04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

京都にもあった塀のある長屋





長屋


 塀のある長屋

 ここ数回、塀のある家を紹介してきました。
 大塀造(だいべいづくり)とか高塀造(たかべいづくり)とか呼ばれるものです。

 塀付きの家を見始めたきっかけは、大阪で “塀のある長屋” を拝見したことでした。
 それを見た瞬間、懐かしさを覚えるとともに、「京都には、こんな長屋はないだろう」と思ったのです。

 ところが、その後、京都の町なかを歩いているうち、ついに “塀のある長屋” を発見してしまったのです!

 長屋

 こちらが、そのお宅です。
 二軒続きの長屋で、各戸、右側に庇の付いた門が付いています。
 この門の部分、大塀造の家の門に似ていませんか?

 富小路蛸薬師の家
  大塀造の門
 
 上の長屋の門を横から見ると、このようになっています。

 長屋
  矢印の部分が塀

 塀になっているんですね、ちゃんと。
 塀と主屋の間には、坪庭のような空間があって、これも大塀造と同じです。
 大阪の塀のある長屋も、これと同じでした。


 出格子の窓も

 細かいところにも類似点があります。

 長屋

 出格子窓(釣り出格子)。
 大塀造の場合、塀にこの出窓が付いているのですが、こちらの場合は道路に面した一室に付けられています。

 綾小路の家
  大塀造の釣り出格子

 この長屋は、現在では2軒続きですが、戦前の「京都市明細図」を見ると、3軒続きだったことが分かります。
 現在右横が空地になっていますが、ここにもう1軒あったわけです。

 長屋
  右にもう1軒あった

 昭和初期くらいの建物と想像されます。
 長屋といっても、塀と門が付くと、立派な印象になりますね。
 高塀の家にならって、このような住宅も出来たのでしょうか。
 
 よく探せば、市内にもまだありそうです。




 塀のある長屋

 所在  京都市中京区河原町通丸太町
 見学  一般住宅です
 交通  京阪電車「丸太町」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 「京都市明細図」京都府立総合資料館蔵、昭和初期


スポンサーサイト

コメント

釣り出格子があった家

出格子窓は、私が生まれ育った旧布施市の借家にもあり、画像の釣り出格子に似ていたと思います。

出格子窓が面していたのは、府道から分かれて旧村落の中を通る道の角で人通りもあり、昔のことですから子供が遊ぶ声などもよく聞こえていました。

平屋建てだったその借家はもう存在していませんが、戦前の建築だったことは確かで、画像の京都のお宅と同じ頃に建ったのかも知れません。

余談ですが、今も夢に出て来るのは、その生まれ育った借家が最も多いのですが、私は転居が多かったので、夢には様々な家や職場などがごちゃ混ぜになって出て来ます。

ところで、京都鴨川に望む高級分譲マンションの第1期販売で、7億4900万円の1戸を含む全26戸が6日に即日完売したそうで、改めて京都のブランド力の高さが証明されたという思いです。

今となっては、京都の中心部に木造の「しもたや」を新築して住むなどは超金持ちしか叶わない夢ですが、高級分譲マンションは現代の「しもたや」かも知れません。

庶民の住宅

ご愛読ありがとうございます。

大阪市内の場合、このような長屋は市内周辺部(主に大正末以降に市内に編入された所)に数多く建っているようです。
そのような形式は、大阪市の東や南にも広がって行ったのかも知れません。
京都での分布は、よく分かりませんが、鴨東など周辺の住宅地を丁寧に見ていくと見つかるかも、と思います。

おっしゃるように、高級分譲マンションの建設がまた盛んですね。
戦前の上京・下京では、借家の比率は全住戸の2/3で、多数の市民は借家住まいでした。大阪市では、9割くらいが借家でした。
高級住宅を“手に入れたい”という志向は、とても戦後的な価値観だと思います。

   船越



非公開コメント