07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

神楽岡・吉田神社には、かつて楼門と反橋があったらしい - その痕跡を探ってみた -

洛東




吉田神社


 山蔭卿が勧請した吉田神社

 京都の鴨東、神楽岡にある吉田神社。
 京都大学の東にあります。

 吉田神社といえば、節分で有名。
 歴史をたどると、平安時代、藤原山蔭(やまかげ)という公卿が、奈良の春日神を勧請してはじまった神社です。

 吉田神社
  吉田神社 本殿

 春日さんだけに、神鹿の像も。
 かつては境内で鹿を飼っており、その代りだとか。

 吉田神社

 下がり藤紋
 
 そして、藤原山蔭が創始しただけに、神紋も藤原氏のフジにちなむ下がり藤ですね。
 戦後になると、山蔭卿を祀る山蔭神社も境内に創られました(昭和32年)。

 山蔭神社
  山蔭神社
 

 全国の神々を祀った大元宮

 ところで、吉田神社が春日さんを勧請したものというと、おや? と思われる方も多いでしょう。
 
 というのも、全国の八百万の神を祀った大元宮(だいげんぐう)が有名だからです。

 吉田神社
  斎場所大元宮(重要文化財)

 八角形をした独特の本殿は、重要文化財に指定されています。
 現在では、吉田神社の末社という位置づけだそうです。

 もちろん、江戸時代から著名で、名所図会の類にも登場します。
 今回は、幕末に出された「花洛名勝図会」(1864年)の挿図を見てみましょう。

 「花洛名勝図会」より「神楽岡斎場所」
  「花洛名勝図会」より「神楽岡斎場所」

 画面の左端に大元宮があります。
 また、中央右の方には、楼門が見えますね。右端には、何軒かの茶屋も見られます。


 大きく変わった風景

 吉田神社
  現在の大元宮付近

 大元宮を南から見た風景です。
 アスファルト舗装の左右に石灯籠があり、杭列の向こうには砂利を敷いた広場があります。
 その先には鳥居があり、一番奥に中門が見えています。この門内に大元宮が鎮座しています。

 先ほどの絵にあった楼門は、どこにも見当たらないのですが……

 「花洛名勝図会」より「神楽岡斎場所」

 拡大図です。
 赤丸で囲った石灯籠。写真の一対の灯籠と同じなのではないでしょうか。

 ということは、いま砂利が敷かれている鳥居前広場に、重層の立派な楼門が建っていたことになります。
 しかし、今は、まったくその痕跡は残っていないようでした。


 深い谷と反橋

 「花洛名勝図会」より「神楽岡斎場所」

 楼門から中へ入ったところです。

 左から右へと谷があり、石垣が築かれています。そして反橋(太鼓橋)が架かっているのが分かります。
 橋の手前にも、一対の石灯籠があります。また、杉らしき木の前に手水舎が見られます。
 実は、これらは今も残っているのです。

 吉田神社

 鳥居の真ん前にある灯籠。これが描かれているものです。
 名所図会が写実的に石灯籠を画いているのが、よく分かります。
 灯籠の裏側を見ると、正徳元年(1711)という年紀が刻まれています。

 吉田神社

 こちらは、井戸(左)と手水鉢。
 名所図会に描かれているもので、手水鉢には天和元年(1681)とあります。なかなか古いものですね。

 この本殿側に谷と石垣があり、反橋が架かっていたわけです。


 石垣を探る!

 「花洛名勝図会」より「神楽岡斎場所」

 江戸時代、大元宮のあたりには、上の図のように大きな谷がありました。水はなく、空堀風です。
 大元宮の側には、城のような石垣が築かれています。

 吉田神社

 石垣を横から見た写真。右端に手水鉢が写っています。
 南から北へ、石垣が続いています。

 そうなのです。
 現在では、谷は埋められ、反橋は撤去され、鳥居が建てられたのでした。

 言葉を変えると、近代になって、この一帯で大規模な造成工事が行われ、谷が埋められたのです。

 吉田神社

 北側から見たところ。左に石垣が続いています。

 ここで私が、考えたのは……

 “古い石垣と新い石垣の継ぎ目があるはず”

 ということでした。

 造成工事をして谷を埋めたのですから、そのあと新しい石垣を築造したはずです。それは、古い石垣と接続され、そこに継ぎ目が出来るはずなのです。

 吉田神社

 谷があったと思われるあたり。
 おそらく、この桜の木の向こうに、継ぎ目が……

 草を掻き分け、石垣に近付いてみると。

  吉田神社

 ありました! 
 この部分。
 写真中央に、やや斜めにタテの線が見えるでしょう。これが新旧の継ぎ目です。

 吉田神社 古い石垣
 
 吉田神社 新しい石垣

 積み方も違います。新しい方が、ややざっくりとした積み方ですね。

 石垣の上、つまり中門前に建って継ぎ目の位置を確認してみました。

 吉田神社

 およそ、このラインのところに石垣があり、その手前が谷になっていたのです。
 
 いや~、社殿前ではまったく分からなかった痕跡が、石垣だけに残っていたのですね。なんだか奥深いです。

 では、これらの改変は、いつ行われたのか?
 吉田神社では、他の神社と同様に、明治初期、廃仏毀釈の影響を受けています。おそらくその中で、境内のさまざまな要素に手が加えられたらしいのです。

 「京都坊目誌」には、大元宮の項に、「元楼門、反橋あり。明治十年廃せり」と記されています。
 明治10年(1877)、楼門や反橋が撤去され、谷も埋められたのでしょう。
 
 さすがに140年近くも経つと、がらっと変わるものですね。
 次回は、吉田神社で発見した、もうひとつの変化をご紹介します。




 吉田神社 斎場所大元宮(重要文化財)

 所在 京都市左京区吉田神楽岡町
 拝観 自由
 交通 市バス「京大正門前」下車、徒歩約15分



 【参考文献】
 「花洛名勝図会」1864年
 「京都坊目誌」(『新修京都叢書』所収)
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント