10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

ご愛読ありがとうございます! - ブログ3周年 -

その他




比叡山


 360本の記事をアップ

 お盆ですね。
 暦の上では “秋” ですが、まだまだ暑い日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。

 私は、お盆期間中も、毎日出勤 !!
 まぁ、電車は空いており、職場は冷房も効いていて、案外快適なものです (笑)

 そして、この ≪ 京都発!ふらっとトラベル研究所 ≫ も、おかげさまで3周年を迎えました!
 これもひとえに、いつもご愛読くださるみなさんのおかげです。改めて御礼申し上げます。

 3年間に書いてきた記事は、360本。
 3日に1度書いているわけですから、3年続けると「1年365日」と同じような数字になるわけですね。

 過去の記事は、画面右上の “ARCHIVE” のタブをクリックするとリストが出てきます。ぜひご覧ください!


 “すべては、つながっている” 

 このブログを書くことで、興味関心の幅が広がり、また大いに勉強させられ、有益な日々が続いています。
 そして副産物なのですが、テレビや新聞・雑誌といったメディアから取材を受ける機会も増えてきました。

 特に、正月と3月に放送された NHK 「ブラタモリ 京都」 は、多くの方にご覧いただき、好評でした。タモリさんと歩いた新京極を、町歩きツアーにしていただき、大勢の方と歩いたことも。

 私自身は、生まれ育った京都を多くの方に伝える機会を頂戴し、大変うれしく思っています。もちろん、自分の力不足はそのたびに痛感! ますます勉強しなければ、と身が引き締まります。

  錦天満宮鳥居 新京極・錦天満宮

 最近よく思うことは、過去の出来事は、現在とも必ずつながっているし、あるジャンルで起こったことは、別のジャンルとも関係している、ということです。

 世の中の出来事は、当たり前ですが、すべてつながっている、ということ。

 100年前に起こったことが、今日の社会に影を落としていたり。
 欧州やアフリカの状況が、日本に影響を及ぼしたり。
 ある企業の仕事が、個人の人生を大きく変化させたり。

 つい、分野とか領域とかに区切って考えがちな私たちに対し、現実はすべてが切れ目ないんだよ、と教えてくれます。

 このように捉えると、学問上の「専門」についても、少し立ち止まって考えるようになります。
 ある出来事を深く知るためには、当然、専門分化して研究することが必要です。けれども、専門のことしか知らなければ、その研究の意義を社会や歴史の中に位置づけることができないでしょう。

 かつて高等教育では、「専門」と同時に「教養」が強調されていました。そのことが、奥深く、滋味のある専門的研究を支えていたのだと思います。
 今日、ともすれば教養の意味が忘れられ、またそれと関連する文系学問の価値が軽んじられる傾向もあります。

 ひとことで言えば、学問の世界も随分せちがらくなってきて、性急に成果を求められ、分かりやすい結果を要求されることも増えてきたのですね。

 そんな中で、私がいつも考えることは、学問と社会との接点はどうあるべきか、ということ。
 むずかしい課題なのですが、いつも世の中と接しながら、世の中に即して物事を考え、発信していきたい、そんな思いです。

 ≪ 京都発!ふらっとトラベル研究所 ≫、4年目に向けてスタートします。
 ますますのご愛読をお願い申し上げます。

 
 百日紅 鴨川畔の百日紅



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント