FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

繁華街の真ん中にある路地、そして長屋、長屋





路地


 四条通にある路地

 四条通といえば、東西に伸びる京都の目抜き通りです。
 烏丸(からすま)通との交差点「四条烏丸」は、かつては四つ角にクラシックな銀行が建っていて、“京都のビジネス街”という場所でした(もちろん今もそうですが)。
 昼間、このあたりを歩いていると、やはりスーツのビジネスマンも多いし、なかにはオシャレな出で立ちの方もおられて、地区の性格をよく表していますね。

 そんなビジネス街も、少し西へ歩くと様相が変わり始めます。
 祇園祭に山鉾を出す鉾町(ほこちょう)のエリアになるのですね。
 烏丸通の1本西は室町通、その西に先頃紹介した「撞木辻子(しゅもくのずし)」という細い道があり、そのさらに西が新町通になります。

 撞木辻子については、こちら! ⇒ <撞木形の路地があるという話をしていたら、その名も「撞木辻子」があるというので行ってみた>

 ところが、撞木辻子と新町通の間に、1本細い路地があるんですね。

 路地

 実は、この路地も “撞木形” をしています。撞木形とは、T字形ということです。

 撞木形の路地が多いという話は、数回前にしましたので、ご覧ください。

<京の路地と長屋、少しカッコよく言ってみた “撞木形” の路地とは?>

 要は、道路から、すーっと細い路地を入って行くと、奥が突き当りになっているけれど、そこから左右に路地が続いているパターンです。
 この場合、タテ長の路地には、玄関を開いている長屋はなくて(そこは両脇の家の壁になっている)、奥の左右の路地に面して数軒の長屋が建っています。

  路地 右の看板が洋服店

 こちらは、四条通から入って行くと、両側は壁です。ところが、右側の家は奥が塀になっているので(昔は中が裏庭だったのでしょう)、今そこに入口がついて、洋服店になっているのです!
 テーラーみたいですが、私が訪問したときも若いカップルが服を取りに来ていたけれど、改めて驚いていましたね、この立地に。

 そして、左側ですが、よく見ると壁の奥に続いて1軒、家が建っていますね。
 これは住宅なのです。

 そして、路地の突き当りを見ると、長屋が見えますよね。


 路地奥の長屋

  路地

 突き当りから左を見た図。
 左は、先ほどの住宅の壁。右は長屋。奥にも1軒の家があります。
 長屋には出格子が付いていて、ちょっと立派な雰囲気。

 今度は、突き当りの右を見た図。

 路地 路地

 長屋があり、奥には写真館が!
 お地蔵さんも祀られています。

 ということで、この撞木形の路地には、家が8軒あるようなのです。
 並び方は、<5-2-1>という、なにかサッカーのフォーメーションみたいですが……
 Tの上辺に横並びの五軒長屋があり、その右と左に1軒ずつあり、タテ路地の左に1軒別に建っている、という形。

 このうち、1軒は写真館を営まれており、もう1軒(長屋のうち1つ)はホテルなんだそうです!
 まぁ、ホテル、というか、旅行者が一晩貸切ってステイできる1戸ということですね。興味ある方は、インターネットで調べてみてください。

 ちなみに、そのサイトを見ると、間取り図が載っています。
 それによれば、玄関を入ると、右に出格子のある2畳間があり、その奥に4畳間と4畳半間がタテにつながっています(廊下はありません)。そして裏には坪庭があるという構成。2階は、4畳半と6畳です。
 結構広いなぁ。私の実家より広いです(いつも自分基準ですみません)。
 長屋というと、こぶりなイメージがあるかと思います。でも、こちらは、玄関の次の間(2畳)を除いても4部屋あります。もちろん、京間でしょうから、畳が大きいです。京間の6畳は、広いですよ。


 新町通にある路地

 撞木辻子と新町通の間は、現在ではこの路地しかないのですが、かつてはこの路地の左右に1本ずつ路地があり、計3本もあったのです。
 あとの2本は直線的な路地でしたが、ビルが建ったため、なくなったのでしょうか。ただ、うち1本はビルの谷間に隠されているような気もするのですが……

 余勢をかって、新町通へ。
 四条新町を北に曲がると、すぐにタバコ屋さんがあります。
 かなり目立つタバコ屋なのですが、ここは京都タバコ会館というらしく(!)、昔から煙草組合があるところです。

 その向い(西側)の風景。

 路地

 なんの変哲もない京町家なんですが……

 実は、注意して見ると……

 路地

 あ~、ここにもありましたね、路地が。

 この路地は、タテ形のように見えるのですが、奥がちょっとだけ右手に曲がっている逆L字です。つまり、最奥にも家があるわけです。
 もちろん、タテ路地のところでは、長屋は路地に面して並んでいます。3軒ですが、全部空き家でした。

  路地 左はビル境界の壁

  路地 路地の三軒長屋

 ちょっとオシャレなのは、格子が竹だったこと。

 路地

 そして、路地の入口の表札掛け。

 路地

 かつては、5軒あったわけですね。
 <2―3>のフォーメーションだったのでしょう。

 この路地、現在は随分きれいな路面になっています。
 実はこの道が西側のマンションの裏口になっているためです(奥に駐輪場でもあるのかな)。
 ここからは推測ですが、この路地と長屋、そして通りに面した1軒の町屋(いずれも空き家)は、マンション建設に伴って買収されたのではないでしょうか。そして、長屋を廃して通路化されたような。まぁ、憶測なので違うかもしれません。

 路地と長屋は、いくら探訪しても尽きないので、今日はこのくらいにしておきましょう。


  路地




 撞木形の路地

 所在  京都市中京区四条室町東入る月鉾町
 見学  一般住宅もありますのでご配慮ください
 交通  地下鉄「四条」、阪急電車「烏丸」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 「京都市明細図」京都府立総合資料館蔵


スポンサーサイト



コメント

消えた路地

路地裏の地蔵盆。どんな雰囲気なのでしょうか?

毎年8月23日には天気さえ良ければ奥嵯峨の「愛宕古道街道灯し」に行きますが、途中で見掛けるのは表通りの地蔵盆で、路地裏の地蔵盆までは見たことがないので、興味が湧きます。

今はビルが建ち並ぶ四条烏丸界隈では消えた路地も多いと思いますが、昔ながらの住宅が多い地区では、路地も多く残っていることが、ネットの地図からも判ります。

毎年4月の第2日曜日には、北区紫野雲林院町の玄武神社でやすらい祭が斎行されますが、玄武神社の氏地は路地も多く、祭礼の行列は表通りから路地へ、路地から表通りを練り歩き、路地では鬼が一列に並んで踊ります。

件のホテルのサイトも見ましたが、不泊防止の為かクレジットカード決済なので、カードを持たない主義の私は泊まれませんね。

私が生まれ育った借家の勝手口は路地に面していましたが、現在は向かいの家を合わせた敷地にビルが建ち、その路地は完全に消えてしまいました。

ご愛読ありがとうございます。

マンションが増え、ビルが多くなっていくと、路地は消える運命ですね。さびしいことです。
子供の頃は、どこに行っても路地があって、子供はそういうところが好きですから、みんなで入って行って遊んでいたものです。
意外なところに抜ける道なんかも面白かったですね。
最近の子供はゲーム世代なので、路地の消滅とあわせて、こういう経験も失われているのでしょう。

それにしても、路地の長屋の1軒を宿泊施設にするという発想は、驚きですね。
ウェブサイトによると、騒いだら近隣の迷惑になるので退去させられるそうですが、そこを宿泊施設にするという考え方自体、私には不思議です。

     船越幹央
非公開コメント