FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘法大師が開いた綜藝種智院は、その跡をひっそりと留めている





西福寺


 京都駅から東寺へ行く途中に

 先日、所用があって東寺に行きました。

 いつも、JR京都駅から歩いて行きます。
 今日も、京都駅の八条口(南口)を西に進み、油小路通を渡りました。イオンモールの向い側の森は、伏見稲荷大社の御旅所です。その北側の小道を進むと、すぐに近鉄電車の高架があります。

 高架をくぐったところに、こんなお堂があります。

 西福寺

 なんの変哲もない小さなお堂で、蟇股や大瓶束(下の写真)を見ても、そう古くはない、近代の建物だと思えました。

 西福寺

 寺名を見ると、西福寺とあります。
 浄土宗のお寺のようで、標柱に「安産石薬師如来」と記されています。

 西福寺

 地域の人たちに安産の仏さまとして信心されてきたのでしょう。
 ただ気になるのは、この碑に「弘法大師御自作」と書かれていることです。昭和12年(1937)の石標とは言え、なぜかなと思いますよね。


 綜藝種智院の故地

 実は、この場所は弘法大師(空海)にゆかりの深いところだったのです。
 
 西福寺

 見えづらいのですが、別の石標に「綜藝種智院蹟」と刻まれています。

 綜藝種智院(しゅげいしゅちいん)。
 日本史の教科書に登場する名辞ですね。
 空海が開いた学校で、天長5年(828)に設立されました。仏教をはじめ、儒教などさまざまな学問を綜合的に学ぶ私立学校として生まれました。
 貴族だけでなく、ひろく庶民にも門戸を開いたことが、その特徴とされています。
 
 用地は、前中納言・藤原三守の邸宅を寄付してもらったもので、空海が賜った東寺の東方です。実際には、この場所よりも少し南にあったとされています。
 『京都市の地名』は、南区西九条春日町・蔵王町の一部がそれに当たる、としています。『平安京提要』を見ると、左京九条二坊十一町および十四町の2区画にあった、と記されています。十四町の大部分は、現在、市立九条弘道小学校になっており、その西隣の十一町は油小路通の西から近鉄線路の西側までになります。
 かなり広いエリアだったようです。


 綜藝種智院から種智院大学へ

 綜藝種智院は、空海が没し、三守も亡くなったのち、廃止されてしまいます。創立から僅か20年ほどでした。

 しかし、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、いま「種智院大学」という大学がありますよね。
 どう考えても、空海の学校と無関係ではなさそうですが、現在のキャンパスは京都市伏見区向島にあります。

 同大学のウェブサイトを見ると、確かに空海が創設した綜藝種智院を起源とする、と書かれています。
 もっとも、近代の大学が1200年前の学校と直接つながっているのではありません。

 明治維新後、真言宗でもさまざまな学校が設立されます。明治14年(1881)、雲照律師によって真言僧の養成機関・総黌(そうこう)が開校されました。
 その場所は、東寺北大門の北、現在、洛南高校があるところです。

 洛南高校
  総黌があった現・洛南高校

 ここは、もと宝菩提院(東寺の子院)があった場所でした。門が、それらしいですね。

 総黌は、大正6年(1917)には、真言宗京都大学となりました(のち京都専門学校と改称)。
 これが戦後、4年制大学の種智院大学になったのです。
 伏見区に移転したのは1999年ですから、割と最近のことですが、ここにあった時代のことは私もよく知りません。

 空海の綜藝種智院にかける思いは、「綜藝種智院式」などを読むと大変高邁であったようですが、長続きしなかったのは残念です。


  洛南高校




 綜藝種智院跡(西福寺)

 所在  京都市南区池ノ内町
 拝観  外観自由
 交通  JR「京都」下車、徒歩約15分



 【参考文献】
 『日本歴史地名大系 京都市の地名』平凡社、1979年
 『平安京提要』角川書店、1994年
 『日本古典文学大系 三教指帰 性霊集』岩波書店、1965年
 阿部貴子「明治期における真言宗の教育カリキュラム」(「現代密教」24号、2013年 所収)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。