると、なんでもない橋のように思えます。
 しかし、実際は重要文化財に指定されている建築で、慶長3年(1603)に造られました。

 偃月橋と龍吟庵
  奥に龍吟庵方丈(国宝)が見える

 シンプルな印象です。
 桁行は11間。「偃月」の額が掲げられています。

 偃月橋(龍吟庵側)
  龍吟庵側から見る

 振り返っても、同じ風情。

 中程の棟木に棟札が打ってあります。

 棟札

 拡大写真。

 棟札拡大

 左の行に「旹(時)慶長第八癸夘年十月日」とあって、慶長8年(1603)再造と示しています。

 修理をした大正15年(1926)の棟札(写真右)や、平成13年(2001)の棟札(左)も打たれています。

 修理棟札

 なにげなく渡ってしまう偃月橋ですが、400年も前の桃山時代の建造とは、驚きです。

 ちなみに、臥雲橋は江戸後期(弘化4年=1847年)のもので、府指定の文化財。
 通天橋は、戦後の昭和34年(1959)、台風で落橋し、その2年後に架橋された新しい橋なのだそうです。




 東福寺 偃月橋(重要文化財)

 所在  京都市東山区本町
 拝観  自由
 交通  JR・京阪「東福寺」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 『大本山 東福寺』東福寺、2010年
 『京都府文化財総合目録 平成18年版』京都文化財団、2006年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント