05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

本法寺の石灯籠は、享保年間に建てられた手の込んだ品





本法寺石灯籠


 気になるお寺、本法寺

 どなたにも、気になるお寺、神社というものがあるのではないかと思います。
 私の場合、なんとなく訪れて、なんということもないけれど、気に掛かってしまう、そういうところがありますね、いくつか。

 本法寺は、そのひとつ。

 小川通寺之内上ル(上京区)にある、日蓮宗の寺院。
 裏千家の向い。

 本法寺
  本法寺

 寺之内は、その名の通り寺町で、秀吉時代に形成されました。本法寺も、そのときより現在地にあります。
 以前、庭のことで書きましたね。

 記事は、こちら! ⇒ <本阿弥光悦の作庭という本法寺「巴の庭」は、なかなか巴が探せない難解さ>

 庭もおもしろいんですけれど、やはり伽藍が何とも言えないのですね。

 「都名所図会」より「本法寺」
  「都名所図会」より「本法寺」

 日蓮宗の寺院によくある、真ん中の広いスペースに向かって本堂や開山堂(祖師堂)や多宝塔が建っている伽藍配置。
 いつ行っても、ひっそり閑としていて、いい感じです。

 堂宇は、天明の大火(1788年)後に再建されたものが多く、府指定になっていたりします。この多宝塔も見事ですね。

  本法寺多宝塔 多宝塔

 多宝塔の左側(北)に、立派な松があります。

 本法寺 叡昌松

 石標には「叡昌松」と書いてあります。本法寺の山号が叡昌山なので、それから取っているのでしょう。
 松の樹下を見ると、石灯籠がひとつ建っているのが見えませんか?

 これですね。

  本法寺石灯籠

 なかなか立派な石灯籠です。「常夜灯」と刻んでありますね。


 名所図会に登場する石灯籠

 ところで、この石灯籠、「都名所図会」に描かれているのではないでしょうか?

 「都名所図会」より「本法寺」

 多宝塔があり、手水舎があって、その右。
 ぽつんと石灯籠があるでしょう。これじゃないでしょうか?
 松はないけれど、位置はここですよね。

 超拡大図。

  「都名所図会」より「本法寺」
  本法寺石灯籠

 同じ角度から撮ってないのが残念なのですが……
 
 「都名所図会」では、屋根が入母屋造になっています。実物も入母屋造です。

  本法寺石灯籠

 懸魚(げぎょ)なども彫られていて、実に細かいのです。
 側面も。

 本法寺石灯籠

 組物もきっちり造られていて、さながら寺院建築のようですね。


 享保年間に奉納された

 奉納された年も分かります。

 本法寺石灯籠

 「享保四年 己亥 正月吉日/清水氏正長」と刻されています。
 享保4年は、1719年。徳川吉宗の享保の改革の時代ですね。今から300年も昔です。
 
 「都名所図会」は、安永9年、1780年の刊行ですから、この灯籠が描かれていてもおかしくはありません。
 
 そして、名所図会から8年後に天明の大火が起こったわけですから、描かれた建物の多くは焼亡してしまい、石製の灯籠は難を逃れたというわけです。

 ちなみに、現在、石灯籠の南側に手水鉢が残っています。

 本法寺

 なかなか結構な品なのですが、文化13年(1816)のものなので、大火より後のものになります。

 「都名所図会」は、いつものことなのですが、絵空事とは侮れない細かいところがあり、興味が尽きませんね。




 本法寺

 所在  京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町
 見学  境内自由
 交通  市バス「堀川寺ノ内」下車、徒歩約3分



 【参考文献】
 「都名所図会」1780年


スポンサーサイト

コメント

先達はあらまほしき事なり

船越さま

私も「本法寺」気になります。

何時も「都名所図会」に照らし合わせて解説下さいますが、まるで、謎が解けるかのように”いにしえ”と現代が繋がり、知ることの喜びを感じています。

少し前になりますが、本法寺は巴の庭(三巴の庭)の謎を解こうと、名探偵の如く(?)勇んで訪れましたが、?だらけでした。時間もあまりなかったので、またゆっくり訪れたいと思っていました。

屋根が入母屋造の石灯籠は、私も目が釘付けになりました。
大好きな懸魚に軒下の組物まで彫られているで、なんだか嬉しくなって、「ありがと~」と叫びたくなりました。

私のとっての大先達、船越先生に感謝です。

何時も、ありがと~。(^o^)/

ご愛読ありがとうございます 

いつもありがとうございます。

本法寺は、あの立派なお庭がある割りには観光寺院化しておらず、落ち着きますね。
もちろん、こまかいところ、例えば摩利支天とか、蔵づくりの宝蔵とか、とってつけたような山門とか、気になる点が多いですね。

現在の京都では、かつて日蓮宗(法華宗)が勢力を張っていたことがほとんど感じられませんが、例の本能寺をはじめ、もっと注目されてもよいのではないでしょうか。
寺之内には、日蓮宗のお寺がたくさん残っていますので、時間のあるときに訪ねられると面白いと思います。
非公開コメント