06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

鞍馬寺の虎の石像、新聞記事になっていたので像の刻銘と比べてみると……





鞍馬寺仁王門虎像


 洛北の古刹・鞍馬寺と毘沙門天

 京都市街の北郊にある鞍馬。
 いにしえ平安京の北の護りといえば鞍馬寺で、毘沙門天を祀ってきました。
 いま宝物殿を訪れると、重要文化財の毘沙門天立像をはじめ、数躯の像に出会うことができます。

 鞍馬寺については、こちらもご覧ください! ⇒ <きょうの散歩 -鞍馬寺に虎とムカデを探して->

 叡山電車の終点「鞍馬」で下車すると、すぐに鞍馬寺です。

 鞍馬寺仁王門

 石段の上に、朱塗りの仁王門が見えて来ます。

 この門の手前、左右に一対の虎の像があります。

 鞍馬寺仁王門虎像

 毘沙門天は寅の日に出現したと考えられており、虎はその使いとされていたのです。そのため、毘沙門天を祀るところでは狛犬のように一対の虎像が置かれるのでした。

 狛犬同様に “阿吽(あうん)”になっており、右が “阿”(口を開けている)、左が “吽”(口を閉じている)像です。

 
 虎像の刻銘を見る
 
 寺社や屋外で石造物を見付けると、前後左右に回って、詳しく観察してしまいます。これはもう癖で、裏側とかを見ないと落ち着きません。
 この虎像の場合も、台座を中心に見ていきました。台座には、文字が彫ってあることが多いのです。

  鞍馬寺仁王門虎像 吽の虎

 まず、左側の吽の像。
 表面には、虎の下の台に 「鞍馬山」 と大書してあるだけです。

 鞍馬寺仁王門虎像

 では、裏は?

 ありました。建立年が記されています。

 鞍馬寺仁王門虎像

 「大正二年一月初寅日」

 大正2年(1913)ですが、毘沙門天の縁日にちなんで、初寅の日(1年で最初の寅の日)に完成ということになっています。


 誰が寄進した?

 建立年が分かったところで、次は誰が造ったかですね。
 これにはふたつの意味があって、お金を出して像を奉納した人と、像を彫刻した人、そのふたつです。

 まず寄進者。

 鞍馬寺仁王門虎像

 「名古屋市南桑名町四丁目/寄附主/川口文左衛門」
 
 と記されています。

 名古屋の人ですか。
 「南桑名町」は、今はなくなっていて、中区栄2丁目に当たるそうです。確かに、地図を見ると、桑名町通というのがありますね。
 
 川口文左衛門という人について、調べてみました。

 この人、明治時代、名古屋で活躍した七宝作家だったようです。
 名古屋市博物館の報告書によると、万延元年(1860)の生まれ。明治中期から、内国勧業博覧会(第3回~第5回)や海外の万国博覧会に盛んに出品しています。
 明治22年(1889)のパリ万博では銀賞、明治37年(1904)のセントルイス万博では金賞を受賞するなど、高い評価を得ました。
 報告書には「蜻蛉文七宝手箱」という銀胎有線七宝の作品が写真掲載されていました。銀色の地にたくさんのトンボが飛び交う優雅な作品です。

 有名な人とは分かったのですが、それにしても、七宝作家と鞍馬寺、毘沙門天が、どうして結び付くのでしょうか?
 名古屋辺りの人が京都の寺社に寄進することは、よくあるのです。それ自体めずらしいとは言えませんが、なぜ鞍馬寺なのか。もう少し考える必要があるようです。

 次に、右側の口を開いた虎です。

  鞍馬寺仁王門虎像 阿の虎

 こちらにも台座に寄進者名が記されています。

 鞍馬寺仁王門虎像

 「京都市松原通新町東入/寄附主/藤井善次郎」

 とあります。
 こちらは京都の人ですね。十分調べていないせいもあり、いまのところ不詳です。

 灯籠などでもしばしばあることですが、左右で別の人が奉納していますね。

 そして、像を造った人、つまり石工なのですが、台座には 「石工 伊藤寅□□」 とあって最後まで読めませんが、「寅太□」のようなので、たぶん伊藤寅太郎でしょう。毘沙門天にふさわしい名前です。


 新聞記事との遭遇

 そんな石像を見てから、随分時間が経過していました。
 ところが、先日、まったく別件で古い新聞を見ていたら、この虎像のことが出て来たのです。

●鞍馬寺の虎と建碑
 洛北・鞍馬寺仁王門前に今回建設する石造の大虎二基は、台石とも総高さ一丈余にして一月九日の初寅までには悉皆建設を了(おわ)る由にて、施主は松原通新町東入・藤井善次郎、名古屋市南桑名町・川口文左衛門の両氏にして、石工は西陣・伊藤寅太郎請負ひ、総費金六百円を要すべし、と (後略) (京都日出新聞 大正元年12月27日付、句読点は適宜補いました)


 完成の前年の暮れ、12月27日の新聞記事。
 先ほどの2人が寄進して、台座もあわせて高さ1丈(約3m)余りの像を建設するという記事です。ちゃんと、年明けの初寅の日に間に合わせると書いてあります。
 石工も、やはり伊藤寅太郎でしたが、西陣の人だったのですね。
 総工費が600円ですから、いまの感覚では数百万円というところでしょうか。かなり掛かっています。

 新聞記事と像の刻銘とが、きっちり一致して気持ちいいですねーーと言いたいところですが、なんだかつまらないですね、同じでは(笑)
 学問的には、裏付けが取れて結構でしたが、もう少し食い違っていたりして、スリリングだった方が愉しいのも事実です。

 ちなみに、山上の金堂前の虎像については以前書きましたので、ご覧ください。

 記事は、こちら! ⇒ <鞍馬寺にある阿吽の虎像は、超絶的な造形を誇る秀作>

 鞍馬寺黒岩淡哉作虎像
  金堂前の虎像(黒岩淡哉作)




 鞍馬寺

 所在  京都市左京区鞍馬本町
 拝観  大人300円ほか
 交通  叡山電車「鞍馬」下車、徒歩約5分



 【参考文献】
 『名古屋市博物館調査研究報告Ⅲ 明治期博覧会出品七宝工総覧』名古屋市博物館、1996年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント