FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

“おみくじの元祖” 元三大師のふるさとは、近江ののどかな村里だった

人物




玉泉寺


 旧虎姫町の三川を訪ねて

 ある晴れた日、遠く近江(滋賀県)に出掛けました。

 今日の目的は、元三大師(がんざんだいし、慈恵大師良源)の故郷を訪ねることです。
 元三大師は、このブログでも何度もふれているのですが、“おみくじの元祖” として知られ、また無類の法力の持ち主で “角大師” の護符のモデルとなった僧。平安時代の人で、比叡山延暦寺で天台座主(天台宗のトップ)まで務めた高僧です。

 元三大師の紹介記事は、こちら! ⇒ <比叡山延暦寺の高僧・元三大師は、京都でも広い信仰を集めてきた>

 角大師のお札は、京都でも民家などにしばしば貼られるのですが、大師の出身地は京都ではありません。
 近江国、それも湖北の地。現在の滋賀県長浜市三川町。

 このあたりは、今では合併して長浜市になっていますが、かつては東浅井郡虎姫町という農村的なところでした。それでも、古くから真宗大谷派の五村別院という大寺があり、JR北陸本線の虎姫駅も設けられています。

 三川の町並み

 あたりは一面に田んぼが広がり、その中にポツリポツリと集落があるという地域。三川も、そのような地区のひとつです。
 こんなのどかな農村が、元三大師の生誕地でした。

 いま、その場所には玉泉寺というお寺が建立されています。

 玉泉寺
  三川の集落から見た玉泉寺

 遠くから見ても、玉泉寺の屋根が集落から突き出しているような風景で、おのずと「大廈」(たいか)という言葉が想起されます。

 玉泉寺
  玉泉寺 本堂

 本堂は、地元の方が「井伊さん」という彦根藩主井伊家から寄進された建物。安永9年(1780)建立。
 江戸後期によくみられる裳階(もこし)付きの建物なので、二階建ふうに見え、背が高いのが特徴です。

 その前に、比較的新しいものと見受けられますが、「元三大師御誕生所」の石標が建っています。
 
 ちなみに、お寺の入口には、

  玉泉寺

 「国宝 元三大師」という石柱があって、おや? という印象。
 大師が国宝ってなに? という感じですね。

 もちろん、元三大師が人間国宝! というわけではなくて、ご本尊の大師の坐像が重要文化財に指定されているのです。戦前は、文化財保護法以前の指定ですので「国宝」となっています(いわゆる「旧国宝」)。
 その像は、鎌倉時代の作ですが、秘仏なのでご尊顔を拝することはできません。


 大師の産湯の井

 本堂に上がり参拝を済ませて、堂外に出ると、地元のおじさんが、どこから来たのと声を掛けて来られました。
 見ると、境内の端に碑を建立されている最中でした。

  玉泉寺

 御影石で出来た立派な石碑。絵柄の部分は陶板で、地元の人たちが作ったのだそうです。
 
 おじさんは、このあたりの町おこしに力を入れておられるそうで、いくつか見所を紹介してくれました。
 それに従って、見ていこうと思います。

 まず、お寺の前にある元三大師の産湯井。

 元三大師産湯井

 長方形の石の井桁(いげた)なのですが、その上に唐破風の屋根が掛けられています。とても大事にされているのですね。
 そのため、井戸の中は覗けません。

 さらに、道を西へ100mほど進むと、「月子之墓」というものがあります。

 月子墓

 この月子という方は、大師の生母なのです。
 大師の誕生や両親については、諸説あるのですが、山田恵諦『元三大師』を参照しながら紹介しておきましょう。

 月子姫は、もとは湖北の物部氏の娘でした。12歳の時、宇多天皇が竹生島に行幸されたとき接待の役に当たり、その縁で16歳になって、宮中に奉仕するようになりました。そこで天皇の寵愛を受け、懐妊したのです。
 御産のため、湖北の豪族・木津頼重の邸に身を寄せ、観音さまを祀る大吉寺にお詣りなどをしていました。
 延喜12年(912)9月3日、男の子が誕生。のちの元三大師です。観音に祈願して生まれた子ということで、観音丸と呼ばれたということです。

 この話に従えば、元三大師は宇多天皇のご落胤ということになります。しかし、土地の豪族の子とする考えもあるようです。千年以上前のことですので、諸説あるのはやむを得ないでしょう。

 月子墓
  月子姫の墓

 あとで地元の奥さんとお話しました。その方によると、やはり地元では宇多天皇落胤説は採らないようで、また現在残る月子姫の墓も疑問符が付くという話でした。


 角大師のお札授与

 地元の方の話では、玉泉寺のご住職は御年101歳! ということです。
 元三大師はおみくじの元祖として知られますが、そのおみくじは僧侶に引いてもらい、お話をうかがうスタイルです。そのため、住職が高齢になられた玉泉寺では、現在おみくじを出すことは出来ないということでした。
 それはちょっと残念でしたが、角大師の護符だけは授与していただきました。

  玉泉寺の角大師 近江 玉泉寺の角大師

 「元三大師御誕生所」「江州浅井玉泉寺」と記されています。
 角大師の護符を出す寺院はたくさんありますが、当寺のお札はスモールサイズでした。
 タテの寸法が、約12cm。
 比叡山横川の元三大師堂でいただけるお札は、約23cmですから、ほぼ半分の大きさです。

  比叡山横川の角大師 比叡山横川の角大師

 角大師の絵柄は、お寺によってさまざま。これについても、以前の記事をご覧ください。

 記事は、こちら! ⇒ <元三大師の象徴 “角大師” は、いったい何の姿?> <比叡山・横川の元三大師堂では、4種のお札がいただける有り難さ>


 田んぼアートを見る!

 お寺を離れ、近くにある虎御前山に行きました。虎姫の名の由来になった小さな山です。
 おじさんが、出会って最初に薦めてきたのが、山上の展望台から見える “田んぼアート” でした。

  田んぼアート

 地元の虎姫地域づくり協議会が取り組んでおられるもので、今年で3回目。
 どんなものかなぁ? と思いながら、展望台の階段を上ります。
 そして、下を眺めてみると……

 田んぼアート

 伊吹山を背景に、広がる田園風景。
 そこに登場した田んぼアート。

 田んぼアート

 なんと、角大師の図柄でした!

 これには、ほんとに感動 ! !

 玉泉寺のお札と比べてみてください。
 実に、よくできていますね。

 田植えから始まり、徐々に絵柄がはっきりしてくるようです。今は、一番くっきり見える時期なのですね。いい時に来ました。

 元三大師の生誕地をめぐる小トリップ。
 湖北・虎姫で、愉しい時間を過ごしました。




 玉泉寺

 所在 滋賀県長浜市三川町
 拝観 自由
 交通 JR「虎姫」駅下車、徒歩約15分



 【参考文献】
 山田恵諦『元三大師』第一書房、1959年


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント