05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

鴨川に架かる荒神橋の脇にあるナゾの小道とは?





荒神橋の車道跡


 鴨川に架かる荒神橋

 荒神橋(こうじんばし)は、鴨川の橋の中でも余り知られていないもののひとつかも知れません。今出川橋と丸太町橋の間に架かっています。

 荒神橋

 ここは、洛中から洛外に向かう「京の七口」のひとつ、荒神口(今道口)があったところ。
 今でも、この辺りはその名で呼ばれています。

  荒神橋 荒神橋の親柱

 この前、“かなの崩し字” の回で、荒神橋=「くわう志んはし」の写真がよろしくなかったので、撮り直してみました(笑)

 河原町通から荒神橋に向いて撮影すると、こんな雰囲気です。
 奥に見えるのが、大文字山。

 荒神橋

 ここは道幅も広く、南側に公衆トイレがあるため、タクシードライバーの格好の休憩スポットになっています。

 荒神橋

 左角が公衆トイレですが、中央に南に伸びて突き当たっている道があります。
 左は小公園になっています。

 荒神橋の車道跡

 今回の主人公は、この小道です。


 ゆるく曲がった小道のナゾ

 道は20mぐらいで、京都府立医大の青蓮会館に突き当たり、左手にゆるく屈曲します。
 すると、鴨川が見えて来ます。

 荒神橋の車道跡

 総延長60mほどの道。
 これに何か意味があるのでしょうか?

 鴨川の河川敷まで歩いてみると……

 荒神橋の車道跡

 なにやら轍(わだち)のようなものが。
 これ、見覚えがありませんか?

 御香宮神社の車石

 そう、車石(くるまいし)風ですよね。

 実は、先ほどの道は、牛が曳く荷車が通る「車道(くるまみち)」の跡だったのです。

 およそこんなイメージですね。

 「花洛名勝図会」より「白川橋」
  車道を通って白川を渡る荷車(「花洛名勝図会」より)

 重い荷物を積んだ荷車が橋を渡ると、橋が傷むので、荷車は橋の下流の川の中を渡ったのです。
 上の絵の白川橋もそうですし、三条大橋もそうでした。

 荒神橋は、幕末に至るまで仮橋しか架かっていなかったようで、それを保護するため、荷車用の車道を造って、下流を通したようです。
 ここで鴨川を渡れば、志賀越え(山中越え)で近江(滋賀県)に抜けられますから、交通量も多かったのでしょう。

 いま河川敷に敷かれている車石風のモニュメント。
 解説板などがなくて、ちょっと分かりづらくなっています。

 ちなみに、幕末に出された「花洛名勝図会」(1864年)には、

 花洛名勝図会
  荒神橋付近を渡る荷車(「花洛名勝図会」)

 こんなふうに、川の中州に牛の曳く荷車が描かれています。
 
 三条大橋の方は、もっとはっきりと、

 花洛名勝図会
  三条大橋の下流(東側)を渡る荷車(「花洛名勝図会」)

 橋の下流に車道が描かれており、川に入って行く牛の姿が見えます。
 鴨川は今でも浅い川ですが、当時はもっと水量が少なかったのでしょうか。
 当時の絵図などを見ると、おそらく川床にも石を敷くなどして、荷車が通りやすくしてあったようです。

 荒神橋の西詰は、今では “タクシードライバー天国” みたいになっていますが、もしかすると江戸時代も、牛の御者たちが一服する溜まり場だったのかも知れませんね。

 なお、白川橋の車道については、以前の記事をご覧ください。
 
 記事は、こちら! ⇒ <牛で荷物を運んでいた時代、三条通の白川はどう渡った?>




 荒神橋 車道跡

 所在  京都市上京区上生洲町
 見学  自由
 交通  京阪電車「丸太町」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 「花洛名勝図会」1864年
 『日本歴史地名大系 27 京都市の地名』平凡社、1979年


スポンサーサイト

コメント

暑かった日の思い出

荒神橋は京阪電車の神宮丸太町駅と出町柳駅との中間にあるので、私もほとんど渡ったことがありませんが、鴨川沿いに歩くことがあるので、附近の風景は見覚えがあります。

しかし、車道のことは知らなかったので、次に鴨川沿いを通ったら、現場へ行ってみたいと思います。

志賀越道は、滝を描く資料を撮影しようと思い立って、昨年8月1日に花街の八朔を撮影した後に、銀閣寺道バス停から白川沿いに大津市山中町まで歩きました。

事前に何も調べずに行きましたが、何とか滝の流れを撮影し、樹下神社に参拝しましたら、拝殿にスズメバチが住み着いていて、参拝もそこそこに急いで境内を出ました。

そうして描いた紅葉と菊水の絵は、豊中市の某神社の七五三詣の参拝記念撮影用の背景板として境内に掲げられて、其処で家族連れが記念撮影をしています。

いつもありがとうございます

ご愛読ありがとうございます。

志賀越え道を歩くのは楽しそうですね。滝のことは知りませんでしたが、あのあたりならありそうです。
樹下神社があるということですが、この神社は滋賀県の湖西にいくつかありますね。そこから勧請されたのでしょうから、山中越えは近江の文化圏なのかも知れません。

     船越
非公開コメント