05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

<まいまい京都>で、粟田口コースを歩きました

洛東




粟田神社


 粟田口に寺社の変遷をさぐる

 京都で街歩きツアーを企画する <まいまい京都> さん。
 今日は、洛東・粟田口を約20名のみなさんと歩きました!
 いつも参加してくださる方、遠方から来ていただいた方、大勢お集まりいただき、ありがとうございます。

 まいまい京都
 【まいまい京都写真部かわかみさん撮影】

 「研究者とタイムトラベル!江戸時代の名所図会を片手に ~異界との境目、裏道に潜む摩訶不思議な伝説を訪ねて~」というコース。
 地下鉄「東山」集合で、明智光秀公首塚 → 植髪堂 → 尊勝院 → 粟田神社……と、メインストリートの三条通から一本南の脇道を歩きました。

 明智光秀首塚 明智光秀首塚

 光秀公の首塚では、和菓子店・餅寅さんの「光秀饅頭」を賞味。
 おみくじの元祖・元三大師を祀る尊勝院では、おみくじを引きました!

 今回は、江戸時代の名所図会、特にこのブログでもよく登場する「花洛名勝図会」と現地を対比しながら歩いてみました。

 配布資料 配布資料

 幕末から現在まで約150年。意外に変遷が激しいのですね。

 粟田神社 粟田神社

 粟田神社では、この鳥居を建てた家族に迫ってみたり。
 倒れている石造物に目をこらしてみたり。
 なくなったお堂を想像してみたり。

 昔と今を行ったり来たりする、ちょっとしたタイムトラベルでした。


 やはり、元三大師は偉大なり

 「東山」駅から「蹴上」駅まで。地下鉄では1駅の区間を2時間半かけて歩きました。
 狭いエリアでも話題は尽きず、この倍の時間でも出来そうです。やはり京都は奥が深いですね。

 ご参加いただいたみなさま、スタッフのみなさま、改めて御礼申し上げます。
 今度は別のエリアで、名所図会を片手に歩いてみましょうか?
 またのご参加、よろしくお願いします ! !

 ところで、今日私が驚いたことは……

 尊勝院で引いたおみくじ。
 祀られている元三大師は、おみくじの元祖とされていて、くじは一番から百番まで、100枚あります。
 
 今日、私が引き当てたおみくじは、三十六番でした。

 帰宅して、先日、下見のときに引いたおみくじを見ると……

 尊勝院おみくじ

 やはり三十六番でした。

 二度とも同じ。
 元三大師の法力の強さを改めて感じ、信仰というものの大切さが身に染みる思いでした。


  まいまい京都 まいまい京都写真部かわかみさん撮影



 
 粟田神社

 所在 京都市東山区粟田口鍛冶町
 参拝 境内自由
 交通 地下鉄「蹴上」下車、徒歩約10分

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント