09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

歩行者天国に変貌した平安神宮前、かなりスッキリした印象に

洛東




岡崎公園


 博覧会跡地が岡崎公園になった

 京都の観光名所のひとつ、平安神宮。
 京都の神社仏閣の中では、約120年前に誕生した新しい神社ですが、誰もが一度は訪れるスポットですね。

 平安神宮
  平安神宮

 平安神宮のある一帯を岡崎公園と呼んでいます。
 京都会館、京都市勧業館(みやこめっせ)、京都府立図書館、京都市美術館、京都市動物園など文化施設も集中しています。
 このような特徴は、歴史的な過程の中で形成されてきました。もともと明治28年(1895)に開催された第四回内国勧業博覧会の会場がここに置かれたからです。博覧会の跡地利用で、このようになったのです。

 京都市美術館
  昭和3年(1928)に出来た京都市美術館


 神宮道が歩行者専用道に

 京都の人は、岡崎公園には必要のあるとき、必要のある施設に行く、というイメージでしょう。
 私なら、いつも行く府立図書館。古本市で毎春訪れる勧業館。たまに展覧会を見に行く京都市美術館と国立近代美術館。稀に入る京都会館。そして、時折り参拝する平安神宮と、ずっと行っていない動物園……

 とにかく図書館にはよく行くので、岡崎公園はまあまあ縁のある場所と言えます。

 その岡崎公園で、先日から道路工事が行われていました。

 岡崎公園
  工事中の神宮道(2015年5月撮影)

 平安神宮の楼門(応天門を復元したもの)前から南の交差点まで。通りで言えば、冷泉通から二条通まで。この間の神宮道が工事されていました。

 それが、2015年8月、このように変貌しました。

 岡崎公園
  工事の終わった神宮道(2015年8月下旬撮影)

 なんと、クルマを締め出して、歩行者専用道になったのです。
 南北の長さ121m、道幅は17m。
 オープニングセレモニーは9月1日ですが、もう歩けます。事業費は、3億7000万円だそうです。

 改修前の様子。
 図書館に行くときなどに、ちょこちょこ撮影していました。

 岡崎公園

 とにかく、路肩に停車しているクルマが多かったですね。
 まあ、市民は余り通る区間ではなかったので、歩行者専用にしてよかったと思います。

 岡崎公園

 南を見ると、大鳥居が望めます。
 西を向くと、公園も整備され、京都会館(ロームシアター京都)が見通せます。

 岡崎公園

 「市民しんぶん」9月1日号によると、この区間の愛称は“岡崎プロムナード”というそうです。

 やはりなるべく、クルマを使わず、歩いて楽しめる街がいいですね。


  京都府立図書館 京都府立図書館




 岡崎プロムナード (神宮道 冷泉通-二条通間)

 所在 京都市左京区岡崎最勝寺町
 通行 自由
 交通 地下鉄「東山」下車、徒歩約10分


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント