03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

大谷本廟に架かる円通橋、その脇でかつて売られていた意外な名物とは?

洛東




大谷本廟円通橋


 西大谷と東大谷

 京都で本願寺といえば、西本願寺と東本願寺。
 宗祖・親鸞上人を祀る墓所も、それぞれ別の場所にあります。

 西本願寺(浄土真宗本願寺派)は、東山五条の地、つまり清水寺から下ってきたところにある大谷本廟。通称「西大谷」です。
 東本願寺(真宗大谷派)は、八坂神社や円山公園の南側にある大谷祖廟。通称「東大谷」です。
 通称を見ると、東西に並んでいるのかと勘違いしますが、実際は、東大路に沿って北の方にあるのが東大谷、南にあるのが西大谷。ややこしいのですが、西本願寺=西大谷(大谷本廟)、東本願寺=東大谷(大谷祖廟)という理解ですね。

 いずれも、門徒さんの広大な墓地が付随していて、お彼岸やお盆には参詣者が絶えません。殊に、地方の門徒さんが団体で参拝されることが多いのも特徴です。


 西大谷の入口に架かる橋

 大谷本廟
  大谷本廟

 西大谷(大谷本廟)です。
 東大路に面しています。このあたりは清水寺への上り口だけに、いつも観光客でにぎわっています。

 参拝のために必ず渡るのが、この橋です。

 大谷本廟円通橋
  円通橋

 円通橋。
 皓月池(こうげつち)という池に架けられた石橋です。
 池は蓮池なので、欄干に寄りかかって下を眺める参拝者が多いところ。見頃は、6月下旬から7月といったところでしょう。

 「新撰京都名勝誌」より「西大谷」
  「新撰京都名勝誌」(1915)より

 百年前の円通橋。
 驚くほど今と変わっていないですね。

 この石橋、見たところ幅1間(約1.8m)ほどの敷石が3枚敷かれているので、3間くらいの幅員に見えます(実際は約6mだそうです)。
 目立つのは、高欄。

 大谷本廟円通橋

 大谷本廟円通橋

 ねぎ坊主のように突き出したところは、逆蓮柱。ハスを逆さにした意匠なので、逆蓮(さかばす、ぎゃくれん)と言われます。

  大谷本廟円通橋

 横方向への反り返りが場合によってさまざまですが、こちらのものは反り返りもほとんどなく、端正な意匠です。
 上部の形は擬宝珠(ぎぼし)なので、逆蓮+擬宝珠という体裁なのでしょう。

  興正寺経蔵 興正寺経蔵

 ちなみに、こちらは興正寺経蔵の逆蓮柱。
 反り返りが少々ありますね。 

 大谷本廟円通橋

 鉾木(ほこぎ。上の丸い棒)を支える握蓮(にぎりばす)。一見、雲形に見えますが、これもまた蓮を意匠化したもの。上の丸棒を握って支えるものですが、石なので板状になっています。

 南禅寺三門 南禅寺三門

 南禅寺の三門にある握蓮。
 木を彫っているので、リアルな造形。ハスだとよく分かります。

 次は、格狭間(こうざま)。眼象(げんじょう)という言い方もあります。

 大谷本廟円通橋

 石をくり抜いていて、向こうの景色が見えます。

 こんなふうに、見所が多い橋ですね。


 幕末に完成、名所図会にも紹介される

 この円通橋、竣工したのは安政3年(1856)のことだそうです。
 当時、親鸞上人の六百回大遠忌にあたり、門前の庭園などが整備されたそうです。そのとき、皓月池が掘られ、円通橋が架けられました。六百回遠忌は、文久元年(1861)のことなので、先立つ5年ほど前に改修を行ったことになります。

 その頃の様子が、「花洛名勝図会」(1864)に紹介されています。

 「花洛名勝図会」より大谷本廟
  「花洛名勝図会」より「大谷」

 唐門(左ページの上)の前に、南北に長い池が造られ、そこに円形の2つのアーチを持つ石橋が架けられました。長さは、40mほど。

 「花洛名勝図会」より大谷本廟

 京都の人には珍しかった石のアーチ橋の誕生でした。
 図を載せた「花洛名勝図会」には、当時の様子が詳しく紹介されています。

 もともと、この本廟は老樹が鬱蒼とし、建物が林立していたがと述べたあと、近年の造成に触れます。

 頃年ますます開造成て、唐門の前面なる谷を填[うず]めて池を作り、中央には奇巧を尽せし石橋を畳みわたせり。しかのミならず、池辺の桜樹ハ芳野山より移し植られ、柳ハ西湖の種なりとそ。三春にわたりて其ながめいはんかたなし。殊に夏日池中の芙蓉ハ翠蓋水を掩[おふ]ひ、清香欄を撲[うつ]て馨[かんば]しく、傍の飛泉[たき]ハ音羽の流れをひく。

 近頃、さらに庭の造成を進めて、谷を埋めて池を造り、奇巧をこらした石橋を架けた。
 池のほとりの桜は大和・吉野山より移植し、柳は中国・西湖の柳の種だという。
 眺めは素晴らしいが、特に夏、池に咲くハスは水面を覆って、芳しい香りがする。滝は、音羽川の流れを引いている。

 この庭がいかに素晴らしいか、言葉を並べて讃嘆しています。
 そして、東山の新名所となったこの庭は、浄土真宗の繁栄を物語るとし、門徒のみならず、都の人々が集って茶店で憩いながら景色を眺めると述べています。


 アーチは「めがね橋」と呼ばれた

 また、次のようにも書かれています。

 此橋、靉靆[めがね]の形に似たれハ、俗に目がね橋とも称せり。石工巧[たくみ]を尽す。
 
 そのアーチの形から、眼鏡橋と呼ばれたのでした。
 もちろん、この呼び名は、日本ではアーチ橋によく付けられる呼称ですね。

 では、いま幕末と同じように眼鏡橋を見ると、どうなるのか?
 絵と似た角度から。

 大谷本廟円通橋

 北から見てみると、樹木が邪魔でほとんど見えません。
 今度は、西側(東大路側)に回ってみます。

 大谷本廟円通橋

 これは絵に近い!
 下部が植え込みで見えませんけれど、眼鏡橋と言える雰囲気です。

 続いて、南側へ。

 大谷本廟円通橋

 かなりアップで見られます。
 池には、たくさんのハスも繁茂していますね。

 大谷本廟円通橋

 「花洛名勝図会」より大谷本廟

 この蓮池、橋の南側には「紅蓮」が、北には「白蓮」が咲いていたことが、図会の書き込みから分かります。
 いまでは一種類だけのようですが。

 また、池の北東には、洗心滝があって、音羽川の水がここから池に注ぎ込んでいたのでしょう。
 
 「花洛名勝図会」より大谷本廟

 いまでは、はっきりとは分かりません。

 大谷本廟円通橋


 茶店の名物は?

 池の北辺は、竹垣で区切られており、逍遥路のように歩けるところがありました。
 茶店もあって、床几(縁台)が置かれています。みんな、ここで茶を飲んで、眼鏡橋の奇景をめでたのでしょう。

 「花洛名勝図会」より大谷本廟

 茶店のアップ。
 店名は、その形からか「三角楼」。
 そして、横には名物の名前が記されています。

  「目がねせんべい」
  「目がね餅」


 なんという名物なのでしょう!

 眼鏡せんべいと眼鏡餅とは……

 いったい、どんな菓子だったのか?
 眼鏡のように、丸いせんべいや餅を2つくっつけたものだったのか。
 あるいは、ドーナツ状に穴が開いた形だったのか。

 想像力の乏しい私には、いまひとつリアルな姿が思い浮かばないのでした。

 現在、そのあたりは小さな商店の裏側になっています。
 ソフトクリームは売っていても、めがね橋の菓子を扱っているはずもありません。

 大谷本廟脇の商店

 橋を見たあと、本廟に参拝しました。
 お盆の翌週でしたが、地方からでしょうか、門徒さんが団体で参拝されています。

 集合写真を撮るとき、セルフタイマーがうまく使えず、私にシャッターを切ってくれるよう頼まれました。
 2カットほど撮影して、カメラを返すと、みなさんから御礼の言葉を掛けられました。

 最後に、引率のお坊さんが、「ひとつ功徳を積まれましたね」とおっしゃったのが、なんともこの場所らしく、微笑みながら本廟を後にしたのでした。


  大谷本廟




 大谷本廟 円通橋

 所在 京都市東山区五条橋東
 拝観 自由
 交通 京阪電車「清水五条」下車、徒歩約15分 



 【参考文献】
 「花洛名勝図会」1864年
 『新撰京都名勝誌』京都市役所、1915年


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント