03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

きょうの散歩 - 工事で現れた京都文化博物館の古い石畳 - 2015.12.14 -





京都文化博物館


 京都文化博物館は一部工事中

 不思議なもので、ひとはブラブラと歩いていると、なぜか同じ道を通ってしまうもののようです。

 今日は、四条西洞院あたりから、三条寺町あたりまで歩こうとしたのですが、なぜか早々に三条通に出てしまいました。どうしても三条通を歩いてしまうことが多いのです。
 できれば、あまり歩かない道を歩きたいものですから、少々がっかりしたわけです。

 ところが。
 そのおかげでよいものを見たのでした。

 京都文化博物館

 おなじみの京都文化博物館。
 正面玄関の辺を工事しています。

 なにかな? と思って近付いてみると……

 京都文化博物館

 これは、すごい!
 玄関の階段が浮き上がってる ! !

京都文化博物館

 もちろん、浮き上がってるんではなくて、下がったわけですね。

 これまであったウッドデッキのような床材をはがして、古い地面が露出したのです。
 それも、ただの地面じゃなくて、花崗岩の石畳ですよ、これは。

 京都文化博物館

 これって、もしかすると、建設当初の石敷きなんでしょうか?

 京都文化博物館の別館は、もとは日本銀行京都支店で、明治39年(1906)に竣工しました。重要文化財に指定されています。

 京都文化博物館
  京都文化博物館(旧日本銀行京都支店)

 出来た時の石だったら、百年以上前のものになりますが、果たしてどうでしょうか?

 京都文化博物館

 この工事が何か、ちょっと調べてみると、どうやら耐震工事のようなのです。
 来年(2016年)3月まで実施されるそうです。博物館は開館しながらの工事ですね。
 重文建築の耐震補強ですから、経費も1億円余りかかるみたいです。

 私は、露出したこの石畳を見て、珍しそうにパチパチ写真を撮ってしまったのですが、以前は私もこの石畳を見、踏んでいたんでしょうね、おそらく。
 久々に懐かしいものに再会した、ということでしょうか。




 京都文化博物館別館(重文)

 所在  京都市中京区三条通高倉西入ル菱屋町
 見学  外観自由
 交通  地下鉄「烏丸御池」下車、徒歩約5分


スポンサーサイト

コメント

三条通

私も京阪三条駅で下車することが多く、そのまま三条通を歩くことが多いです。

但し、その日の気分で姉小路通や御池通などを歩くこともありますが、行きは京阪祇園四条駅で降りても、帰りは大抵京阪三条駅へ向かうので、やはり三条通を歩くことが圧倒的に多いです。

雨でも降らない限り、堀川通迄行く時は徒歩、それより西に行く時はバスか地下鉄を利用しているので、京都文化博物館の前もよく通りますが、じつは入館したことがありません。

又、昨日の日曜日は三条通→紙屋辻子→三条通北裏→白川沿い→仁王門通→神宮道を通って、久々に京都伝統産業ふれあい館へ行き、神宮道→仁王門通→新富小路通→孫橋通→新麩屋町通→三条通を通って帰りました。

途中の新富小路通では、道の西側に1軒だけ高塀の家がありましたが、日も暮れかかり寒かったので、街の撮影はせずに京阪三条駅に向かいました。

京都文化博物館の西にある中京郵便局も立派な建物ですが、何時も目的地へ急いでいるので、此処も立ち寄って内部を見たことがありません。

三条通は祇園祭の還幸祭の時に徒歩で千本三条まで行くこともありますが、其処から西へは徒歩では行ったことが無く、西大路三条から西は嵐電に乗って通っています。

これから陽が長くなれば、目的地からの帰路の「寄り道」も楽しみになって来ます。

京都文化博物館も面白いです

いつもありがとうございます。

京都文化博物館は、3、4年前にリニューアルしました。
常設展示室内に、2、3の展示コーナーがあり、そのうち1つは、いつも祇園祭のどれかの山鉾の関係品を展示しています。
大きめのコーナーは、いろんな特集をやっていて、なかなか面白いものもあります。不定期に陽明文庫の所蔵品も展示されています。
映像ホールは、シネコンのような立派な座席になりました。入館料で映画が見られるので、いつも観覧者が多いです。モノクロ時代の日本の名画がセレクトされ、古い映画がお好きな方にはおススメです。

中京郵便局は、なかはすべて改装されています。
壁面にパネル展示があって、勉強になりますね。

どちらも一度のぞかれてみるとよいと思います。

    船越
非公開コメント