08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

割拝殿って、なぜか魅力的! それも階段付き!! - 豊臣秀頼が造営した鞍馬・由岐神社の拝殿 -





由岐神社拝殿


 鞍馬寺にある由岐神社

 洛北の山寺・鞍馬寺(くらまでら)。
 その鎮守として、山内にある神社が由岐(ゆき)神社です。「鞍馬の火祭」を行うことで著名な古社ですね。

 由岐神社
  由岐神社

 鞍馬寺に参詣する際、ケーブルカーに乗らず、長い坂道を上って行くと、おのずと由岐神社に行き当ります。


 珍しい懸造の割拝殿

 この由岐神社の拝殿は、割拝殿(わりはいでん)というスタイルです。

 割拝殿。

 あまり聞かれたことがないかも知れません。
 分かりやすい写真で説明すると……

 藤森神社拝殿
  割拝殿の例 (藤森神社 拝殿)

 建物の真ん中に通路(土間)がある拝殿のことです。

 京都の神社を巡っていると、割拝殿には結構お目にかかります。私の実家の近くの小さな神社も割拝殿で、子供の頃から馴染み深い形でした。
 上の写真の藤森神社や御香宮神社(いずれも伏見区)が著名ですね。

 由岐神社拝殿
  由岐神社 拝殿

 このように、建物のほぼ中央に通路がある割拝殿です。
 ところが、通路といっても平坦ではなく階段になっています。

 そう、由岐神社の拝殿は、清水の舞台のような懸造(かけづくり、舞台造)になっているのです。

 由岐神社拝殿
  懸造になっている拝殿(右側面から見る)

 拝殿で懸造とは珍しいですね。
 そのため、上り切った側から見ると……

 由岐神社拝殿

 ちょっと建物が“浮いている”感じに見えるでしょう!
 ここが何とも素敵ですね。

 組物も、いい感じ。
 写真上の左に飛び出しているあたり、木鼻にクルッと若葉の彫り物があります。のちにふれるように桃山時代の建築で、全体に大仏様の要素がうかがえます。

 由岐神社拝殿

 由岐神社拝殿

 こちらは、通路上にある蟇股(かえるまた)です。

 由岐神社拝殿

 随分ひしゃげた形で、左右にひれ状に伸びています。真ん中の彫刻は牡丹のようです。
 
 
 左右非対称の建物

 由岐神社拝殿

 山の上側から見た全体像です。
 桁行は六間と偶数間です。ふつう寺社の建物は、柱間が奇数になります。出入口を中央に付けるためには、奇数間にする必要があるからです。
 
 この拝殿のように、六間で通路を設けるとなると、その通路は真ん中には作れません。
 写真を見ると、通路の左が二間、右が三間あります。

 なぜ偶数間にしたのか? よく分かりません。
 例えば、吉野水分神社(奈良県)のように、十間と偶数間の拝殿もありますが、それは割拝殿ではないので収まりはよいわけです。
 あえて、割拝殿として左右非対称を目立たせるという、奇をてらった行き方なのでしょうか。

 由岐神社拝殿

 そこに唐破風を付けているので、よりインパクトがあります。薄くて綺麗な唐破風です。

 由岐神社拝殿

 軒も、疎垂木(まばらたるき)で、薄めの印象です。品がよいですね。

 側面から見ると、オーソドックスな姿です。

 由岐神社拝殿
  向かって右側面

 屋根は入母屋造。梁間は二間です。


 豊臣秀頼の寺社造営
 
 この拝殿は、国の重要文化財に指定されています。
 慶長15年(1610)、豊臣秀頼により再建されたものです(擬宝珠銘による)。

 秀頼が、慶長年間(1596-1615)に数多くの寺社や橋梁の造営を行ったことは、よく知られています。
 その数は、90件にものぼると指摘されています(木村展子「豊臣秀頼の寺社造営について」)。
 多くは再建や修築ですが、山城国で行われた主なものは、木村氏によると次の通りです。

 慶長4年(1599)  豊国廟
 慶長5年(1600)  方広寺塔・講堂・廻廊、醍醐寺金堂
 慶長7年(1602)  清凉寺釈迦堂
 慶長8年(1603)  東寺金堂、寂光院本堂
 慶長10年(1605)  相国寺、東寺南大門、石清水八幡宮大塔、
           金戒光明寺阿弥陀堂
 慶長11年(1606)  安楽寿院多宝塔、南禅寺法堂、北野経王堂、
           醍醐寺西大門ほか
 慶長12年(1607)  北野天満宮、与杼神社
 慶長13年(1608)  鞍馬寺
 慶長15年(1610)  由岐神社拝殿
 慶長17年(1612)  方広寺大仏殿
 慶長18年(1613)  金戒光明寺御影堂

 山城の主なもので以上の通りですが、もちろん摂津や河内、和泉、大和などでも多くの造営を行っています。
 上の一覧を見ると、鞍馬寺全山の再建に続いて由岐神社拝殿も造営されており、全体の中でも最後の方に実施されていることが分かります。

 秀頼が造った建物は、大規模で立派なものが多いのですが、由岐神社拝殿はとてもユニークな建築です。桃山建築の面目躍如と言えますね。
 鞍馬詣での折に、ぜひご参拝ください。




 由岐神社 拝殿 (重要文化財)

 所在 京都市左京区鞍馬本町
 拝観 鞍馬寺拝観 大人300円ほか
 交通 叡山電車「鞍馬」下車、徒歩約10分



 【参考文献】
 藤原義一『京阪沿線の古建築』京滋探遊会、1936年
 濱島正士『寺社建築の鑑賞基礎知識』至文堂、1992年
 木村展子「豊臣秀頼の寺社造営について」(「日本建築学会計画系論文集」499、1997年)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント