07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
MENU

NEW ARRIVAL

PROFILE

船越幹央

Author:船越幹央
博物館で学芸員をしています。また、京都市内の大学で非常勤講師を務めています。
生れ育った京都の魅力を歴史・文化財・史跡を中心にお伝えします!
やっぱり、京都は奥深い。知れば知るほど、味わい深い。このブログを読んで、京都を歩いてみてください!

[主な取材等]
テレビ:NHK「ブラタモリ~京都~」、BS-TBS「高島礼子・日本の古都」、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」ほか
新聞・雑誌:小学館「サライ」、朝日新聞、日本経済新聞ほか
見学会:「まいまい京都」ほか

ARCHIVE

【大学の窓】京都で歴史を学ぶ大学生の出身地 2015

大学の窓




祇園祭の「サクラ」


 新学期が始まって1週間。
 どの大学でも、初々しい新入生がキャンパスを歩き始めました。

 私が出講している京都・上京大学(仮称)の日本史専攻でも、新たに73人の学生を受け入れました。
 今年も、昨年一昨年に引き続き、学生の出身地を集計してみました! 

 左が今年、真ん中が昨年(2014年)、右が一昨年(2013年)の人数です。

【北海道・東北】 2名-3名-3名
  北海道 2-2-1
  岩手  0-0-1
  山形  0-1-0
  福島  0-0-1
 【関東・甲信越】 7名-7名-11名
  群馬  1-0-1
  栃木  1-1-0
  茨城  0-0-1
  埼玉  1-0-0
  千葉  0-0-1
  東京  1-1-1
  神奈川 0-1-1
  山梨  0-0-1
  新潟  0-1-1
  長野  1-2-2
  富山  1-0-0
  福井  1-1-0
 【東海】 6名-9名-11名
  静岡  0-5-2
  岐阜  0-1-2
  愛知  5-2-6
  三重  1-1-1
 【関西】 42名-31名-28名
  滋賀  2-3-2
  京都  7-6-6
  大阪  14-13-10
  奈良  6-1-2
  兵庫  11-8-8
  和歌山 2-0-0
 【中国・四国】 9名-8名-8名
  岡山  0-1-2
  広島  4-3-2
  鳥取  1-1-0
  山口  0-1-1
  香川  0-0-1
  愛媛  1-1-1
  高知  3-1-1
 【九州】 3名-7名-10名
  福岡  1-3-6
  大分  1-1-2
  長崎  0-0-1
  熊本  0-2-1
  鹿児島 1-1-0
 【海外】 4名-2名-2名
  中国  4-2-1
  フランス 0-0-1

 総数は、今年が73名、昨年が67名、一昨年が73名。
 ますます“西高東低”の傾向が強まりました。特に、地元関西が、28名→31名→42名と急増しています。
 大阪、兵庫は例年多いのですが、今年は兵庫県の西部(明石、姫路、高砂、淡路島)の学生が増えました。
 奈良や和歌山も伸びていますね。

 一方で、今年は東北の学生がゼロに! また、東海でも静岡県や岐阜県がゼロになりました。九州の減少も気にかかります。
 私が学生だった30年ほど前は、関東の学生も一定数いましたし、福岡県の出身者も多かったと思います。出身県が地元に集中するのは、いろいろな文化と接触する機会が減るという意味で、余り好ましいとは思えません。
 唯一の救いは、高知県の学生が3人もいたこと。南国はいいですね、鹿児島も1人いますし。

 学生の自己紹介を聞いて感じたのは、自分の出身地は田舎だ、と語る人が多いこと。なかば卑下して言っているのかも知れませんが、この国にはまだ「地方」がたくさんあり、そこで暮らす人たちも多いという事実です。あるコンビニチェーン店まで2時間かかる、と言った学生もいました。
 こういった学生は、地元に進学先の選択肢が少なく、やむを得ず(というべきでしょうか)都会の大学に入学することになります。

 私が思い出すのは、さだまさしの「案山子」という曲。

 元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか
 寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る


 都会に出た子供を慮る親の気持ちを歌った曲です。

 お前も都会の雪景色の中で 丁度 あの案山子の様に
 寂しい思いしてはいないか 体をこわしてはいないか 


 私も、大学に出講し始めてから7年目になります。最近はこんなことを考えながら、学生の心情やそれを見守っている親御さんの心持ちに思いを致して、彼らに接しなければいけないと思うようになりました。
 
 さぁ、全国から集まった新入生たち。今年も一緒に学びましょう!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント