05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【新聞から】“京都丹波高原”が国定公園指定へ





美山


 観光ルート、利用調整 準備急ピッチ
 京都丹波高原国定公園
 京都 2016年3月3日付


 「京都丹波高原国定公園」が新たに指定されることが、2016年2月23日、答申されました。
 それをうけて、京都新聞では、指定後に向けての課題整理が行われています。

 今回、国定公園になる地域は、南北に長い京都府の真ん中あたり。
 日本海にそそぐ由良川水系と太平洋側に向かう桂川水系の分水嶺にあたる地域です。緑豊かな山間部で、芦生の原生林や八丁平湿原など特徴的な自然が残されています。
 山村で暮らす人々の生活、文化も維持され、美山の茅葺き民家群や、久多の花笠踊りなどが伝えられてきました。

 公園の範囲は、南丹市美山町を中心とし、綾部市や京丹波町の一部、および現在では京都市内になりますが、右京区京北(旧京北町)や左京区の久多、花背、広河原などの約6万9000ヘクタールです。

 いつもの話で恐縮ですが、私の父祖の出身はこの付近の旧船井郡日吉町(現・南丹市)です。残念ながら、その場所は今回の指定範囲には入っていないのですが、ずっと以前から近くにゴルフ場なども開発されていましたので、致し方ないですね。
 いずれにせよ、この分水嶺の地域にゆかりと関心のある私としては、今回の国定公園指定は慶賀すべきことだと思われます。

 もちろん、京都新聞に書かれているように、不安な点もいろいろとあります。
 例えば、私も先月訪れた際に経験したのですが、アクセスがよくないのです。
 美山の茅葺きの里方面に向かうには、JR山陰線の最寄り駅(園部や日吉)から1時間ほどバスに揺られる必要があります。私は日吉駅から行ったのですが、バスの本数が少ない上に、途中で乗換え! するというアクセスです。個人的には、たまに行くのだから不便だとは思わないのですが、観光振興の面からみれば課題になるのかも知れません。

 また、熊野古道が世界遺産になった後にも問題になった観光過多によるオーバーユースの問題。記事にも指摘されているように、自然環境の保護と利用のバランスをどう取るのか、とても難しい問題です。
 その絡みで、どのように観光客に楽しんでもらうかも課題。
 森の京都美山推進会議では、(1)回遊システムづくり、(2)宿泊商品づくり、(3)道の駅づくり、(4)ビジターセンターの各部会で、観光メニューを検討しているそうです。

 先日訪問した折に思ったことがあるのです。
 JR園部駅を列車が出て、次の小さな駅に停車しました。誰ひとり降りない「船岡」という無人駅。車窓から景色を見ると、実にナチュラルな自然の景観が広がっていました。それを見た私は、“茅葺き民家を見に行くより、ここで降りて歩いた方がおもしろそう” と直感的に思ったのです。
 調べてみると、この駅は1日の乗降客数も50人位らしい。ほとんど地元の人しか利用していない、というか地元の人も余り利用していない。こういう駅を基点に、地形図を片手に歩いてみると、実に愉しい旅が出来そうです。
 以前、和知(わち。もう少し北の方)で、地図を見ながらぶらりと歩いたことがありましたが、とてもおもしろかったですよね。確か、鹿が出てきたような記憶も……
 
 観光開発はもちろん大事だけれど、訪れる私たちは、もっと自由に、自分なりの旅を創り出せればいいですね。
 

  美山の銀杏


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント