FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【新聞から】形を変えるラジオの宗教番組

寺院




ラジオ


 教え説くラジオ 時代の波
 東本願寺、64年の番組に幕
 朝日 2015年9月23日付 


 日頃、京都の神社仏閣を訪ねていると、数々の文化財に目を奪われ、その美しさに感動します。
 しかし、そのような体験を重ねるにつれ、素晴らしい文化財を生み出した信仰の心、ひいては宗教について、関心を抱くようになってきます。

 お寺や神社を参拝した際、関係の方と少々の会話をすることはありますが、宗教や信仰について深くお話することは、なかなかありません。
 そのため、文化財には詳しくなるけれど、それぞれの宗教、宗派が持つ肝心の「教え」を学ぶ機会は少ないとも言えます。

 教えを学ぶ簡便な方法に、テレビやラジオの視聴があります。NHKでは「心の時代」(テレビ)や「宗教の時間」(ラジオ)をオンエアしていますね。私も、放送は時間が合わないのですが、テキストを買って読んだりします。

 ところが、意外なことと言うべきか、各宗派などでも独自にラジオ放送を行っているのです。仏教、神道はもちろん、キリスト教や新宗教も。

 例えば、

 「法然さまの時間」(浄土宗)
 「西本願寺の時間」(浄土真宗本願寺派)
 「東本願寺の時間」(真宗大谷派)
 「高野山の時間」(真言宗)
 「伊勢神宮便り」(伊勢神宮)
 「天理教の時間」(天理教)


 などなど。

 海外でも宗教放送はさかんですが、日本にも結構あるのですね。

 東本願寺 東本願寺

 そんな中、朝日新聞に「東本願寺の時間」が放送終了になるという記事が出ました。
 ラジオの朝日放送で、昭和26年(1951)に放送開始。これまで64年間、3,400回にわたって続いてきたそうです。約10分の短い放送ですが、全国13局ネットと言います。

 朝日放送では午前4時50分からのオンエア、KBS京都でも5時からということで、さすがに聴いたことはありません。宗教番組は、早朝に放送されるものが多いので、なかなか聴く機会がないですね。

 記事によると、最後の放送は朝日放送が9月24日、KBS京都が9月25日。
 10月からは、ウェブサイト「浄土真宗ドットインフォ」内で動画配信を始めるそうです。

 一方で、「みほとけとともに 西本願寺の時間」は、昨年8月、番組のスタイルをリニューアル。ジャズボーカリストで真宗寺院の坊守でもある徂徠真弓さんをパーソナリティーに起用。ウェブでも聴くことができます。

 さっそく、試しに聴いてみました!

 8月に放送された「ドイツ生まれのお坊さん」(ラングナー寺本さん)や、9月放送の「若者に「戦争」を伝えるには」(藤丸智雄さん)などを聴きました。
 基本的に、ひとりのゲストの方が1か月(4回ほど)出演されるようで、時間は各6分ほど。
 ラングナーさんの回は、プロテスタントから浄土真宗に入られた女性が、お寺でどういうことを行っているのか、仏教に入ったきっかけは、といった話題を語っています。
 大学でも教鞭を執っている藤丸さんは、若者の戦争への意識を紹介しながら、どのように歴史を次代へ伝えていくかを述べておられます。

 聴いた感想は、もちろん宗教的、真宗的な話は出て来るのですが、そんなに宗教色は濃くなく、すっと入っていける内容でした。もちろん、ふつうのラジオ番組に比べると、話題は結構まじめ…… でも、NHKよりは遥かに柔らかいです(笑)

 西本願寺 西本願寺

 今回 “体験聴取” してみると、なかなか新鮮で、おもしろく感じられました。朝早い生放送だけだと接しづらいけれど、ウェブで聴けると、時間や場所を問わないので便利だと思います。

 6月に出演された釋徹宗さん(真宗寺院住職、大学教授)は、伝統的な宗教教団がラジオ番組を継続していく意味として、

・浄土真宗は、かっちりと枠があるタイプの宗派だが、そこを少し低くする役目を果たしている
・真宗では「お聴聞」が大事だが、ラジオは草の根型で、聴く姿勢を育てる

 
 と述べています。

 確かに、本願寺に行くと、気軽に堂内に入ってお詣りできるけれど、法話を聴く機会は余りないですよね。
 それをいつでも聴けるのですから、敷居が低くなるし、傾聴する姿勢も身につくでしょう。

 蛇足ながら、聴いていると、やはりしばしば真宗ならではの用語が登場します。
 上に記した中でも、

  「坊守」
  「お聴聞」 


 などが、そうですね。

 簡単に言うと、「坊守」(ぼうもり)とは<住職の奥さん>、「お聴聞」(おちょうもん)とは<法話を聴くこと>のようです。
 私は、「坊守」という言葉は初耳でした。釋さんの解説(2014年8月放送)でおかしかったのは、禅宗などは長く妻帯が認められていなかったので、奥さんを指す言葉がなく、最近では 「ジテイフジン」 などと呼ぶということ。

 私は、てっきり「自邸夫人」だと思いました。自宅にいる奥さんという意味で。
 ところが、調べてみると「寺庭婦人」なのだそうです……

 いろいろおもしろい宗教ラジオ。機会があれば、ぜひ聴いてみてください。




 東本願寺

 所在 京都市下京区烏丸通七条上る常葉町
 拝観 自由
 交通 JR「京都」下車、徒歩約5分


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント