07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

石造物に見られる “ヘンな字” は、いったいなに?





北野天満宮


 北野天満宮で見かけた変わった文字

 北野天満宮(上京区)の参道には、たくさんの石造物があって、本当にあきませんね。

 今回は、こちら。

 北野天満宮
  北野天満宮 石灯籠

 参道のなかば辺りにある、一対の石灯籠。

 北野天満宮

 京都の紙商の人たちが寄進したもので、大きく「京都紙商」と刻まれています。
 
 ところが、この文字なのですが……
 ちょっと字体が変わっているでしょう。

 北野天満宮

 「京都」が、「亰」と「者邑」に!

 これはどういうことでしょうか。

 「亰」も「者邑」も、「京」「都」と同じ字なのですが、形がちょっと違うのですね。
 このような文字を“異体字”といいます。

 異体字(いたいじ)とは、「漢字やかなにおいて、同字ではあるが、標準と考えられている字体とは違った形をとるもの」のことです(『日本国語大辞典』の「異体文字」)。

 現在では、漢字や仮名は “1つの字体しか認められない” というような厳格なイメージがあります。
 ところが、かつては、漢字も仮名もいろいろな字体が通用していました。

 例えば、「傘」(かさ)。
 この異体字に、「仐」があります。現在でも、使うことがあるでしょう。 
 あるいは、「卒」。
 これも、「卒業」と書くところを「卆業」としているのを見たことはありませんか。

 この「仐」や「卆」が異体字です。

 異体字は、別に間違っているというわけでもありません。ただ形が違うだけ。昔の人は、今と違っておおらかだったわけです(笑)

 先ほどの「亰」も「者邑」も、異体字というわけでした。
 「亰」の字は、明治時代などには結構よく使われています。有名なのが、東京を「東亰」と書き習わしていたという話。トウキョウではなく、トウケイと読んでいたそうです。明治初期によく使われ、その時期を「東亰(とうけい)時代」と呼んだりします。

 「者邑」の方ですが、これは旁(つくり)が「阝」(おおざと)の本来の形「邑」(むら)に代わっているものです。
 「都」という漢字は、「者+邑(阝)」なので、間違いどころか、こちらの方が正しいという気さえする異体字です。
(少し細かいことを言うと、「都」は篆書体では「者邑」のようになるので、石に刻む文字としては「者邑」でしっくりくるように思われます。)


 石造物に異体字を探してみた

 というわけで、京都の石造物にどんな異体字があるだろうかと、写真で探してみました。
 
 まあ、いざ探すとなると、案外出てこないもの(苦笑)
 でも、いくつか見つかったのです。

 まず、ライトなものでは……

  今宮神社 今宮神社 石灯籠

 今宮神社(北区)の石灯籠。
 「今」の字が「ヘ+一+フ」でなく、「ヘ+一+テ」になってますね。
 自分もこう書いてるよ、という方、おられるでしょう。それは、異体字なんです、いちおうは(笑)
 これは異体字とすら認識されていませんね。

 次です。

  因幡堂 因幡堂 石灯籠

 因幡堂こと平等寺(下京区)の石灯籠です。南参道にあります。
 この「因幡薬師」の「因」の字なのですが……

  因幡堂

 よく見ると、「冂」に「太」となっているでしょう。「口」に「大」ではありません。
 こんな字体は辞書にもないけれど、なんだか嬉しくなってくる文字ですね!

 ちなみに、「因」の異体字でよく用いられるものは、「囙」でした。


 敵は、本“能”寺にあり!

 次の写真をご覧ください。
 
  本能寺 本能寺 石標

 寺町御池下ルにある本能寺(中京区)の門前にある石標です。
 これもよく見ると、「能」の字が違うでしょう。普通に用いる「能」では、旁(つくり)が「ヒ」2つなのですが、「本能寺」の方は異体字を使っているのです。
 本能寺ウェブサイトによると、同寺は5度の火災で焼失したため、火を嫌って「ヒ」ではない異体を用いているそうです。

 なるほど。


 ひらがなにも、いろいろあって……

 漢字の異体字は数知れず。歴史研究者の使う便覧を見ると、いろいろ載っています。
 
 一方、ひらながにも異体がさまざまありますが、これは数的には限られてくるのですね。
 例えば、「は」は、漢字の「波」を崩してできた字体ですが、「者」を崩した字体もあり(ここにはフォントの都合上書けませんが)、そちらもよく用います。
 あるいは、「の」は、漢字の「乃」を崩した形ですが、「能」を崩した形もあります。

 このあたりについては、機会を改めてお話するとして、今日は「合字」についてふれておきましょう。
 合字(ごうじ)とは、2つ(以上)のかななどが合体してできた文字です。

 よく見掛けるのが、これ!

  白川橋道標 白川橋道標

  白川橋道標

 右の行に、「是(これ)ゟひだり」と書いてある「ゟ」が代表的な合字。

 「よ」と「り」が合体して、「より」になりました(笑)

 よく使うから、便利なように合わせてしまったのですね。

 近代になって、時折り見掛けるのには、こんなものがあります。

  京都日出新聞 京都日出新聞

 一見して、「と」だと思うでしょう。
 でも、よく見ると、「と」の上に横棒がありませんか?

 これは「͡と」。

 「こ」と「と」が合体して、「こと」になったのです。写真の文章は、「何のことはな(い)」と読みます。

 そのカタカナ版が「ヿ」(コト)。
 知らないと絶対読めませんね。

 ほかにも、いろいろあるので調べてみてはいかがでしょうか? 




 北野天満宮

 所在 京都市上京区馬喰町
 拝観 境内自由
 交通 市バス「北野天満宮前」下車、すぐ



 【参考文献】
 『大字典』講談社、1918年
 『日本の歴史別巻 日本史研究事典』集英社、1993年
 佐藤進一『古文書学入門』法政大学出版局、1971年


スポンサーサイト

コメント

難しい変体仮名

前記事でM様が「通りゃんせ」のことを投稿されていますが、大阪にも「天神罰は長い」という言葉があり、「天神橋は長い」に掛けた言葉ですが、天神様は本来は恐ろしい神様だという名残だと思います。

京都の祇園祭と大阪の天神祭は共に日本を代表する祭ですが、意外にも商都大阪の天神祭の方が「水辺の祓い」という本来の姿を留めているのは興味深いことです。

現代人には、漢字の異字体は何とか想像が付きますが、変体仮名はお手上げです。

余談ですが、私は中国人と文通し、メールもやり取りしているので、簡体字は大体読めますが、くずし字で書かれた日本文は読めません。

白川畔は何度も歩いて白川橋東詰の道標も見ていますが、立ち止まって読んだことは無かったし、読もうとしても「ちおんゐん ぎおん きよ水みち」とは読めなかったでしょう。

崩し字は難しいですね

いつもご愛読ありがとうございます。

活字以前の世界、手書きの文字は現代人が読むには難しいですね。
いまの私たちは、学校でも「楷書」を習うことが基本ですが、江戸時代の人たちは楷書より崩し字の方が読み書き出来たのだと思います。
平仮名も面白いので、また碑文を使って特集してみます。
お楽しみに!

    船越
非公開コメント