FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS朝日「京都ぶらり歴史探訪」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

巨大土塁・御土居と御土居餅、おもちは羽二重餅にきな粉をかけた上品な味わい





御土居餅


 あまり知られていない「御土居」

 NHK「ブラタモリ~京都~」が放送された際、3つの話題(琵琶湖疏水、新京極、御土居)のひとつとして、「御土居」が取り上げられました。
 オンエア後、それを見た他県出身の方から、「御土居って知らなかった」と言われ、少し驚きました。

 確かに、御土居は全国区ではないし、観光地でもないので、知らない方も多かったでしょう。

 京都市内でも、もっぱら北の方で育った私は、青少年時代、御土居のそばをうろうろして過ごしていたような気さえします。それだけ馴染み深く、いつも目にしていたのですが、意外にじっくりとは見ないもの。
 今回、改めて見直してみました。


 京の外周を囲った土塁

 御土居(おどい)。

 豊臣秀吉が京都を治めたとき、町の大改造を行いました。
 特に、町の外周を土塁と堀で囲む大土木工事は「御土居」の名で知られています。

  御土居位置図 御土居の位置(鷹峯旧土居町の案内板)

 南北に約8㎞、東西に約4㎞弱の拡がりを持つ大土塁。
 北端は堀川通の御薗橋の南方辺、南端は京都駅のあたりまで。東西は、およそ鴨川と紙屋川の間と考えておけばよいでしょう。
 この土塁の内側が「洛中」、外が「洛外」となりました。

 御土居断面図
   御土居の断面図(同前案内板より)

 「土居」という語が示すように、大きな土塁を築いて、その外側に深い堀を造りました。このため、「御土居堀(おどいぼり)」という呼称がふさわしいという研究者もおられます(中村武生『御土居堀ものがたり』)。

 巨大構築物だった御土居ですが、江戸時代以降、町の開発に伴って徐々に取り壊されていきました。
 例えば、繁華街・河原町通も、その西側にずっと御土居が構築されていました。いまでは、その面影もありませんが、にぎやかな三条-四条間の西側歩道の西方には、かつて御土居が続いていたのです。


 玄琢下に御土居を見る

 しかし、上図を見ると、黒い印で示された史跡指定地はは、北辺と北西辺が中心です。
 今回は、北西角に近い部分を見てみましょう。

 御土居

 京都市北区大宮土居町。
 もっとも、この場所は、地元では玄琢下(げんたくした)と通称されています。写真の急坂を上ると玄琢(地名)に至ることから、そう呼ばれています。
 坂の上り口の左手(南側)に、フェンスに囲まれた御土居があります。

 御土居

 久々に、まじまじと見たのですが、かなりの土盛りです。

御土居

 ここの御土居は、ほぼ東西に走っているのですが、写真は北側から見たところ。5m位の高まりが認められます。
 
 御土居
   土塁と堀

 左の高まりが土塁、中央のくぼみが堀の跡です。
 写真の左方が市街の内(つまり洛中)で、右方が外(洛外)になります。
 かなり大規模な土塁と堀があったことが理解できます。
 

 さらに西へ

 ここから坂を上ると、南方に御土居が続いていることになります。
 途中、玄琢南公園のあたりから御土居を眺めてみました。

 御土居
   西から東を望む

 公園は坂上にありますので、見下ろすような谷になっています。
 写真では分かりづらいのですが、インターネットで航空写真をご覧いただくと、一目瞭然です。
 北側(写真左手)が堀で、南側が土塁になります(先ほどの玄琢下と逆の関係ですね)。

 御土居
  ほぼ南方を望む

 ここに、ほぼ左右に堀が走っていたのでしょうか。現地で下を覗くと、相当な谷になっています。
 右上は、自動車学校です。自動車学校の東から玄琢下まで、約300mにわたって御土居が保存されているわけです。


 鷹峯の御土居

 このさらに西方、鷹峯(たかがみね)にも御土居は残されています。
 北区鷹峯旧土居町です。

 鷹峯街道
  鷹峯街道

 千本北大路から北に続く鷹峯街道。この上に、本阿弥光悦の“芸術村”で著名な光悦寺などがあります。

 御土居

 フェンス内に、御土居が保存されています。
 この場所は、御土居全体の北西隅の位置です。このすぐ向こうで、土塁は南に曲がります。

 御土居

 北側から見たところ。奥の屈曲部は見えません。
 
 このあたり、私は高校時代にさんざん通ったのですが、御土居があったことなどほどんど記憶にありません。地元の方に尋ねたところ、以前は御土居の前にスーパーが建っていて、ほどんど隠されていたとか。道理で気付かないわけです。
 現在ではその建物もなくなり、見学スペースも出来ています。なかに入れないのは残念ですが……

 春には、御土居上に咲く桜が綺麗だそうです。


 御土居をかたどった和菓子「御土居餅」

 この御土居の真向いにあるのが、和菓子の光悦堂。

 御土居餅
  光悦堂

 御土居餅
  御土居餅

 こちらの名物が、御土居餅です。
 
 1個135円。
 手作り感のあふれる店頭とパッケージ。

 御土居餅

 御土居餅

 羽二重餅の中に、こしあんが入っています。
 餅の上には、きな粉がふられています。

 これが、御土居の形をイメージして作られているのだそうです。
 お店の方によると、もう50年ほど前から作っているとか。

 御土居餅

 甘すぎない上品な味で、少し塩味も利いているようです。きな粉も、京都らしいですね。
 ふつうの大福餅よりは柔らかめだと感じました。

 御土居餅
  由緒書には光悦垣が

 無骨な土木構築物が、典雅な和菓子に。
 こういうところも、史跡めぐりの愉しみですね。


  御土居餅




 御土居

 所在 京都市北区大宮土居町ほか
 見学 自由(フェンス内には入れません)
 交通 市バス「玄琢下」下車、すぐ



 【参考文献】
 中村武生『御土居堀ものがたり』京都新聞出版センター、2005年




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント